情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年11月14日  授業風景

【情デの授業】ボードゲームをつくる授業!?チームで乗り越える厳しくて楽しい課題のゆくえ(第一回)

boardgame_元の写真_2

秋も深まり、瓜生山の色も赤や黄色に紅葉してきています。スカッと晴れた青空の

下で美味しいものを食べると、本当に気持ちのいい季節ですね。一生この季
節がいいと切に願う相場です〜。(みんなそうでしょ〜)
さて後期も始まり、順調に課題の波に追われている情デの皆様。みんな課題なん

かに負けずにがんばろうや〜!

 

さて、今回は都築先生、とんぼせんせい先生のとってもユニークな授業をご紹

介!木曜3〜4限イラストレーションコース2回生「構想計画Ⅰ」の【ボードゲ

ームをデザインする】です。

 

普段ビジュアライズ(D領域)という、ビジュアル設計を中心にした学習をする

チームと、ナラティブ(E領域)という、ストーリーから構築していくチームに分

かれていますが、その領域が一緒になって取り組む課題です。楽しい課題にも実は

しっかりとした目的が掲げられています。

boardgame_元の写真_1

目的1【ふたつの視点から分析しよう】
ボードゲーム制作の時点でビジュアル的(D領域)に見栄えが良
く、ストーリー性(E領域)があった方がエンドユーザーに手にとってもら

えるなど、両方の視点から課題を進めます。

 

目的2【コミュニケーションを企画しよう】
そしてビジュアルとコンセプトがきちんとマッチしているかが大切です。

 

目的3【コミュニケーション能力を磨いて制作しよう】

チーム制作はコミュニケーションが大事!
情報を分け合うのはアイデア発想にとても良いです。あまり話したことのない

相手とも親しくなれるチャンス!

 

目的4【作り手側の楽しさを伝えよう】
最後にこれが超重要!
なんたって自分たちが楽しく作ったものは、自然と楽しさがこぼれ落ちるもの

です。そんな良いものを作ろ〜!

boardgame_元の写真_3

楽しい課題だからって全然ゆるくない。大学2回生が本気(ガチ)で約1ヶ

月かけてボードゲームを作る全貌を5回に分けてお送りいたします!

 

10月19日の授業では、中間発表に向けてどのグループもボードゲームの
雰囲気だけではなく、システム面も重点的に改良を重ねていきます。どうし

たら楽しめるか、どうしたらもっと良くなるか、常に試行錯誤の毎日です。

 

今まで遊び手として楽しんでいたボードゲームを作る側に回ることで
ぶち当たる壁、だから乗り越えたくなるものだし、チームでひとつの物を

作るという難しさと楽しさ、みんな自分たちのボードを本気で愛そうとして

います。

 

自分の作品は自分がいちばん愛してやらなくちゃ!(これ大事)
私も自分の作ったもので友達が遊び、笑顔になっているところが早く見た

くてうずうずしています。ワクワクドキドキの中間発表に乞うご期待!

boardgame_元の写真_4

【Tsutae取材班】
相場 葵(イラストレーションコース2回、静岡県立磐田農業高等学校 出身)

岩城 有香(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

磯本 朱里(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

長谷川 文香(イラストレーションコース2回、滋賀県立信楽高等学校 出身)

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月2日  授業風景

【クロステックデザインコース】福野泰介氏 特別授業

11/1の「スタートアップ概論Ⅱ」は株式会社jig.jpの福野泰介さんに「x IoT」をテーマに特別授業をしていただきました。

 

モバイル端末に特化したアプリケーションの企画・開発会社として設立された株式会社jig.jpは来週、クロステックデザインコースで研修旅行に行く福井県鯖江市が開発拠点。

鯖江市でのオープンデータの活用やIoTの取り組みなどを紹介していただきました。

AF5C86AD-201D-4F29-96D4-F146B4FA0F23 (1)

福野さんは「一日一創」を掲げて、毎日必ず何かを創って公開しているそうです。

「役に立たないようなモノでも毎日創ることが大事」なのだそうで、そういう膨大なアイディアの中から面白いモノが出てくることがあるのだそうです。

この日もLEDで光るネクタイを締めていらっしゃいました。

IMG_4712

講義の後は手のひらサイズのプログラミング専用パソコン「IchigoJam」にインターネット通信機能がついた「IchigoSoda」を使ったワークショップを行いました。

簡単なコマンドから始めて最後には対戦ゲームが出来上がりました。

IMG_4708

普段の授業でもプログラミングはやるのですが、正直、苦手に思っている学生は少なからずいるようで…そんな学生たちも今回は楽しみながら取り組めたようです。

2020年度からは小学校でもプログラミング教育が必修化されますが、単にプログラミング言語を操るというよりは、コンピュータに限らず自分が意図したことを実現するために、何が必要で、どのような機能を組み合わせればいいのか、どう改善すれば効率的かといったことを論理的に考える力「プログラミング的思考力」を養うことが目的のようです。

なかなか奥が深いですね!

