情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年12月10日  授業風景

【情デオンライン】1〜2年生が受けた前期オンライン授業振り返り【Twitter】

 

 

 

 

こんにちは!情報デザイン学科【Tsutae】の前田です!

後期も無事に始まって少しずついつもの大学に戻ってきましたが、まだまだ油断は禁物ですね。。!

 

ここで前期に受けたオンライン授業の一部を振り返ってみましょう。いろんな工夫と成果物が出来上がってきました。

 

 

—————————————-

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース

1年生

 

—————————————-

 

 

『アルファベット26文字のデザイン』

 

ひと文字ずつのアルファベットという量の多さだけでなく、直線のみ、角度は45度というルールがあって苦戦しました。。!

 

 

 

作品が完成するととても達成感があって、他の人と並べてみると一人ひとり個性がある作品になったので楽しかったです。

 

—————————————-

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース

2年生

 

—————————————-

 

『ハンドソープボトルのデザイン』

 

誰がこの商品を手に取るのか、どんな雰囲気の空間に置かれるかなど、ターゲットを各自で定め、ラフスケッチを描いていきます。

 

ラフスケッチをもとにデータを完成させたら、商品棚など置きたい場所の写真に合成します。

 

 

 

デザインと社会の繋がりを実感した授業でした。

ターゲットを定めることで「こんな人に手にとって欲しい」「あの空間に置いて欲しい」などイメージを膨らませて、楽しみながらデザインすることができました!

 

 

『文字を使ったアニメーション』

 

テーブルにプロジェクションマッピングすることを想定して制作を進めます。こちらもラフスケッチからスタートです!

Illustratorというソフトでデザインし、そのデータをAfterEffectというソフトで動かしていきます。

 

 

 

今回はテーブルの画像にアニメーションを合成して完成です。

テーブルの画像にアニメーションを合成することでリアルな作品に仕上がりました。オンライン合評ではどれもクオリティの高い作品ばかりで刺激を受けました!!

 

—————————————-

 

イラストレーションコース

1年生

 

—————————————-

 

『シルクスクリーン印刷』

 

印刷に使う版の仕組みなどの基本を教えていただき、そのあと刷り方のレクチャーがありました。

 

 

 

道具の使い方から刷り方のコツなども丁寧に教えていただいたおかげで、みんなの個性が出た作品が出来あがりました。

 

—————————————-

 

イラストレーションコース

2年生

 

—————————————-

 

 

『イラストレーションマップ制作』

 

課題のテーマ内容を聞いてそれをリサーチして分析し、読み手により楽しくわかりやすいように考え、マップを作成する課題です。

 

 

 

ターゲットを定めて、企画とイラストのバランスを取りながら、制作していくことで何がその作品に必要なのかということ勉強できる授業でした!

みんな全く違う土地のマップ制作で見応えのある面白い作品ばかりでした!

 

 

『illustration × motion』

この授業では、Photoshopというソフトを使ってGIF形式のループアニメーションを製作しました。

 

 

 

音楽からどんな見た目なのか、色や動きを想像してイメージを元に描いたイラストや図形をアニメーションにしていきました。ひとつの音楽からそれぞれの個性が溢れ出る魅力的なGIFアニメーションが生まれました。

 

 

『新しいお土産を企画デザインする』

 

それぞれの地元について調べたリサーチシートを元に、今までにない新しいお土産のデザインをしました。

 

 

 

出身地の特産品や観光資源、伝統などを調べ、観光客や地元の方々に興味を持ってもらう事がポイントになります。

 

覚えやすく響きの良い商品名や目を引くビジュアル、実際に買ってもらえるような価格設定などを考えて企画シートを作りました!

—-

後期の授業では少しずつ対面授業が再開しています。

2年生は後期から、それぞれの学びたい領域に分かれて授業が進んでいきます。

後期の授業も随時ご紹介していきますので、Twitterのフォローよろしくお願いします!!

 

 

 

 

【Tsutae記事担当】

 

前田 千桜子(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、福岡雙葉高等学校 出身)

飴 誉穂(イラストレーションコース2年生、松蔭高等学校 出身)

横山 小梅(イラストレーションコース2年生、千葉敬愛高等学校 出身)

西田 恵里花(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生、三重県立昴学園高等学校 出身)

外崎 有香(イラストレーションコース1年生、北海道駒沢大学附属苫小牧高等学校 出身)

吉長 恋(イラストレーションコース1年生、奈良県立高円高等学校 出身)

  • LINEで送る

2020年8月29日  授業風景

情デ ON LINE vol.3

入学後の不安から一転!
イラストレーションコース1年生が急成長しています!!!

 

 

新しい授業形態で何ができるのか!?

