情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年2月10日  授業風景

【クロステックデザインコース】岡田陽介氏 特別授業

卒業展が絶賛開催中ですが、クロステックデザインコースはまだ1年生しかいないため、少し前の授業の紹介を…

 

「スタートアップ概論Ⅱ」では、ディープラーニングを活用しAIの社会実装事業を展開する株式会社ABEJA代表取締役社長・岡田陽介さんにお越しいただき特別授業を実施しました。

okadayosuke

岡田陽介さんは、高校生の時に本学の姉妹校である東北芸術工科大学が主催する全国高等学校デザイン選手権大会(通称:デザセン)で文部科学大臣賞を受賞され、それがきっかけで本学の徳山詳直前理事長の自宅に何度も招かれたことがあるそうで、本学とは不思議なご縁のある方です。

前理事長との思い出話も…

5F05B930-E225-448A-A26A-2FB725D636CE

今回の授業でまずは、なんとなくでしか理解していなかった「AI」「マシンラーニング」「ディープラーニング」の違いやその変遷などをさまざまなデータを基にご説明いただきました。

2012年のAI革命によりその精度は飛躍的に伸び、既にほぼ全てのタスクを人間よりも正確かつスピーディに判断ができるようになっているそうです。

57085153-5EC9-497C-A5F6-80ED0E10E499

AIを掌握することで生まれてきているごく一部の特権的な層の存在や、将来的に「AIは間違わないからAIの指示通りにしよう」と思考停止する社会がやってくる可能性について、それに対して危機感を持つことの大切さも教えていただきました。

33F6A088-2CE0-43E2-88B9-AEC68624C476

「人類史上、テクノロジーの進化は止まったことがないし、AIの発展も止められない。その中で人間は何に重きを置くべきか?特に芸大生である皆さんにはリベラルアーツを身につけていってほしい」と、熱く語られたのが印象的でした。

テクノロジーを学び携わっていく者としての指針になるお話が聞けた貴重な時間となりました。CAF728A6-7656-4169-9132-79A24F018A22

将来、岡田さんと肩を並べられるテクノプレナーがこの授業から生まれていってほしいと思います。

岡田さん、ありがとうございました!!

  • LINEで送る

2019年1月8日  授業風景

【情デの授業】イラストが動く!GIF画像をつくってみた

 

 

皆さま改めまして・・

新年明けましておめでとうございます。

年末年始と厳しい寒さが続きましたがいかがお過ごしでしょうか。

楽しい冬休みがあっという間に終わり、後期終了まで残りわずか、ラスト踏ん張りです!頑張りましょう~~。

 

さて、今回は昨年の寺田先生、岡田先生、岡村先生の楽しかった授業をご紹介!

木曜1~3限 イラストレーションコース2年生「情報デザイン基礎IVB」の【GIF をつくる】課題です。

今回記事を担当させて頂くのは、磯本と長谷川です。よろしくお願いします!

 

最近TwitterなどのSNSでよく見かけるGIF画像ですが、これって普通の動画とどう違うのだろう?と思ったあなたへ簡単に説明いたします~!

 

GIF画像とは、ひとコマずつの画像を連続再生した【動く静止画】なのです。パラパラ漫画のような要領で画像をひとコマずつつなぎ合わせれば、簡単なアニメや動画のように見せることが出来るんです!

PhotoshopやGIMPなど、ソフトを覚えたら意外と簡単につくれるんですよ〜。

 

では実際に、この課題に取り組んだイラストレーションコースの学生の作品をピックアップしながら見ていきましょう!

 

 

◎渡辺 大靖【China panic!!】

watanabe-china-panic

【コメント】自分のイメージするChinaをテーマに製作しました。パンダを回転させるところをこだわりました。

 

 

◎上林 紗奈【サングリア】

 

kanbayashi-sangria

【コメント】はじめてのGIF動画で拙い部分も多いですが、

      背景のネオンと幾何学のフルーツの対比が面白く見えるように工夫しました。

 

 

房 素希(バン ソヒ)【RETRO】

 

ban-retro

【コメント】カセット自体がレトロなものだと思い、全体的な雰囲気を復古風にして作品を作りました。

      これをきっかけにGIFアニメを作ることに興味を感じました。

 

 

井 郷江【~度寝】

kamei-done

【コメント】アニメを前々から作ってみたいと思っていたので、せっかくの機会だし

      人物がしっかり動くものを作ろう!と奮闘しました。動きをつけることで、

      静止画では出せない気だるさがより良く出せたと思います。

 

 

 

どれも違う個性があって、面白いですね!みんなとてもクオリティが高く、合評中もとても盛り上がりました。

ぜひ皆さまも一度チャレンジしてみてくださいね!

