キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年2月25日  イベント

タツノコジェニックアート展

こんにちは!キャラクターデザイン学科副手のモリイワです。

2019年222日(金)~33日(日)の期間中、「タツノコジェニックアート展」が京都造形芸術大学内にて開催されています。その展示会場で投影される映像の制作や会場設営にキャラクターデザイン学科の学生が携わりました!

 IMG_6164_a

★タツノコジェニックアート展とは?

タツノコプロの人気キャラクター×クリエイター×四国の要素が詰まった全149点のアート作品が京都造形芸術大学に大集合する期間限定の展示会です。様々な作品を鑑賞できるのはもちろんのこと、作品を通して四国の魅力を感じ、映像でタツノコ作品の歴史を知り、なんとオークションにも参加できてしまう!という見どころ満載の会場になっています。

 

S__120463362_a

image2_a

IMG_1458_a

集まってくれたプロデュースゼミのメンバーを中心に設営を進めてゆきます。

様々な場面で展示空間づくりの経験を積んでいるこのゼミのメンバーがテキパキと作業を行っている様子にはさすが!の一言です。

image4_a

また、その中にはゼミに所属していない1年生の姿も。こういった場に積極的に参加するほど、いざ自分たちの作品展示を行う際に先頭で動くことのできる頼もしい存在に成長してゆくのだと感じます。

 

 

2日間の作業を経て……

にぎやかな会場が出来上がりました!ずらりと並んだアート作品に圧倒されます。

IMG_6163_a

IMG_6147_a IMG_6145_a

IMG_6160_a

各県とキャラクターがどんなコラボをしているのかじっくり探してみるのも面白いですよ~!

 

50776_a

50775_a

また、会場中央あたりの床には四国の地図があり、鳴門海峡のうずしおをイメージしたプロジェクションマッピングが投影されています!渦の中でくるくると回っているのはタツノコ作品のマークです。

 

50779_a2

この映像制作を行ったのが2年生の礒川 和正くん(大阪府立摂津高等学校 出身)です!

礒川くんコメント:僕が知っている作品にもロゴがあったことを初めて知りました。

タツノコプロさんのアニメはまさに親世代なので、昔の作品に触れるいい機会になりました。

 

IMG_8566_デイリーさんより_a

 

現場での初投影の際はその場にオオ~!!という歓声が上がり、礒川くんも嬉しそうでした!

 

デザインやアートを学ぶ芸大で100名近いアーティストの作品を身近に感じられる今回の展示は、

展示づくりに直接関わった学生だけでなく、そうでない学生にも自分の近い将来像を描く学びの場になると思います。

 

 

そしてなんと……

「科学忍者隊ガッチャマン」「宇宙の騎士テッカマン」「マッハGoGoGo」などの名作で主演声優を務められている森 功至さんより、展示開催のお祝いのサインをいただきました!

DSC_4436_a

DSC_4435_a

こちらも会場に展示してありますので要チェックです!

 

IMG_6146_a

この貴重な機会、ぜひワクワクな空間にお越しください!

 

 

—————————

『タツノコジェニックアート展』

会  期:222日(金)~201933日(日)〔10日間〕

会  場:人間館エントランス・ラウンジ

開場時間:10001700

写真撮影:可(SNS投稿等も可能)

主  催:四国まるごと美術館事務局/京都造形芸術大学

協  力:株式会社タツノコプロ/株式会社ゼルス

協  賛:株式会社マイナビ(マイナビトラベル)/株式会社ヒューマンアイズ

     株式会社ピクセラ/四国汽船株式会社

 

公式サイトはこちら

—————————–

  • LINEで送る

2019年2月21日  イベント

「Ctrl+S」展が開催されます!

こんにちは。キャラクターデザイン学科アニメーションゼミ3回生の廣瀬瑠璃子(出身高校:私立松蔭高等学校)です!

 

 

2月21日(木)~36日(水)までギャルリオーブにてアニメーションゼミ・CGゼミの合同展「CtrlS」展が開催されます!

Ctrl1

展示会場の様子

 

昨年91516日に開催した学科展からさらに“上書き保存”された作品達を多くの方に見てもらうため

今回の開催を決意し、作品をつくりあげてきました。

PCキーボードの「上書き保存」のショートカットが「Ctrl+S」ということから今回の展示タイトルを決定しました!)

