キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2018年12月15日  イベント

『Arts and Apes』展

こんにちは!キャラクターデザイン学科副手のモリイワです。

 

12/11()-12/21()の期間中、京都造形芸術大学内のカフェ横スペースにて行われている『Arts and Apes』展にキャラデの学生が関わりました。

 

この展示は、文明哲学研究所・マンガ学科・情報デザイン学科・キャラクターデザイン学科が連携してできあがった大型類人猿の絵画作品展です。

_MG_0001_a

1213a_MG_0006

出品作家がチンパンジー・ゴリラ・オランウータン・ボノボ、といった類人猿ばかりの珍しい展示となっています。

 

1213a_MG_0003

_MG_0034_a

_MG_0007_a

それぞれの作品の印象的な一部分を切り取った大きなタペストリー。光を透かしながら風に揺られる様子がとてもきれいです。

 

_MG_0013_a

プロジェクションマッピングを利用し、小さな子どもたちまで展示を楽しんでもらえるような工夫がされている場所もあります。

 

_MG_0016_a

こちらのプロジェクションマッピング制作に本学科3回生CGゼミ所属の田中 優河くん(和歌山県立粉河高等学校出身)、的場 悠矢くん(石川県立大聖寺高等学校出身)が関わりました。

 

_MG_0019_a

投影されている映像内にはこんな仕掛けも。

本学の学長である尾池和夫先生のデフォルメキャラクターが走ってきて……

 

_MG_0020_a

手を振りました!

見ていて思わずにっこりしてしまいます。

 

こちらのアニメーション制作には本学科3回生アニメーションゼミ所属の池田 桃子さん(福岡大学附属若葉高等学校出身)、上畑 真悠さん(西舞鶴高等学校出身)、川口 華さん(大阪府立河南高等学校出身)、傘 美里亜さん(京都芸術高等学校出身)、進藤 早月さん(秋田県立秋田高等学校出身)、薗田 みなみさん(静岡県立浜松湖南高等学校出身)、中嶋 亜夏留さん(京都府立西城陽高等学校出身)、廣瀬 瑠璃子さん(神戸松蔭高等学校出身)が関わっています。

 

また、デフォルメキャラクターの原案は本学科3回生グラフィックデザインゼミ所属の井戸 響子さん(神戸山手女子高等学校出身)が担当し、キャラクターのデザインはアニメーション制作のほうにも関わっている上畑さんが行いました。

 

他にも可愛らしい動きを数パターン見せてくれるので、ぜひ実際に展示会場でご覧になってみてください!

 

 

—————————————————————————————————————-

 

Arts and Apes

芸術とは何か。人間とは何か。-ヒト以外のヒト科の作品展(詳細はこちら

 

会期:1211日(火)~21日(金) 10:00-18:00(最終日15:00まで)

場所:京都造形芸術大学 人間館エントランスラウンジ

出品作家:アイ、サラ、パン、ポポ、パル、クロエ、ロイ、ジャンバ、ツバキ、ミズキ、

ミサキ、イロハ(以上チンパンジー)、カンジ、パンバニーシャ(以上ボノボ)、

ココ(ゴリラ)、モリー(オランウータン)

 

主催:京都造形芸術大学文明哲学研究所、京都造形芸術大学

共催:キャラクターデザイン学科(展示企画・演出)

マンガ学科(ポスターデザイン・展示装飾)

情報デザイン学科(展示協力)

公益財団法人日本モンキーセンター

京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院

 

—————————————————————————————————————-

  • LINEで送る

2018年10月31日  イベント

内定者パーティーが行われました!

こんにちは。キャラクターデザイン学科の副手、山崎です。

 

1026日、大学内の展示ホール「ギャルリ・オーブ」にて4年生が就職活動を振り返りながら3年生にアドバイスを行う「内定者パーティー」が行われました。

 

3年生は「あれも聞きたい!」「これも聞いてみたい!」とメモ帳とペンを持ち、自分の興味のある領域の先輩のもとへ。

 

写真1

 写真2

 

 

「ポートフォリオづくりに、こだわったところを教えてください!」

「先輩がその会社を選んだ理由を教えてください!