 

2019年も情報デザイン学科に乞うご期待を!

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

【Tsutae 取材班】

磯本 朱里(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

長谷川 文香(イラストレーションコース2回、滋賀県立信楽高等学校 出身)

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

  • LINEで送る

2018年12月12日  授業風景

【情デの授業】ボードゲームを作る授業!?チームで乗り越える厳しくて楽しい授業の行方(第三回)

 

 

(前回の記事はこちら!)

 

お待たせしました~!3週にわたってお送りしたボードゲーム課題が、

ド派手にフィナーレ合評を迎えました!

今回の文章担当は、最近寒くなったので食欲が大爆発している

相場がお届けします~。写真担当は髪色が紅葉カラーな岩城です。

 

毎日夜遅くまで集まっている健気なチームもいたり、素材にこだわるチームがいたり、どうしたらプレイヤーが楽しんでくれるか、飽きないためにはどうすれば良いかなどを考え、

みんな課題を楽しみつつ、試行錯誤とミーティングの毎日でした。

 

photo1

1チーム10分間の持ち時間で、12チームのボードゲームを遊んでいきます。(かなりハードです・笑)

みんな童心に帰って遊びまくります。

 

photo2

遊び終わったら、各自投票用紙に1人5点満点で評価を書き込んでいきます。

 

photo3

自分たちがつくったボードゲームで、友達が遊んで笑顔になっているのを見ると

本当にうれしい気持ちになります!本気で取り組んで良かったと思いました。

私たちのチームはシステム面だけではなく、ビジュアル面もこだわり抜けて良かったです。

 

この課題を通して学んだことは、チーム制作とは今までの自分ひとりで制作する課題とは違い、

協調性を持ち、お互いに情報交換をこまめにし、自身の役割に責任を持たないと

チーム全体に迷惑がかかってしまうということ。

この経験は実際に社会に出てデザインをする上でとても重要なことだと感じました。

 

これからチーム制作がかなり増えていくようなので、自分のアイデアやこうしたい!

みたいな意見をしっかりと相手に伝え、自分自身も聞き取る能力をあげていきたいと思いました。

 

全3回の長い記事を読んでいただきありがとうございました!

これからも情デの楽しい授業レポートをいっぱい取材していきます。

 

 

 

 

【Tsutae取材班】

 

相場 葵(イラストレーションコース2回、静岡県立磐田農業高等学校 出身)

岩城 有香(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

磯本 朱里(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

長谷川 文香(イラストレーションコース2回、滋賀県立信楽高等学校 出身)

 

 

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月28日  授業風景

【情デの授業】ボードゲームをつくる授業!?チームで乗り越える厳しくて楽しい課題のゆくえ(第二回)

 

最近一気に寒くなっちゃって、教室にコタツがあればいいのになーなんて思っています。

クラスのみんなで鍋パーティ。したいなぁ…。

 

さて、前回のイラストレーションコース2回生のボードゲーム授業に引き続き、

今回はその中間発表をお伝えいたします。文章は長谷川、写真撮影は磯本です!

— 前回の授業から一週間。中間プレゼンに向けて、教室には毎日夜遅くまで制作するチームの姿が。

ゲーム内容を直したり試作を作ったり、本当にこのクラスは頑張り屋さんが多いです。いい仲間、いい刺激。

そしていよいよ中間発表!発表するチームは、教室の真ん中に置かれたテーブルで

約10分間実際にプレイをしながらボードゲームの説明をしていきます。

 

7

1回生の頃からいろいろな授業でプレゼンテーションを経験するので、2回生ともなればみんなお手のもの!

聞いている周りの仲間に、どうしたら自分たちのゲームのおもしろさや内容が伝えられるのか工夫します。

 

そしてなによりも、各チームのボードゲームが前回見ていたものよりも格段にレベルアップしてる!

新しいルールを追加したり、キャラクターを作ってきたりなど、

どんどんゲームが面白いものに変化していきます。

 

6

こういう進化の中には、チームの中での「共有」が必要不可欠なんです!

 

ゲームのイメージの共有。作業進行状況の共有。

情報を共有することで、チームもアイデアもまとまっていくんですよね!