 

 

アニメーションゼミとCGゼミの合同展ということで同じ空間のなかどのように作品を展示していくのか。

また展示を楽しんで見てもらうにはどうすればいいのか学生全員で考え今回の「Ctrl+S展」の形を作成しました。

ctrl2 ctrl3 ctrl4

搬入の様子

 

 

アニメーションゼミは3回生の短編アニメーション4作品と2回生のAC広告学生賞CM16作品を上映します。

CGゼミはフルCGのアニメーション上映をはじめ、CGならではのワクワクするような展示でみなさまをお待ちしております!!

そしてお隣ではマンガ学科さんの展示も行われております!

ctrl5

ctrl6

展示会場の様子

 

 

Ctrl+Sし続ける私達の作品をぜひ見に来てください!!

 

———————————-

キャラクターデザイン学科

アニメーションゼミ・CGゼミ合同展

Ctrl+S展」

日時:2019221()36()

時間:1000-1800

———————————-

 

  • LINEで送る

2019年2月9日  イベント

卒業展はじまりました!

 

こんにちは。副手の今です。

 

いよいよ卒業展が本日29()より始まりました!

 

2/4()から搬入が始まり、学生たちは毎日ヘトヘトになりながら、

普段授業をしている教室を展示空間に変身させていきます。

IMG_5031

パーテーションを塗りなおし中。

IMG_5124

搬入の様子

 

IMG_5917 IMG_5907

展示の様子

 

 

そして搬入最終日の2/8()にはキャラデ授賞式が行われました。

先生からのサプライズオープニングに始まり、

各賞の発表が行われました。

 

 

そのほかキャラデ3回生から投票形式で選ばれる「3回生賞」や各先生から送られる「先生賞」の発表も行われ、喜びの笑顔や感動の涙がありました

 

 IMG_0080

IMG_5809

IMG_5794

授賞式の様子

 

それでは各受賞者をご紹介したいと思います!

 

【奨励賞】

グラフィックゼミ 近藤 岳

「みるマトペ / ふれマトペ」

 

 kondo

 

 

【奨励賞】

プロデュースゼミ 池田 真友

「堕ち付くとパユミロン」

 ikeda

【奨励賞】

アニメゼミ 岡 優那

「まんなか」

 oka

【奨励賞】西川 葵

「新庄弁カルタ」

 9315636351914

【奨励賞】

CGゼミ 金 尚燕

「OLOGRA」

sanyon

【奨励賞】

グラフィックゼミ 橋下 凜乃

「凜乃亦中図屏風」

IMG_0015

【奨励賞】

アニメゼミ 渡 慶太朗

「みぎわのおしゃべり」

watari

 

【奨励賞(同窓会賞)】

ゲームゼミ 石田 直也

「TRICO」

 IMG_5825

【キャラデ特別賞(奨励賞)】

アニメゼミ 朴 娜賢

「Raindrops」

 IMG_5974

【キャラデ特別賞(奨励賞)】

アニメゼミ 兒玉 恵

「world.execute(me);」

kodama

【優秀賞】

グラフィックゼミ 清水 陽

「洒落紋100」

shimizu

【優秀賞】

CGゼミ 長谷川 拓海

「光と蟲」

hasegawa

【学長賞】

ゲームゼミ 粟田 恭一朗

ゲームゼミ 吉田 光希    

「カナンの塔」

yosidaawata

 

受賞したみなさん、おめでとうございます!

 

そのほかにも素晴らしい作品がたくさんありますので

ぜひ!人間館2階のキャラクターデザイン学科のフロアにお越しください!

IMG_0017

京都造形芸術大学卒業展のHPこちら!

 

  • LINEで送る

2019年1月10日  イベント

卒業制作の最終合評が行われました

みなさま、あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

1222()23()24()の三日間で、卒業制作の最終合評が行われました!

極限の緊張感の中、これまでの集大成となる作品を、ある者は技術で、そしてある者は

発想力で、過去を凌駕する圧倒的な表現力でプレゼンを繰り広げました。そんな、かつて

ない激闘のクリスマスイブ(笑)となった合評の様子をお届けします!

 

 

_MG_0068

中間合評から5ヶ月経った成果を13分以内で発表していき、先生方からコメントをもらいます。

 

 

 

_MG_0064_MG_0101

映像作品は最初から最後まで上映をしました。

卒業制作展では圧巻のクオリティの作品を上映教室でじっくりご鑑賞ください!

