情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年8月21日  授業風景

【情デの授業】一年生みんなで「カレーライス」を作ってみた。。?

 

みなさん、こんにちは。

ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年の高むいです。

 

8月になったこともあり、夏休み中の方も多いと思います。先日大学では夏期コミュ

ニケーション入試が行われました。受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした!
私もこの入試で合格したひとりですが、もう一年も経ったかと思うと時間の流れは

早いなあ…なんて思います(笑)

 

 

それはさておき、このブログのタイトルを見た人の中には「情報デザイン学科って

合宿でもするの!?」なんて思った方もいるかもしれません。
残念ながら合宿はしないのですが、わたしたち一年生は自分の名前のイニシャルを

デザインし、ロゴを制作しました。

 

この課題が一年生にとっての初めての制作だったのですが、はじめにアイデアス

ケッチの紙にそれぞれ好きなようにデザインしたロゴをいくつか書き出していきま

した。

 

tsutae initial3

すると、それを見た丸井栄二先生は、

「いまのみんなのロゴデザインを【カレーライスをつくること】に置き換えると、

勝手にスパイスを足して自己流にアレンジしたり、カレーライスを食べてもらう人

のことを考えていないデザインになっているね。情報を伝えるデザインにするため

にも、いまのデザインから引き算をして、カレールーのパッケージに記されている

レシピの通りにつくり始めることが重要だよ」

 

と、わたしたちに言いました。

 

それを聞いた私たちは、自分の好きなようにデザインするのではなく、丸井先生に

言われたようにもう一度ブラッシュアップ(より良くすること)をして、最終的に

はシンプルで受け取る側にも伝わりやすいロゴが完成しました。

 

tsutae initial 5

こうして完成したロゴデザインは作って終わり…にはせず、

封筒の制作やシルクスクリーンでのトートバッグ作りにも展開しています!

 

トートバッグ4

無事終えた初めての課題でしたが、慣れないパソコンを使った作業や、受け取る側

のことを考えたデザインをすることはとても新鮮でした。

 

これから一年生は【京造ねぶた】の制作に本格的に取りかかることになりますが、

この「受け取る側のことを考えたデザイン」というのは、きっとねぶたの制作にも

活かせると思うので、今回学んだことを忘れずにこの夏を過ごしたいと思います!

ちなみに、完成したロゴデザインは智勇館のエントランスに展示されているので、

まだ見たことないという方はぜひ見に来てください!

 

tsutae initial2

それではみなさん、良い夏休みを〜♪

 

 

 

 

 

【Tsutae 取材班】

 

高 むい(ビジュアルコミュニケーションデザイン 1回、四條畷学園高等学校 出身)

高橋 和奏(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1回、京都府立桂高等学校 出身)

高瀬 蘭舞(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1回、京都市立銅駝芸術工芸高等学校 出身)

柴田 真衣(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1回、京都府立西城陽高等学校 出身)

中山 阿美(イラストレーションコース1回、大阪府立春日丘高等学校 出身)

 

  • LINEで送る

2018年7月26日  授業風景

【クロステックデザインコース】デジタルファブリケーション

こんにちは!クロステックデザインコースです。

 

今回は「素材・材料学演習」で行ったデジタルファブリケーションの授業の紹介です。

デジタルファブリケーションとは、デジタル工作機器によってさまざまな素材を加工する技術のことです。

例えば3Dプリンターやレーザー加工機、UVプリンターなどが挙げられますが、これらのテクノロジーによって大きな工場ではなくても個人レベルで精度の高いモノづくりが行えるのです。

 

今年度よりウルトラファクトリーにはデジタルファブリケーション機器が新たに追加され、先日、クロステックデザインコースの授業でもそれらの使い方のレクチャーを受けました。

 

3Dプリンターの使い方に興味津々!

IMG_3305IMG_3357

レーザー加工機でアクリル板を加工してみました。

IMG_3324IMG_3326

デジタル刺繍ミシンはファッション系の制作に活用できそうですね。

IMG_3335IMG_3332

カッティングプロッタでカットした「X-tech」の文字が授業後に教室のドアに貼られていました。

IMG_3313IMG_3707

この先、これらの機器がどんな企画に活用されるのか考えるだけでワクワクします!

今月中には人体サイズの3Dデータが取れる3Dボディスキャナーも納品される予定でとても楽しみです!!

 

 

<おまけ>

猛暑真っ只中の授業で野外活動を実施!

川の誘惑に負けて学生だけでなく先生もずぶ濡れになっていました。

IMG_3665IMG_3680

 

そんなテクノロジーもアウトドアも多様な面白さが詰まったクロステックデザインコースの授業!

夏期コミュニケーション入学はそんなコースの雰囲気が体感できる体験授業型入試です!

 

■■■夏期コミュニケーション入学■■■

A日程:8月4日(土)-5日(日)

B日程:8月6日(月)-7日(火)

エントリー:8月1日(水)必着 エントリーはコチラ

最大2コースにエントリーが可能です!