情報デザイン学科のオンライン教室で

どんなことが起こっているのかを紹介する第3弾は

イラストレーションコース1年生の授業です!

デザイン分野であるイラストレーションは、

ただ黙々と一人で絵を描くではなく『伝える』ために描く、言語と同様のコミュニュケーション技法のひとつ。

「コミュニケーションする絵」を学ぶのですから、身近な人々と人間関係を築くトレーニングもとても大切です。

友達ができるかな?人間関係に悩まないかな?

それは毎年のことですが、今年は異例のオンライン、学生さんもドキドキしているのではないでしょうか。

そんなことも加味して、

初回授業ではiPadを使って描画アプリケーションのごくごく簡単な使い方をレクチャーのあと、

『自画像・ニックネーム・趣味』を描きzoomの『バーチャル背景にして自己紹介をしました。

ILL_アプリ基礎_画面1

授業ではまず毎回この背景を使って、テーマに合わせて毎回違ったメンバーで少人数のフリートークの時間を設けました。

この時間が慣れない場所に慣れていくウォーミングアップになります。

そうしてクラスメイトの顔と名前をすぐに覚え、互いの距離をぐっと近めた1回生!

授業内容自体はMac PCとiPadの基本操作やパソコンで絵を書く方法などを学ぶプログラムです。

MacPCやアプリケーション操作は初めての人がほとんどです。

覚えることが多くちょっと難しい内容でしたが、

臆することなく先生に質問したり学生同士教えあったりと、

コミュニケーションのとれた活気ある授業展開ができました。

フォトショップのマスク機能を覚えるためのコラージュ課題

テーマ「summer」

合成課題_12022011_菊島耕太郎

合成課題_12022038_野坂凜ペンギン_12022039_野々上昂太_0618

 

Adobe frescoの描画機能を覚えるための課題
自由イラストレーション

テーマ「rainbow」フレスコ課題_テーマ『レインボー』 (2020_06_22 4_00)

12022011_菊島耕太郎

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月29日(土)30日(日)『夏のオープンキャンパス』

オンラインにて開催します!

情報デザインの授業や学科について聞きたい人、体験授業を受けたい人、集まれ!!!
オンラインオープンキャンパス企画
■体験授業
■教員によるコース紹介(1日2回開催)
■教員によるコース別の相談会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • LINEで送る

2020年8月3日  授業風景

情デ ON LINE ! vol.2

 

新しい授業形態で何ができるのか!?
5月18日からはじまったオンライン授業も
あっというまに2ヶ月が経過しました。

 

新しい授業形態で何ができるのか!?
情報デザイン学科のオンライン教室で
どんなことが起こっているのかを紹介する第3弾は
ビジュアルコミュニケーションコース1年生の授業です!




 

アプリケーション基礎1A


 

ビジュアルコミュニケーションコース1年生
この授業は、デザイン制作を進める上で欠かせないMac PCを利用した
アプリケーションソフトの操作を中心とした基礎をマスターするプログラムです。
ビジュアルコミュニケーションデザインコースの1年生全員が受講しています。

 

200703_jd_002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

課題 #01【アルファベット26文字をデザインする】

 

マス目や角度が制限されたなかで、26文字のアルファベットをデザインするという課題です。
A〜Zまでのトーンを設計しながら書体のオリジナリティを創出するためのアイデアが求められます。
アプリケーションを初めて扱う学生のみなさんも多かったのですが、

2週間もすればこの通り!立派に作品が完成しているのです。

 

200703_jd_001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

課題 #02【シンボルマークとロゴタイプ】

 

自分の氏名でシンボルマークとロゴタイプをデザインするという課題です。
性格や容姿などから自己分析を行い、それを形や色で設計していきます。
まずは手描きのラフスケッチを丁寧に行ってからアプリケーションで制作に取り掛かります。
最後には誰一人として同じアイデアがなく個性的なシンボルマークが勢揃いしていました!
このシンボルマークとロゴタイプを利用して名刺やオリジナルグッズも制作しているのだから驚きですよね。

 

Zoomで制作画面の共有をすることでクラスメイト同士が刺激を受けながら
各々がブラッシュアップしていく様子はオンラインならでは展開でした。

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生のみなさんはこの後、
映像や写真、グラフィックなどの専門分野を深める授業が待っています。
前期が終了する頃には表現の幅がぐっと広がっていることと思います。今後が楽しみですね!

 

 

 

ーー
情報デザイン学科教員 伊藤智子

  • LINEで送る

2020年6月9日  授業風景

情デ ON LINE !

新しい授業形態で何ができるのか!?

5月18日からはじまったオンライン授業。

情報デザイン学科のオンライン教室で

どんなことが起こっているのかを紹介します!

