キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2021年1月11日  イベント

イラストレーションゼミ学科展2「 F.M illustration 」開催中!

イラストレーションゼミ vol,002

イラストレーションゼミ学科展2「 F.M illustration 」開催中!

期間:2021年1月9日~1月13日まで

開催場所:京都芸術大学人間館1FラウンジE(カフェBREATH KUA横)
※構内となるため、一般の方は入場できません。申し訳ございません。

 

002

イラストレーションゼミで作品を制作しました。

展示のタイトルはMaskとFusion、周波数を変化させることで伝送するFM変調。2回生3回生が融合して同じテーマで作り、個々でどのように変化してどんな作品が生まれるのか。そこからの変身を楽しむ事をかけて「F.M illustration」としました。

厳しいコロナ禍において、マスクが必需品になった今、着用についてネガティブな感情を抱く方もいらっしゃるかもしれません。イラストゼミではそんなマスクの印象をよくするため、マスクに自由な発想を加えてイラストを製作しました。様々なマスクのカタチを楽しんで貰えたら嬉しいです。

 

イラストゼミの単独開催となった学科展2「 F.M illustration 」が9日より開催となりました。デジタルでの作品の制作、SNS等のインターネットでの作品配信に慣れた学生達にとって、今回の紙に出力して、カットして展示するという工程は、新鮮でとても大変な作業だったようです。

失敗したり工夫したりと、メンバー全員で乗り越え展示にまでたどり着きました。展示を終え、新たに出てきた課題も含めて、学生には良い経験になったのではないでしょうか。

001

今回は大学構内での展示となるため、申し訳ないのですが、一般の方の入場はできません。その代わりに、イラストレーションゼミのツイッターアカウント作成し、学生が展示の様子や作品の紹介などをおこなっております。是非とそちらをフォローのうえ観て頂ければ幸いです。

twitterアカウント@F.M illustration

S__11796482

https://twitter.com/illustzemi_kua

 

また、GoogleFormsにて感想BOXを作成しております。ご意見ご感想を送っていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

感想BOX

感想BOX

https://forms.gle/f2iSET7NEDKVFYZN9

 

003

004

  • LINEで送る

2020年12月25日  イベント

「はじめての、1day!!芸大体験」が行われました!

 

1212()・13()、「はじめての、1day!!芸大体験」が行われました。

 

キャラクターデザイン学科では高校1、2年生を対象に「イラスト」「ストーリー」の模擬授業を行いました。

 

教室では教職員はフェイスシールドを着用し加湿器を活用するなどして

感染防止対策を行いつつ、高校生の皆さんをお迎え致しました。

 

それでは、「イラスト」「ストーリー」それぞれの授業を振り返っていきましょう!

 

 

まずはイラストレーション領域担当の藤本先生による

「キャラクターイラスト・キャラクターを解剖してみよう!」では…

 

イラスト制作を通して、図形から与えられるイメージについて考える授業が行われました。

 

IMG_6871

 

私たちが普段アニメやゲームなどで目にするキャラクターは、キャラクターの特性を身体的特徴として表していることが多く見受けられます。

三角の要素を多く持つキャラクターはスピード系であったり、逆三角形であると不安定な、トリッキーな技を出してくるキャラクターであったりします。

 

kyara02

 

とあるキャラクターを例にあげて、そこからどんな印象を受けるか、

机に広げた模造紙にどんどん書き込みをしていき、班ごとにディスカッションを行いました。

 

これらを踏まえて「やわらかい」イメージのキャラクターと「かたい」イメージのキャラクターを制作する人で

分かれて個人制作をしていきます。

 

IMG_6905

 

時間も限られているため、集中して取り組んでいます。

 

kyara04

kyara05

 

そうして出来上がったキャラクターを班のみんなにそれぞれ発表しました。

自分の描いたキャラクターを発表する機会は普段の高校生活ではなかなか無い機会ですので、

最初は緊張した面持ちでしたが、聴く側が良い反応をしてくれると自然と緊張も解けていきますね。

 

藤本先生のレクチャーを受けて、いつもより特徴付けたキャラクター作りができたのではないかと思います。

それぞれ今日学んだことを持ち帰って、今後の制作に生かしていってもらえるといいなと思います。

 

 

 

続きましてもうひとつの授業。

ゲーム領域担当の村上先生による「キャラクターストーリー・キャラクターと世界観」。

 

teacher00

 

授業内容として絵を描くことはしませんでしたが、その代わり「ある物」を使って制作を行いました。それはなんと…

 

harigane00

harigane01

harigane02

 