 

と積極的に先輩に話しかける3年生。

内定者パーティーという場で今の自分の考え方や疑問を整理しながら、先輩と会話することが、今の3年生にとって、すでに社会に出ていく意識に繋がっているのだと感じました。

 

自分の就職活動が人の活動の支えになるのかと、つい熱が入る4年生。

3年生の積極的な質問に対して身振り手振りで熱心に答えていました。

 

 写真3

 

パーティーで用意されたご飯を食べながら、楽しそうに就活の話をする学生もいました。

ゆるやかに、就職について語り合うことで、就職に対しての不安や悩みが「チャレンジしていこう」というポジティブな思いに変わっている様子が学生の表情から伝わってきました。

 

 写真4

 写真5

 

 

 

先輩の作品をみて、後輩がその技術に憧れ学んでいく、「作品を通しての先輩後輩の関係」がありながらも、先輩の活動を参考に後輩が自身の道を切り開く「活動を通しての先輩後輩の関係」も生まれているのだと3年生も4年生も互いに気づくことのできる時間でした。

  • LINEで送る

2018年8月29日  イベント

台湾的珍道中其弐

 

こんにちは。キャラクターデザイン学科の村上です。

前回に引き続き、台湾漫画博覧会の報告です。

 

今度は学生の取り組みについてピックアップしてみたいと思います。

まずは「似顔絵」。そっくりにスケッチするだけでは面白くもなんともないので、

せっかく日本人が描くなら、デフォルメをして「キャラクター化する」という形の方が台湾人にとっても

価値を感じてもらえるのではないかということで、

みんなそれぞれに作風を変えたり形を崩すなどのチャレンジをして、

お客様に満足していただける工夫をしていました。

 

taiwan1

ブースで呼び込みをする大瀬妃羅さん(三重県立昴学園高等学校)。

 inamorisan

似顔絵に集中する稲森雅さん(大阪府立和泉高等学校出身)。真剣です。

 taiwan3

似顔絵の合間に、デジタルでのライブペイントを実演する細川柚依さん(京都府立北嵯峨高等学校出身)

佇まいがサマになっています。

 

そして、ステージを使ってのイベント。

ここでは、イラストレーターの祭典「LIMITS」のオマージュイベントとして、くじを引いてお題を決め、

制限時間内に即興でイラストを作成するという形式で行いました。

今回はキャラクターデザイン学科とマンガ学科とのバトルとして展開させました。

大勢の観客の前でイラストを描くことは初めて。ステージに上がって司会進行をするのも初めて。

もちろん外国人に自分たちの作品をジャッジしてもらうのも初めて。

そんな初めて尽くしの状況下で緊張しながらも彼らは試行錯誤をし、

少しでもステージを盛り上げようと一生懸命でした。

 taiwan4

ステージのリハーサル風景。

 taiwan5

音楽を入れるタイミングなど事細かに現場のエンジニアに指示を出すリーダーの深瀧颯君(北海道札幌あすかぜ高等学校出身)。

 

 

 taiwan6

リハーサル中の中井涼さん(石川県立金沢辰巳丘高等学校出身)と細川さん。緊張状態の中でも笑顔が保てるのは大したものです。

 taiwan7

司会進行の谷藤若菜(大阪府立香里丘高等学校出身)さん礒川和正君(大阪府立摂津高等学校出身)、そして通訳担当の円山君。

 taiwan8

黄色い声援を受けてやる気になる礒川君。

 taiwan9

少しその気になる礒川君。

 taiwan10

燃え尽きた礒川君。

 