 

プレゼンテーションを聞く他の生徒たちも、ノートにメモを取ったり、写真や動画を撮ったり、

積極的に質問をしたりなど他のチームのボードゲームに興味しんしんです。

5

そして授業中は終始笑い声が絶えない!(笑)

各チーム、設定やルールの中におもしろい要素を入れてくるので、聞いているみんなもめっちゃ楽しいんです。

先生もこの笑顔!(笑)

 

1

生徒も先生もみんな一緒になって楽しめる授業なんて、最高に素敵じゃないですか!?

 

 

今回の中間発表を終えて、あたらめて自分たちのチームのボードゲームのいいところと弱点を見つけることが

できました。授業終了後は各チーム早速集まって、これからどのようにしてより良い

ボードゲームに変えていくか会議をしています。

 

ボードゲームは設定やデザインがしっかりできているだけでは完成ではありません。

これからは素材にこだわったり、使う人への配慮を考えるなどまだまだ課題は残っています!

さぁどんどん楽しくなるぞ!

 

ワクワクする気持ちを持って、今日もチームでミーティングです。

3

 

【Tsutae取材班】

磯本 朱里(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

長谷川 文香(イラストレーションコース2回、滋賀県立信楽高等学校 出身)

相場 葵(イラストレーションコース2回、静岡県立磐田農業高等学校 出身)

岩城 有香(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月14日  授業風景

【情デの授業】ボードゲームをつくる授業!?チームで乗り越える厳しくて楽しい課題のゆくえ(第一回)

boardgame_元の写真_2

秋も深まり、瓜生山の色も赤や黄色に紅葉してきています。スカッと晴れた青空の下で美味しいものを食べると、本当に気持ちのいい季節ですね。一生この季節がいいと切に願う相場です〜。(みんなそうでしょ〜)
さて後期も始まり、順調に課題の波に追われている情デの皆様。

みんな課題なんかに負けずにがんばろうや〜!

 

さて、今回は都築先生、とんぼせんせい先生のとってもユニークな授業をご紹介!金曜3〜4限イラストレーションコース2回生「構想計画Ⅰ」の【ボードゲームをデザインする】です。

 

普段ビジュアライズ(D領域)という、ビジュアル設計を中心にした学習をするチームと、ナラティブ(E領域)という、ストーリーから構築していくチームに分かれていますが、その領域が一緒になって取り組む課題です。楽しい課題にも実はしっかりとした目的が掲げられています。

 

boardgame_元の写真_1

目的1【ふたつの視点から分析しよう】
ボードゲーム制作の時点でビジュアル的(D領域)に見栄えが良く、

ストーリー性(E領域)があった方がエンドユーザーに手にとってもらえるなど、

両方の視点から課題を進めます。

 

目的2【コミュニケーションを企画しよう】
そしてビジュアルとコンセプトがきちんとマッチしているかが大切です。

 

目的3【コミュニケーション能力を磨いて制作しよう】

チーム制作はコミュニケーションが大事!
情報を分け合うのはアイデア発想にとても良いです。

あまり話したことのない相手とも親しくなれるチャンス!

 

目的4【作り手側の楽しさを伝えよう】
最後にこれが超重要!
なんたって自分たちが楽しく作ったものは、

自然と楽しさがこぼれ落ちるものです。そんな良いものを作ろ〜!

boardgame_元の写真_3

楽しい課題だからって全然ゆるくない。大学2回生が本気(ガチ)で約1ヶ月かけてボードゲームを作る全貌を5回に分けてお送りいたします!

 

10月19日の授業では、中間発表に向けてどのグループもボードゲームの雰囲気だけではなく、システム面も重点的に改良を重ねていきます。どうしたら楽しめるか、どうしたらもっと良くなるか、常に試行錯誤の毎日です。

 

今まで遊び手として楽しんでいたボードゲームを作る側に回ることでぶち当たる壁、だから乗り越えたくなるものだし、チームでひとつの物を作るという難しさと楽しさ、みんな自分たちのボードを本気で愛そうとしています。

 

自分の作品は自分がいちばん愛してやらなくちゃ!(これ大事)
私も自分の作ったもので友達が遊び、笑顔になっているところが早く見たくてうずうずしています。ワクワクドキドキの中間発表に乞うご期待!

boardgame_元の写真_4

【Tsutae取材班】
相場 葵(イラストレーションコース2回、静岡県立磐田農業高等学校 出身)

岩城 有香(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

磯本 朱里(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

長谷川 文香(イラストレーションコース2回、滋賀県立信楽高等学校 出身)

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

1 2 3 27

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。