 

その後は困っていることをとにかくたくさん出し合って、京都造形芸術大学困っていることオープンデータを作り、その中のいくつかについて解決方法を考えてみました。

「困っている」ということは新しいモノ作りの種がそこにあるので、福野さんは困ることに遭遇すると「ラッキー」と思うそうです。

そういうちょっとした「困った」という感情を見過ごさないというのも流石ですね。

 

いよいよ来週は今回伺ったお話の現場・鯖江市への研修旅行です。

眼鏡だけではない鯖江への興味がグッと増しました!楽しみです!

  • LINEで送る

2018年10月22日  授業風景

社会の先輩から学ぼう!~ロールモデル研究2018~

 

 

こんにちは、情報デザイン研究室です。

今回は情報デザイン学科の1年生を対象に行われた「情Dロールモデル研究」についてご紹介します!

 

「ロールモデル」は“お手本”、“見本”といった意味です。

「ロールモデル研究」は社会で活躍しているお手本となる人物を参考に、働くとは何か、

また卒業後どんな仕事に就くのか、といったキャリアデザイン(進路設計)のスタートを目的とした授業です。

 

広告、グラフィックデザイン、イラストレーション、映像、CG、印刷、ゲーム、アミューズメントなど様々な分野で活躍している、情報デザイン学科の卒業生を主に12名のゲストをお招きしました。

 

授業は、いわゆる講義形式ではなく、1回25分の「セッション」(ゲストのプレゼン+質疑応答)を4回おこなうという内容です。自分が聞きたいゲストのところへ移動、円になってお話を聞き、質疑応答。こうして順に各ゲストをまわっていくという参加型スタイルです。

 

4

 

6

ご自身の仕事、職業・労働観、学生時代はどんなことに打ち込んでいたか、同じ1年生だった頃は将来についてどんなことを考えていたか等 、ロールモデルが1年生に語りかけます。

 

 

2

 

8

序盤は1年生のみなさんもは緊張気味でしたが、
いざ始まってみると、笑いも飛び交う和やかな空気でセッションは進められました。

 

 

3
7

質疑応答の場面では、積極的に質問している様子が見られ、将来について気になること、これまで漠然と不安に感じていたことが少し解消されたようでした。

 

1

 

社会で活躍する先輩のお話から、自分の将来像を描くヒントが見つかったのではないでしょうか。

 

進路についても日頃からこうしていろいろな情報を集め、イメージすることが大切です。

これからの大学生活、みなさんにとって有意義なものにしてくださいね!

 

 

 

スタッフ:カゲヤマ

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2018年10月1日  授業風景

【情報デザイン論Ⅴ】福原伸治氏特別講義

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

気がついたら本日から10月ですね。暑さもすっかり和らぎ、金木犀の香りが漂う季節となりました。

今回は少し前のお話となりますが、8/24(金)に行われました情報デザイン論Ⅴ(担当:毛原大樹先生)の特別講義に関してご紹介させていただきます。

ゲストはBuzzFeed Japan株式会社 動画統括部長の福原伸治さんです。

 

_MG_1958

情報デザイン学科で講演いただくのは3回目となります。

2015年にお越しいただいた際の様子はこちら

 

まずは福原さんのこれまでのお仕事をご紹介いただきました。

前職の株式会社フジテレビジョン時代のTVメディア環境のお話から、現在所属されているBuzzFeed Japan株式会社をはじめとするSNS上で取り巻くネットメディアの状況に関してお話しして下さいました。

 

_MG_1971

メディアの場がTVからインターネットに広がるにつれ、視聴者とのコミュニケーションの取り方が変化していっている・・・次の流れがどうなっていくのか日々ユーザー研究を行い、言語化していく必要があるとお話されていたのが印象的でした。

 

授業の中盤からはプレゼン大会が行われました!