ハリガネです。

今回は3本のハリガネを人の形に組んで「ハリガネマン」を作り、

一体一体にポーズを取らせ、グループごとにストーリーを構成しました。

 

まずはグループでの制作。一人ずつ順番に自作のハリガネマンを配置していきます。

この時のポイントは、なぜそういったポーズを取っているのか、仲間に一切教えないこと。

次の人は、先に配置されたハリガネマン(を置いた人)の意図を読み取らなければいけません。

 

group00

 

目の前にいる相手が何を伝えようとしているのか思考を巡らせつつ、リアクションしていきます。

 

group01

↑なかなか個性的なポーズ。時間の流れや躍動感が伝わってきます。

 

こうしてひとつの物語が完成しました。

そして各々が頭の中に描いていたストーリーを伝えあい、答え合わせも行いました。

果たして各々の思惑は伝わっていたのでしょうか?

 

discussion00

 

最後はグループで話し合い、新しくストーリーを作成し、全グループの作品を鑑賞します。

どのグループがどんなストーリーを作ったのか、みんなで推理していきました。

 

_MG_0388

↑写真では見えづらいですが、机の上でハリガネマン達がお芝居をしています。

 

他のグループからの意見に「おお~」「なるほど…」と感嘆の声が上がることもしばしば。

自分たちの考えていたシナリオと異なる解釈を聞くこともまた、視野が広がるきっかけになりそうです。

 

今回はハリガネという普段何気なく見過ごしているものに注目し、

他者から様々な意見を取り入れることで新たな価値に気付きました。

 

ハリガネマンの制作と、人との対話を経て、観察力に磨きがかかった人も多いのではないでしょうか。

この授業を通して、皆さんの「ものづくり」がより豊かなものになればいいなと思います。

 

————

 

以上、はじめての芸大体験レポートでした。

 

ご参加いただきました高校生の皆さま、保護者の皆さま、本当にありがとうございました!

 

来年もキャラクターデザイン学科は様々なイベントを行っていきますので、楽しみにしていてくださいね。

それでは皆さま、よいお年を!

 

 

  • LINEで送る

2020年12月23日  イベント

MVプロジェクト作品発表に池田綾子さんご来校!!

 

スペシャルなプロジェクト作品発表のご報告です。

コロナに翻弄された本年、オンラインで授業は始まり様々なことが先行きの見えない不安な中でスタートしました。

目に見えない、漠然としたこれから。

そんななかでも明日に繋がる希望を創り出していくこと、

クリエイターとはそんな未来を創り出す存在ではないでしょうか。

 

1119(2)

キャラクターデザイン学科ではMVプロジェクトとして、

シンガーソングライター池田綾子さん作詞作曲による『明日への手紙』の楽曲使用の全了解をいただき、

MVプロジェクトが進行していました!!

何ヶ月も様々なコンセプトからプランを話し合い、作っては見直す日々。

そしてついに完成したMVをシンガーソングライターのご本人に見てもらう日が来たのです!緊張の教室

 

まずは池田綾子さんの自己紹介から。

屋久島で活動されていることもあってか、自然に満ちたエネルギーと柔らかい日差しのような雰囲気、

教室を包み込む美しい声にだんだん緊張もほぐれ、暖かい空気になっていきます。

 

1119(1)

そしていよいよ学生からのプレゼンテーション、3作品の発表に池田綾子さんは熱心に聞き入っていただきました。

 

今回は3回生を中心に、アニメ、実写、CGというそれぞれのアプローチで

「明日への手紙」という作品の世界観を表現しました。

 

1119(3)

学生の想い、池田綾子さんの想い、全てが折り重なって完成した作品プレゼンに

とても感動していただけたようでした!

 

学生達の努力が報われる瞬間、本当に貴重な経験をさせていただきました!

 

プレゼンが終わると池田綾子さんからサプライズとしてお土産をいただいてしまいました!!

ありがとうございます!!

 

喜んでいただける仕上がりになって喜びもひとしおな学生に、

池田綾子さんから突然、もう一つのサプライズプレゼントが……

 

なんと、マイクを持った池田綾子さんが楽曲『明日への手紙』をその場でアカペラで歌っていただいたのです!!

 

1119(14)

天上的な歌声に心震える時間

伸びやかで本当に素晴らしく、思わず涙ぐむ学生も。

 

そして学生からも池田綾子さんへのプレゼントが。

今回の作品をテーマにオリジナルのカードを作成しました!

このカードの全容は近々公開予定なのでこうご期待!