ステージイベントは2回実施されました。1回目では「緊張しすぎてワケが分からなかった」と言う司会の谷藤さん。

しかし反省と改善、緊張の克服をして挑んだ2回目では「楽しくて時間を忘れた。もっとしゃべりたかった」と語っていました。

こういう学生の成長をダイレクトに目の当たりにすると、遠くまでやってきた価値を感じることができます。

ペイントバトルの末に、キャラクターデザイン学科の作品とマンガ学科の作品のどちらが良いかを

観客たちの拍手の大きさでジャッジをするのですが、勝敗の判定は所詮オマケであり、

その拍手から学生たちが何を感じ取るかが重要。

きっと日本では味わえない特別なことをたくさん習得できたことでしょう。

 

終わり。

  • LINEで送る

2018年8月27日  イベント

台湾的珍道中其壱

 

 

こんにちは。キャラクターデザイン学科の村上です。

 

816日から台湾で開催されていた台湾漫画博覧会に、本学キャラクターデザイン学科とマンガ学科、

そして台湾実践大学の共同でのブース出展をしてきました。

移動や設営を含め814日から21日までの8日間という長旅でした。

 

 台湾2018

出国前の一同。

 

台湾漫画博覧会とは、毎年夏に台北市で開催される、マンガ・アニメ・ゲーム等サブカルチャーの祭典で、

60万人を集客する世界最大規模のイベントとなっています。

このイベントに出展するのもかれこれ3回目。

学生の作品を教室の中だけでフィードバックするのではなく、

文化の異なる国へ行って実際に展示、販売までを行うことで視野を広げ、

更に新しい表現に挑戦しようという意欲向上につなげることを目的としています。

今回参加したのは、キャラクターデザイン学科からは

プロデュースゼミ3年生の深瀧颯君(北海道札幌あすかぜ高等学校出身)、円山正大君。

ゲームゼミ2年生の中井涼さん(石川県立金沢辰巳丘高等学校出身)

グラフィックゼミ2年生の細川柚依さん(京都府立北嵯峨高等学校出身)。

アニメーションゼミ2年生の礒川和正君(大阪府立摂津高等学校出身)、稲森雅さん(大阪府立和泉高等学校出身)、

大瀬妃羅さん(三重県立昴学園高等学校)、谷藤若菜(大阪府立香里丘高等学校出身)さん。

 

催しとしては、学生作品の物販の他、すっかり恒例行事となった似顔絵、ステージを使用してのライブペイントとなります。

ジャパニーズ・ニガオエはフランスのJapan Expoでも大盛況でしたが、もちろん台湾でも同じです。

単にそっくりに描くだけではなくデフォルメするという付加価値に喜びを感じていただけたようです。

また、協定校である台湾実践大学のブースも設け、実践大学の作品紹介を行いつつ我々の通訳としても活躍してくれました。

 台湾2018_2

キャラクターデザイン学科、マンガ学科、実践大学での合同の記念写真。結構な大所帯です。

 

さて、アニメーション映画「ミライの未来」が台湾でも公開されるということで、細田守監督も来場されていました。

憧れの監督から映画の制作秘話を聞くことができてみんな興奮していました。

 台湾2018_3

各種メディアの取材対応で超過密スケジュールの中特別にお時間をいただき、アニメ制作を志す本学の学生たちと一緒に記念撮影をしてくださいました。

細田監督ありがとうございました!

 

台湾的珍道中其弐へつづく!

  • LINEで送る

2018年8月7日  イベント

「福田直樹写真展 嘱目」にて村田諒太選手の似顔絵を担当しました!

ロンドン五輪ボクシングミドル級金メダリストであり、WBA世界ミドル級王者・村田諒太選手という世界最高峰のボクサーを被写体とし、『パンチを予見する男』と呼ばれ、世界一のボクシング・カメラマンとの呼び名が高い写真家・福田直樹さんの美麗な写真によって、村田諒太選手という稀代のボクサーが持つ魅力、そしてボクシングの持つ芸術性を余すところなくご紹介する展示「福田直樹写真展 嘱目」が京都造形芸術大学、瓜生山キャンパス人間館エントランスラウンジにて728日から812日まで開催しております。

 

また728日には「福田直樹写真展 嘱目」のオープニング記念イベントとして、京都造形芸術大学に村田諒太選手が来られトークイベントも行われました。

そこで、「村田諒太選手が大学に来られるなら、似顔絵を描いて、おもてなしをしよう!