 

 

 

 

_MG_0132

イラスト作品は印刷したものを前にズラリと並べて発表する学生もいました!

 

 

 

 

_MG_0319 _MG_0338_MG_0236

大きな作品は別教室に展示し、展示場所まで先生方が移動されます。

プレゼンテーションと講評の様子はビデオ通話で学生のいる教室に中継されました!

 

 

 

 

_MG_0436

2人でコミュニケーションをとりながら進めていくゲームの作品。

体感型の作品は実際に作品に触れて審査されます。

息を合わせてキャラクターを操作していくことがなかなか難しく、モニターに映し出されるプレイ画面に笑いが起こる場面もありました!

 

 

 

_MG_0461

こちらはiPhoneで楽しめるゲーム作品。

2名による共同作品なのですが、漫才のようなプレゼンテーションで教室を沸かせていました!

キャラクターボイスも実装されて、

卒業制作展ではぜひとも見て・聞いて・触れていただきたいです!

 

最後に先生方から総評と激励のお言葉をもらい、3日間の最終合評は終了となりました!

緊張のプレゼンテーションが終わり、ひとまずお疲れ様ということころですが、

展示までクオリティをどこまで高めることができるか、最後の追い込みどころです!

 

卒業制作展は29()17()まで行われます。

4年間の集大成の展示をぜひ体感しにいらっしゃってください!

詳細はこちらをご確認ください。

  • LINEで送る

2018年12月22日  イベント

グラフィック写真展「Melty」が開催中です!

こんにちは。キャラクターデザイン学科副手の山崎です。

現在、京都造形芸術大学アートプロデュース学科の学生が運営するARTZONEにてグラフィックデザイン応用の授業を受講している学生によるグラフィック写真展「Melty」が開催されております。

 DSC_0597

「とける」をテーマとした本展は11人の学生が感じたメルティな瞬間をグラフィックに閉じ込めた写真展となっております。

IMG_0002

IMG_0022

IMG_0024

↑搬入の様子。

 DSC_0583

DSC_0584

DSC_0585

 

↑「とける」をテーマとした学生の作品

 

学生たちはテーマに沿って想像を膨らませながらそれぞれの「とける」を表現すると同時に、どのように展示するのかといった展示全体の流れについて考えました。その中で展示に関わる役割分担を行い、それぞれの得意なことを生かしながら展示を形にしていきました。

 

作品をつくる中で学ぶ「デザイン」と展示に必要なフライヤーなどの「デザイン」。

展覧会を形にしていくことで様々なデザインに触れ、それぞれが「ものづくり」や「ことづくり」に対しての今後の課題も発見できる貴重な機会となりました。

 

展覧会中の受付は作品をつくった学生が中心となって行います。

つくったものを「伝える」ということで見てくださった方から直接、感想を頂けました。

学生にとって、作品を通して様々な方と出会えることで、ものづくりに対して新たに自信がついたのではないかと思います。来てくださった方と学生との会話の中で、テーマである「とける」からの想像が膨らむ瞬間もまた「Melty」展の面白さだと感じました。

 

 

学生それぞれの「とける」の表現を是非、ご覧ください。

 

 

 

展覧会名:Melty
会  期:2018128()-20181224()
時  間:平日13:00-20:00/土日祝12:30-20:00
会  場:ARTZONE
住  所:京都府京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル 大黒町 44 VOXビル12F
入 場 料:無料
主  催:京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科
協  力:京都造形芸術大学アートプロデュース学科ARTZONE
出展作家:西垣真穂(私立滝川第二高等学校出身)、宇敷光(長野県立長野高等学校出身)、南美帆(私立済美高等学校出身)、奥野真生(私立樟蔭高等学校出身)、磯田駿(県立香住高等学校出身)、渡邊りこ(私立長野清泉女学院高等学校出身)、藤田望美(大阪府立芦間高等学校出身)、浅井夏実、岩本渚(私立浜松開誠館高等学校出身)、井戸響子(私立神戸山手女子高等学校出身)FARHAN PURWANTO MARULITUA

(キャラクターデザイン学科)
スタッフ:高想、船瀬翔一郎、山本晋也(アートプロデュース学科)

 

展覧会詳細は下記URLよりご覧ください。
http://artzone.jp/?p=3533

 

1 2 3 4 5 26

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。