情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年7月13日  授業風景

【1年生】コミュニケーション基礎

こんにちは、情報デザイン研究室です。

本日は前回に引き続きビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生の授業「コミュニケーション基礎」をご紹介します。

 

前回は5月に行われたカップヌードルの展示について書かせていただきましたが、そこからメキメキと成長し1ヶ月。

 

1年生達の新たな展示が行われました!

今回はその時の様子をお伝えします。

 

既存のA4チラシを分析し、そっくりそのまま同じA4チラシを製作するところから始まったこの展示。

そこから見えた特徴を、チラシ以外の違った形で表現しました。

 

IMG_3842

 

IMG_3839

 

前回の展示から、表現方法の幅がかなり広がってきたように感じます。

 

IMG_3845

 

IMG_3836

1

 

 

 

展示の方法、空間の使い方にも工夫がされており、あっ!と発見がある展示になっていました。

 

 

 

 

前期の授業も残りあと少し。

細部にもこだわり、徐々に展示のコツを掴んできた1年生。

前回と比べ格段に手際も良くなっています。

 

自分たちの課題も見つかった展示となりましたが、みんな楽しんで展示に取りかかれているようでした。

 

 

次の展示は、前期最終となる「これからの100円均一の店」。

今回を含め、今までの展示はウォーミングアップ!

さらに成長していく作品と展示に期待しています。

 

 

 

 

 

スタッフ :カゲヤマ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2018年7月11日  授業風景

【授業紹介】表現演習IC写真基礎_フィルムカメラ実習

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

今回は2年生を対象とした写真基礎の授業風景をご紹介します。

 

この授業はフィルムカメラとデジタルカメラの両方を使い、

スタジオでのライティング撮影や暗室でのプリント作業といった実習を通して、写真技術全般に触れることを目的としています。

今回は、モノクロフィルムを使ったフィルムカメラの実習です。

機材使用に関する講義や風景撮影を経て、この回では学生同士で被写体となり野外と室内に分かれてポートレート(人物写真)を撮影しています。

 

IMG_5850

IMG_5875

 

フィルムカメラはデジタルカメラとは違い取り直しができないため、みんな綿密に構図を決めて撮影に望んでいるようです。

フィルムは 36枚撮りのものを使用。

どんな風に撮影できているかは、現像するまでのお楽しみですね!

一方室内のスタジオでは、バック紙を背景に撮影を行っています。

スタジオ撮影は野外撮影と違い、天候に左右されずに安定して撮影できます。

 

IMG_5858

 

撮影が終わったら、いよいよフィルムを現像していきます。

まずは現像タンクという入れ物に、フィルムと薬剤を入れ撹拌します。

薬剤は、現像液・停止液・定着液の3種類を使用し、時間を測りながら薬剤を入れ替えての作業・・・みんな真剣な面持ちで取り組んでいました。

 

_MG_0543

_MG_0562

 

一連の作業が終わったら、現像タンクからフィルムを取りだして水洗いをしていきます。

 

_MG_0576

_MG_0566

現像がうまくいっているか、先生にチェックを受けている学生も見受けられました。

無事に現像が出来ていたようで、一安心ですね!

水洗いが終わると、レールにフィルムを取り付け、伸ばしながらフィルム用乾燥機に入れ乾燥させます。

 

IMG_9806

 

乾燥させたフィルムを、引き伸ばし機という機械にセットして、印画紙に焼き付けます。

これが皆さんおなじみの写真となります。

 

_MG_9285

_MG_9283

 

フィルムカメラは、写真の完成に至るまでに沢山の行程があります。

フィルムカメラに触れる機会が少なくなって来ている今、貴重な体験となったのではないでしょうか。

 

これからどんどん新たな技術を身につけ、今後の制作に活かしていってくださいね!

表現基礎2C ー写真基礎ー

担当:黒崎創先生

 

 

==================

 

 

スタッフ:ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

  • LINEで送る

2018年7月2日  授業風景

【1年生】カップヌードルを解体する

こんにちは、情報デザイン研究室です。

 

今回は、ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生の授業「コミュニケーション基礎」をご紹介します。

 

 

この授業では、「日常の観察と解体」をテーマとし授業を進めています。

「食とパッケージの観察・分解」と題し、実際にカップヌードルの中身や、パッケージの観察を行いました。

 

それぞれのグループで中身も全て並べ、さらにパッケージも解体していきます。

 

IMG_3318-2

 

後日、その解体したカップヌードルから得た発見を元に、作品を制作、展示しました。

 

3

展示後は、それぞれのグループの作品をみんなで見て回ります。

みんな他のグループの作品に興味津々です。

 

7

4

 

ふと見上げると、な、なんと蛍光灯にまで・・・!

