マンガ学科

日常風景

  • LINEで送る

2011年4月2日  日常風景

ガイダンス ―履修登録―

と、いうわけで。キョーガクです。

東北地方で起こった大地震の影響はまだまだ混迷を極め、様々な影響が連鎖的に膨らんでいるような気がします。
しかし、志賀先生もおっしゃっているように、負けたら負け。マンガは癒しのツール。
キョーガクも、いつまでも暗い雰囲気のまま、気を落としていられません。
頑張ってブログを書いて、学内の情報を綴って行きますよ!!

ということで、今日は告知していたとおり、入学式後のガイダンスについて。

すでに先週から、京都造形芸術大学内では、新年度作業として、在学生を対象に様々なガイダンスが始まっています。
健康診断に始まり、履修登録→やり直し→やり直し→やり直し、という感じで年度末から年度初めにかけてはもう、毎年恒例のような光景が広がっています。

これから入学式を迎える新入生の皆さんも、上記のようなガンダンスを入学式が終わってから受けてもらうことになります。

「健康診断」っていうのは、小中高でも学校で受けているので分かるかと思いますが、「履修登録」って何!?という人も多いはず。

履修登録」というのは、簡単に説明すると「履修(習い修める)授業を登録する」ということです。
そのまんまやないかいッ!!と思われるかもしれませんが、そのとおり、まんまのことです。

ほとんどの大学に共通することですが、大学っていうところは、決まりきった時間割というものはありません。
高校では新学期に先生から「時間割表」を配られて、ちょっと数学多くね!?とか思ったりした経験があるんじゃないでしょうか。
でも大学では「予め決められた時間割表を配られる」ということは無く、「自分で受けたい授業を選択し、組み立てて、時間割表を作成する」というところに高校と大学での大きな違いがあるのです。(ここまでは理解出来たかな?)

でも、日頃、京都造形芸術大学で繰り広げられている授業って、どんな授業があるのか、皆さんは詳しく知らないはずです。
そんな、京都造形芸術大学の授業一覧みたいな冊子が、ガンダンス開始時に会場入口で配布される「履修要項(通称:シラバス)」です。(画像参照)

新入生も在学生も、学生は全員、このシラバスを見ながら今年一年の授業を組み立てて、時間割表を作成するわけなんですなー。
おぉ!!ちょっとワクワク楽しみじゃない?

が、しかしッ・・・
この履修登録という作業、実際にはなかなか難しいのです。というか、ややこしいのです。
ただ単に、好きな授業を好きな時間にあてこんで行く、ということでは無いのよね・・・。

履修登録のルール、というものがあって、このルールを守った上で登録をしていかないと、後でトンデモナイ目にあうッ!!ということ。
そうなんです。
履修登録をしっかりとしないと、2年生に進級出来なくなったりします。当然、その分卒業も遅くなってしまいます。マジで・・・。

だから、そうならない為に、
4月5日(火)10時~ 春秋座にて
科目履修登録のガイダンス
があるわけなんですね。
「履修登録のルールや方法」「どうすれば卒業出来るのか」などなど、少々難しい説明を分かりやすく説明してもらえます。
だから、絶対に軽い気持ちで聞いていたり、寝たりしちゃダメ。
後で絶対に後悔します。

「後で友達に聞けばいいや」とか絶対に思わないように。
友達だって同じ新入生なんだったら、初めて体験することだし。

大学に来て常々言われること。それは「自己責任」という言葉。
自分のことは、自分でしっかりと責任ある行動をとりましょう、ということ。
履修登録も同じです。

分からないことは、質問すればいい。初めてのことだらけだから、分からないことがあって当然です。
大切なのは、しっかりと最後まで自分でやり遂げること・・・。

どんな場面でもこれは共通して言えることです。

4月4日、いよいよ入学式です。
不安なことや楽しみな気持ちもあると思いますが、締めるところはしっかりと締めて、カッコイイ大学生になりましょう。

  TO BE CONTINUED

※画像は、この前の卒業式の時に頑張って義援金を募る学生達の姿です。

  • LINEで送る

2011年4月1日  日常風景

モノリス?

これは何でしょう?
ストーンヘンジ?
マンガ学科のモノリス?

答えは…。見てのお楽しみ。
新装なったマンガ学科の「ある場所」です。

是非一度見学に来てください。

  • LINEで送る

2011年4月1日  日常風景

2011年度スタートッ!!

キョーガクです。
いよいよ2011年度が始まりました。まさに、「ついに始まった」という感じです。

まだまだ心はスッキリしない心境ですが、新入生の皆さんは是非とも元気に入学式を迎えて欲しいと思います。
京都造形芸術大学の教職員一同、皆さんとお会いできるのを心より待ち望んでいます!!

そんな入学式は4月4日(月)。
入学式早々、遅刻、なんてことのないようにしっかりと下調べや余裕を持って大学生としての行動を心がけましょう。

そしてそして、そんな入学式を終えたら、新入生である皆さんは早速に色々と忙しくなってきます。

どんなことをするのか、という記事は4月2日(土)の夜にUPしますので、しっかりとチェックしておきましょう!!(「入学式のお知らせ」という紙を用意しておこう!!)

というわけで、今日はここまで!!

  TO BE CONTINUED

1 7 8 9

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。