  • LINEで送る

2018年7月13日  授業風景

【1年生】コミュニケーション基礎

こんにちは、情報デザイン研究室です。

本日は前回に引き続きビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生の授業「コミュニケーション基礎」をご紹介します。

 

前回は5月に行われたカップヌードルの展示について書かせていただきましたが、そこからメキメキと成長し1ヶ月。

 

1年生達の新たな展示が行われました!

今回はその時の様子をお伝えします。

 

既存のA4チラシを分析し、そっくりそのまま同じA4チラシを製作するところから始まったこの展示。

そこから見えた特徴を、チラシ以外の違った形で表現しました。

 

IMG_3842

 

IMG_3839

 

前回の展示から、表現方法の幅がかなり広がってきたように感じます。

 

IMG_3845

 

IMG_3836

1

 

 

 

展示の方法、空間の使い方にも工夫がされており、あっ!と発見がある展示になっていました。

 

 

 

 

前期の授業も残りあと少し。

細部にもこだわり、徐々に展示のコツを掴んできた1年生。

前回と比べ格段に手際も良くなっています。

 

自分たちの課題も見つかった展示となりましたが、みんな楽しんで展示に取りかかれているようでした。

 

 

次の展示は、前期最終となる「これからの100円均一の店」。

今回を含め、今までの展示はウォーミングアップ!

さらに成長していく作品と展示に期待しています。

 

 

 

 

 

スタッフ :カゲヤマ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2018年7月11日  授業風景

【授業紹介】表現演習IC写真基礎_フィルムカメラ実習

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

今回は2年生を対象とした写真基礎の授業風景をご紹介します。

 

この授業はフィルムカメラとデジタルカメラの両方を使い、

スタジオでのライティング撮影や暗室でのプリント作業といった実習を通して、写真技術全般に触れることを目的としています。

今回は、モノクロフィルムを使ったフィルムカメラの実習です。

機材使用に関する講義や風景撮影を経て、この回では学生同士で被写体となり野外と室内に分かれてポートレート(人物写真)を撮影しています。

 

IMG_5850

IMG_5875

 

フィルムカメラはデジタルカメラとは違い取り直しができないため、みんな綿密に構図を決めて撮影に望んでいるようです。

フィルムは 36枚撮りのものを使用。

どんな風に撮影できているかは、現像するまでのお楽しみですね!

一方室内のスタジオでは、バック紙を背景に撮影を行っています。

スタジオ撮影は野外撮影と違い、天候に左右されずに安定して撮影できます。

 

IMG_5858

 

撮影が終わったら、いよいよフィルムを現像していきます。

まずは現像タンクという入れ物に、フィルムと薬剤を入れ撹拌します。

薬剤は、現像液・停止液・定着液の3種類を使用し、時間を測りながら薬剤を入れ替えての作業・・・みんな真剣な面持ちで取り組んでいました。

 

_MG_0543

_MG_0562

 

一連の作業が終わったら、現像タンクからフィルムを取りだして水洗いをしていきます。

 

_MG_0576

_MG_0566

現像がうまくいっているか、先生にチェックを受けている学生も見受けられました。

無事に現像が出来ていたようで、一安心ですね!

水洗いが終わると、レールにフィルムを取り付け、伸ばしながらフィルム用乾燥機に入れ乾燥させます。

 

IMG_9806

 

乾燥させたフィルムを、引き伸ばし機という機械にセットして、印画紙に焼き付けます。

これが皆さんおなじみの写真となります。

 

_MG_9285

_MG_9283

 

フィルムカメラは、写真の完成に至るまでに沢山の行程があります。

フィルムカメラに触れる機会が少なくなって来ている今、貴重な体験となったのではないでしょうか。

 

これからどんどん新たな技術を身につけ、今後の制作に活かしていってくださいね!

表現基礎2C ー写真基礎ー

担当:黒崎創先生

 

 

==================

 

 

スタッフ:ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

  • LINEで送る

2018年7月2日  授業風景

【1年生】カップヌードルを解体する

こんにちは、情報デザイン研究室です。

 

今回は、ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生の授業「コミュニケーション基礎」をご紹介します。

 

 

この授業では、「日常の観察と解体」をテーマとし授業を進めています。

「食とパッケージの観察・分解」と題し、実際にカップヌードルの中身や、パッケージの観察を行いました。

 

それぞれのグループで中身も全て並べ、さらにパッケージも解体していきます。

 

IMG_3318-2

 

後日、その解体したカップヌードルから得た発見を元に、作品を制作、展示しました。

 

3

展示後は、それぞれのグループの作品をみんなで見て回ります。

みんな他のグループの作品に興味津々です。

 

7

4

 

ふと見上げると、な、なんと蛍光灯にまで・・・!

 

2

 

1

 

 

形こそありませんが、すぐにカップヌードルだとわかる作品ばかり。

無意識にカップヌードルのパッケージの色やロゴが日常的に頭に刷り込まれていることに驚きます。

日常の中にある普段注目することのないものでも、目を凝らして観察すれば、様々なものが見えてきますね。

1年生は展示をしたのもまだ数回ですが、先生から的確なアドバイスをもらい、次回の展示への発見があったようでした。

これからの作品にも注目です!

 

 

 

スタッフ:かげやま

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

1 2 3 25

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。