 

2

 

1

 

 

形こそありませんが、すぐにカップヌードルだとわかる作品ばかり。

無意識にカップヌードルのパッケージの色やロゴが日常的に頭に刷り込まれていることに驚きます。

日常の中にある普段注目することのないものでも、目を凝らして観察すれば、様々なものが見えてきますね。

1年生は展示をしたのもまだ数回ですが、先生から的確なアドバイスをもらい、次回の展示への発見があったようでした。

これからの作品にも注目です!

 

 

 

スタッフ:かげやま

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

  • LINEで送る

2018年6月26日  授業風景

イラストレーションを考察〜オマージュ〜

こんにちは。情報デザイン研究室です。

 

本日は先日合評が行われました、

1年生イラストレーションコース「デザイン基礎」の授業についてご紹介したいと思います。

この授業をご担当されている先生はとんぼせんせいです

 

今回の課題は「イラストレーション考察(オマージュ、サンプリング、マッシュアップの手法の獲得)」

_MG_9974

まずは自分の好きな作家(イラストレーターや絵師)を数人選び、客観的に考察し、

その作家の特徴などをリサーチしました。

 

_MG_5948

それぞれの作家の分析が終わったところで、

それらの特徴を掛け合わせた新たなイラストレーションを描きました。

 

構図や余白、作家同士の組み合わせの配合など様々なことを考えながら、よく観察しながら描き、

皆さん悪戦苦闘しながらも楽しんで制作する姿が見られました。

 

_MG_5951

完成した作品は、見たことあるような、ないような、新しいキャラクターがたくさん生まれていましたよ!

 

 

そして合評の日。

IMG_1722

皆さん大学に入って初めての展示形式の合評だったので、

先生に展示のコツを教えてもらいながら、

クラスメイトにアドバイスをもらいながら壁に設置していきました。

 

IMG_1748

設置完了後、お互いに作品を観て回り、お気に入りの作品に投票を行います。

 

IMG_1791

とんぼせんせい課題

IMG_1788

この課題を通して、皆さん色々な自分の課題点が見えたそうで、

もう一度この課題に挑戦したいという声が多く聞こえて来ました。

 

今回の課題では、土台となっているものは自分ではなく他の作家さんのイラストではありますが、

その中にも皆さん自身がもっている手グセや特徴が現れており、

あらためて自分らしい絵というものに気付くことの出来た課題だったようです。

 

これからも様々な絵をリサーチして自分の絵に生かしていってくださいね!

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第2回目 1日体験入学が開催されます!
 7/8(日)

定員が設けられていますので、

参加を考えている方はお早めにこちらにアクセス→

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

スタッフ かつ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年6月16日  授業風景

【クロステックデザインコース】田所雅之氏 特別授業

6/14の「スタートアップ概論Ⅰ」は連続起業家の田所雅之さんをお迎えしての特別授業でした。

田所さんは日本とアメリカで合計5社を起業し、これまで1500社以上の世界中のスタートアップを評価してきた方で、2017年にはスタートアップ支援会社Unicorn Farm のを立ち上げられています。

著書の『起業の科学 スタートアップサイエンス』は発売後、3部門(経営、起業、イノベーション)で24週連続ベストセラー1位(2017年11月2日~2018年4月10日)になっています。IMG_3298

 講義ではスタートアップに必要な7つのポイントをさまざまな実例を交えながら教えていただきました。

「スタートアップにおいては既存のものを改善していく持続的イノベーションではなく、全く別の価値を見出していく“破壊的イノベーション”が重要であること」や「少しの大ファンを作ることの優位性」など非常に分かりやすく、納得させられる内容でした。

IMG_3287

 誰が聞いても魅力的なアイディアはスタートアップにおいては大して良いことではなく、誰かに話すときに恥ずかしいと思うようなアイディアこそが実は大ヒットの可能性があるのだそうです。

これは聞いている学生にとって背中を押してくれる話だったのではないでしょうか。

「人に笑われるかもしれない」と思っても臆することなく、どんどんチャンレンジしていきたいですね!

 

 

◆1日体験入学のお知らせ◆

7/8(日)の体験授業は、私たちの身の回りにあるものを「もっと便利に」「もっと楽しく」するアイディアのワークショップを行います。

楽しみながら体験できる内容になっていますので、ぜひ気軽に参加してください!

参加申込みはコチラから!

 

 

1 2 3 25

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。