プレゼンテーションのテーマは『現代社会において、コミュニティを支えるシステムとして確立した “動画” メディア──。私たちはこれから先、これをどのように利用・活用することができるのでしょうか?デザイン / アート / マーケティング もしくは、あなた独自の観点から、オリジナルの “動画” サービス案を構想してください。』

60分以内に企画スライドを仕上げ、選考会を経て選ばれた5人がプレゼンを行いました。

 

_MG_2019

プレゼンテーションを行った後は福原さんと毛原先生から感想とアドバイスをいただきます。

実際に現場で活躍されている方とのディスカッションということで、発表者も発表を見守る学生もいつも以上に熱が入っているように感じました!

 

_MG_2048

_MG_2046

_MG_2035

TV業界を経てインターネット業界に活躍の場を移された福原さん。

人々の生活がSNS中心になってきた今、新しい考え方持った若い世代の人々と向き合っていき、時には自分の今まで培った経験も活かしていきたいと言う福原さんの柔軟な姿勢に、これからのメディアのあり方ついて考えさせられる講義となりました。

近い将来にデザインという力を使って社会へ発信をしていこうとする学生には、貴重な体験となったようです。

福原伸治さん、この度は有意義な講義を本当にありがとうございました!

 

 

~講師プロフィール~

福原伸治氏

BuzzFeed Japan株式会社 動画統括部長

元株式会社フジテレビジョン報道局 メディア担当局長

代表的な演出番組に、

科学情報番組『アインシュタイン』(1990年)

子ども番組『ウゴウゴルーガ』(1992年)

史上最強ベストヒットアニメ紅白歌合戦’981998年)等。

 

 

スタッフ ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

  • LINEで送る

2018年8月21日  授業風景

【情デの授業】一年生みんなで「カレーライス」を作ってみた。。?

 

みなさん、こんにちは。

ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年の高むいです。

 

8月になったこともあり、夏休み中の方も多いと思います。先日大学では夏期コミュ

ニケーション入試が行われました。受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした!
私もこの入試で合格したひとりですが、もう一年も経ったかと思うと時間の流れは

早いなあ…なんて思います(笑)

 

 

それはさておき、このブログのタイトルを見た人の中には「情報デザイン学科って

合宿でもするの!?」なんて思った方もいるかもしれません。
残念ながら合宿はしないのですが、わたしたち一年生は自分の名前のイニシャルを

デザインし、ロゴを制作しました。

 

この課題が一年生にとっての初めての制作だったのですが、はじめにアイデアス

ケッチの紙にそれぞれ好きなようにデザインしたロゴをいくつか書き出していきま

した。

 

tsutae initial3

すると、それを見た丸井栄二先生は、

「いまのみんなのロゴデザインを【カレーライスをつくること】に置き換えると、

勝手にスパイスを足して自己流にアレンジしたり、カレーライスを食べてもらう人

のことを考えていないデザインになっているね。情報を伝えるデザインにするため

にも、いまのデザインから引き算をして、カレールーのパッケージに記されている

レシピの通りにつくり始めることが重要だよ」

 

と、わたしたちに言いました。

 

それを聞いた私たちは、自分の好きなようにデザインするのではなく、丸井先生に

言われたようにもう一度ブラッシュアップ(より良くすること)をして、最終的に

はシンプルで受け取る側にも伝わりやすいロゴが完成しました。

 

tsutae initial 5

こうして完成したロゴデザインは作って終わり…にはせず、

封筒の制作やシルクスクリーンでのトートバッグ作りにも展開しています!

 

トートバッグ4

無事終えた初めての課題でしたが、慣れないパソコンを使った作業や、受け取る側

のことを考えたデザインをすることはとても新鮮でした。

 

これから一年生は【京造ねぶた】の制作に本格的に取りかかることになりますが、

この「受け取る側のことを考えたデザイン」というのは、きっとねぶたの制作にも

活かせると思うので、今回学んだことを忘れずにこの夏を過ごしたいと思います!

ちなみに、完成したロゴデザインは智勇館のエントランスに展示されているので、

まだ見たことないという方はぜひ見に来てください!

 

tsutae initial2

それではみなさん、良い夏休みを〜♪

 

 

 

 

 

【Tsutae 取材班】

 

高 むい(ビジュアルコミュニケーションデザイン 1回、四條畷学園高等学校 出身)

高橋 和奏(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1回、京都府立桂高等学校 出身)

高瀬 蘭舞(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1回、京都市立銅駝芸術工芸高等学校 出身)

柴田 真衣(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1回、京都府立西城陽高等学校 出身)

中山 阿美(イラストレーションコース1回、大阪府立春日丘高等学校 出身)

 

1 2 3 26

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。