 

1119(12)

記念撮影もしていただき、楽しく暖かい時間になりました。

 

 

この企画を通して、見てもらう誰かに感動というバトンを繋ぐクリエイターになること、

学生達はしっかり学ばせていただきました。

 

これからも学生の苦悩や数えきれない努力の日々は続いていきますが、今回の貴重な経験をエネルギーにして、

学生一同、これからも明日へ向かって進んでいきます!

 

池田綾子さま、誠にこの度はありがとうございます!

 

1119(19)

 

 

  • LINEで送る

2020年12月11日  イベント

今週末!「はじめての、1day!!芸大体験」

無題

こんにちは。キャラクターデザイン学科副手のディアスとヒキダです。

 

いよいよ今週末12月12日(土)・13日(日)に迫って参りました
高校1・2年生対象はじめての、1day!!芸大体験

 

キャラクターデザイン学科は両日共に豪華2本立て!
本記事では
「キャラクターイラスト・キャラクターを解剖してみよう!」
「キャラクターストーリー・キャラクターと世界観」の魅力を解説します!

 

~~~~~~~~~~

 

classwork01-img03

 

その①「キャラクターイラスト・キャラクターを解剖してみよう!」

 

「アンパンマン」を思い浮かべてみてください。

丸い顔にニッコリとした表情を浮かべてなんとも優しそうですが、

身に着けているベルトやマントからは、力強く、そして空を飛べそうなイメージも受けますよね。

 

この授業では、キャラクターを構成する複数の図形が、それぞれどのような

イメージや効果をもたらすのかを、グループディスカッションしながら解剖・分析していきます。

 

そしてそれぞれの図形には、みなさんの持つ共通のイメージだけでなく、

自分にはないレアなイメージを持っている人もいるはず!

 

ビジュアルでキャラクターの内面まで表現する力をつけ、さらに

グループディスカッションを通じて新たな視点を身につけることができるのが、

このコースの大きな魅力となっています。

 

これであなたも、解剖マスター!★

 

 

classwork01-img02

 

その②「キャラクターストーリー・キャラクターと世界観」

 

この授業では、モノづくりの基本である「観察」をしながらひとつのキャラクターを考えます。

そこから周りの人との対話を通して、そのキャラクターを使った物語を作ってみましょう。

 

題材は意外と身近にあるもの。
今回のキャラクターは、なんと皆さんの身近にもある○○○○を使用して作ります!
(何が出てくるのかは当日までのお楽しみ!)
観察した○○○○から、枠にはまらない自分だけのストーリーを考えてみてくださいね。

 

この授業を受けた後は
「身近なものに目を向け、考察する力」がきっと身についているはず!

 

~~~~~~~~~~

 

いかがでしたか?
12月12日(土)・13日(日)、キャラクターデザイン学科の授業をぜひ楽しみにしていてください!

 

※当日は筆記用具をご持参ください。
※2日間両方での申し込みはできませんのでご注意ください。

 

昨年度の様子はこちら

 

事前予約制となっており、「キャラクターストーリー・キャラクターと世界観」はまだ空席がありますので、

興味のある方はどしどしご応募ください!

 

詳細はこちら

 

 

  • LINEで送る

2020年12月4日  イベント

第16回『ミロのヴィーナス デッサン大会』ミロのヴィーナス大賞!

 

こんにちはキャラクターデザイン学科です。

 

わが京都芸術大学にはミロのヴィーナス像があります。

なんとこの像は、日本にあるレプリカ像の中では最も古いものの一つに数えられ、1924年に建築家の故・中村順平氏が留学先のパリから持ち帰った4体のうちの1体という、スゴいものなんです!

 

そんな像をデッサンする「第16回ミロのヴィーナスデッサン大会」が今年もおこなわれ、キャラクターデザイン学科2年生のキム・ミンジさんがミロのヴィーナス大賞に選ばれました!

 

おめでとうございます!!

 

 ミロのヴィーナス 

さて、どんな絵だったのでしょうか。

 

ミロのヴィーナス2

おーっ大胆な構図ですね!

 

背中のフォルムをうまくとらえて、うなじもしっかり細かく書き込まれ、陰影を上手くつけていて、まるで浮かび上がるように描かれています。ミロのヴィーナスの新しい魅力を伝える絵ですね!

 

いいキャラクターイラストを描く為にもデッサンの大切な基礎がしっかりあるのですね。

 

キム・ミンジさん、この度はおめでとうございます!!

IMG_2085

1 2 3 29

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。