と、キャラクターデザイン学科の学生が、日ごろから学んでいるイラストを描く技術と知識を生かしながら村田選手の似顔絵を描きました。

 

ゲームやアニメーション、キャラクターイラスト、CGなどを中心に学ぶ学生とって、リングというカンバスで戦う村田選手やボクシングをどのように感じ、またそこから得たパワーを、次に自身の中でどう生かしていこうと思ったのかを、似顔絵を担当した学生のコメントを通してご紹介致します。

 

 IMG_8978(ブログ使用)

〔キャラクターデザイン学科3回生 宇野亮〕

記事や新聞の画像などを見て描かせて頂いたのですが、試合中の鬼気迫る顔つきとオフショットの爽やかな表情のギャップに驚きました。その二面性をどう一枚の絵に収めようか少し悩みましたが、楽しく描くことができました。

実際にご本人に絵をお渡しすると、ご本人から「ゴツいなあ!」と筋肉を強調させて描いた僕の絵にコメントして下さり、とても嬉しかったです。

写真展を見て、福田さんの写真は僕にとってかなり勉強になる所が多くて参考にさせて頂こうと思いました。ハイスピードで行われるスポーツでコンマ単位でのシャッターチャンスを逃さず撮った写真には、スピード感や臨場感、選手の感情が伝わってくるかのような迫力がありました。僕も絵描きとしてこの絵作りを参考にしたいです。

 

 

〔キャラクターデザイン学科3回生 野岸大祐 (福井県立大野高等学校出身のコメント)

似顔絵なので似せることも大事だと思ったのですが、完璧なものではなく特徴を捉えつつ自分の得意なテイストで描くことが大切だと感じました。僕の場合、少年漫画のようなテイストが得意なので試合の写真を見ながら、闘う村田選手を描かせて頂きました。

実際にお会いすると、試合のイメージとは違い、にこやかでとても優しそうな方で、試合中に見せる表情とはまた違った一面を見ることができました。また似顔絵をお渡ししたときに、喜んでくださり、とても嬉しかったです。

世界で闘い続ける村田選手の写真展を見て、純粋にかっこいいと感じました。ボクシングという競技で常に上を目指すという気持ちがその目に込められていたのではないかと思います。

僕はイラストという分野で全く違いますが、村田選手の姿勢を見習い、自分に妥協することなく常に上を目指したいと思いました。

 

 

〔キャラクターデザイン学科3回生 井村真子(公立北海道北見北斗高等学校出身のコメント)

似顔絵を描いてお渡しする、ということ自体初めての体験だったので、ペンを持って画面と向き合っている時から緊張で気持ちが一杯でした。かっこいい村田選手を敢えてかわいらしくなるように描くことが難しくも、楽しんで取り組むことができました。オーラに圧倒されていましたが、素敵な笑顔がとても印象的でした!似顔絵をお渡しすると、似顔絵を見て「これかわいいですね」と言って喜んで頂き、何よりも嬉しく思いました。

今回実際にお会いして、また写真展で村田選手がボクシングで、自分自身でパフォーマンスをされる様子を見て、沢山の力を頂きました。

私は自身でパフォーマンスをするということを苦手とする分、制作等を通して周りにプラスの影響を与えられるように、今回の機会を生かしたいと思いました。

 

 

「福田直樹写真展 嘱目」の似顔絵に参加した学生

キャラクターデザイン学科2回生 村上日向(私立大阪女学院高等学校出身)

キャラクターデザイン学科2回生 小松桃子(高知県立中芸高等学校出身)

キャラクターデザイン学科2回生 米田凪沙(大阪府立山田高等学校出身)

 

 

 

「福田直樹写真展 嘱目」イベント詳細はこちら

https://www.kyoto-art.ac.jp/events/1872

1 2 3 23

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。