 

 

デザイン技法IIIA

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

 

この授業は、自身の制作するデザインが社会で如何に機能するのか

検証と実践を重ね「社会と個人」を意識しながら制作を進めています。

デザインをするうえで、非常に大切なデザインフィロソフィーの要素も含まれ、

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生全員が受講する授業です。

 

 

情報共有サービス「Scrapbox」を活用し

教員4名と学生83名が、オンライン上でアイデアや考察を共有。

 

SCRAPBOX2 

デザイン・スタディA

観察から得たことを生かし

グループごとに商品アイデアをプレゼン。

短期間の課題ですが、どれもモノやコトの本質を見出し、そこにスポットをあてた提案でした。 

 

デザイン・スタディB

自分の半径5m以内にあるもの × 今のコロナ社会に必要なもの

観察によりポイントを見つけ、身の周りにある日用品の特性をうまく利用し、

デザインの視点で新型コロナウイルスの問題に取り組みました。

プレゼンシート1枚で伝える練習も。03corona1

zoom, Scrapbox, google classroomなどコミュニケーションツールを活用し、

グループごとのワークやプレゼンテーション、

クラス全体での情報共有やディスカッション、時々和やかな雑談まで。

授業内で自在に形態を変えながら、遠隔で授業が行われているとは思えないくらい、

白熱した授業が繰り広げられています!

 

 

デザイン・スタディC では、これまでのスタディを活かし

TOKYO MIDTOWN WARD 2020

デザインコンペ 課題「DIVERSITY」

に取組み応募。

グランプリ100万円獲得を目指します!!!!!

 

————————————————————————————————–—– 

オープンキャンパスが7月5日(日)にオンライン授業方式で実施されます!!

情報デザインをオンラインで体感してもらえるような授業を用意して

みなさんに会えるのを教員も楽しみにしています!

プログラム詳細はこちら

————————————————————————————————–—– 

 

情報デザイン学科教員 中田

1280x720_topgb_03132

  • LINEで送る

2019年12月23日  授業風景

社会の先輩から学ぼう!~ロールモデル研究2019~

こんにちは、情報デザイン研究室です。

 

今回は情報デザイン学科ビジュアルコミュニケーションデザインコースとイラストレーションコースの

1年生を対象に行われた「ロールモデル研究」についてご紹介します!

「ロールモデル研究」は社会で活躍するロールモデルとの対話を通じて、働くとは何か、

進路計画という視点を自分の中に取り込み、

自身のキャリアデザインのスタートを目的とした授業です。

 

広告、グラフィックデザイン、イラストレーション、コピーライター、PR、商品企画、営業、施設管理、など

情報デザイン学科の卒業生を主に、様々な分野で活躍されている、12名のゲストをお招きしました。

 

授業は、いわゆる講義形式ではなく、

125分の「セッション」(ゲストのプレゼン+質疑応答)で、各ゲストを順にまわりながら、

考察を深めていく参加型スタイルです。

 

 

 

2_IMG_8653

ご自身の仕事の価値観や大学生の時はどのように過ごし、どのような考えを持っていたか、

この日のために準備してくださった資料とともにお話しいただきました。

2_MG_20722_IMG_8659

プロの現場で活躍されている方とこのように近い距離でお話をする機会がまだ少ないということもあり、序盤は

緊張している様子でしたが、後半はゲストが持参された成果物などを手に取って観察したりと

和やかな空気で進められました。

2_MG_2091

 

 

最後は、ゲストの方々から1年生へ向けてメッセージをいただく時間もあり、

学生にとってたくさんの情報を吸収することができた貴重な時間だったのではないでしょうか。

 

進路についてもまずは身近な所に目を向けてみたり、キャリアイベントに参加するなどいろいろな情報を集め、

たくさんの引き出しを持っておくことが大切です。

 

これからの大学生活、みなさんにとって有意義な生活をしてくださいね!

 

 

ゲスト(敬称略)

ビジュアルコミュニケーションデザインコース

赤井 佑輔(株式会社paragram)

石津 祥(株式会社ytv Nextry)

長村 真鈴(株式会社サノワタル)

可児 なつみ(株式会社電通)

妹尾 優希(辰巳電子工業株式会社)

濱 章浩(株式会社神戸デザインセンター)

米川 実果(株式会社YRK and )

 

イラストレーションコース

右近あかね(京都造形芸術大学職員)

小谷茉未(株式会社よーじや)

小松友(大阪市立大学医学部附属病院)

洲戸健之(株式会社大広)

森田百花(株式会社セント・ファーム)

 

情報デザイン研究室スタッフ:タカハシ 

1 2 3 28

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。