映画学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月16日  ニュース

西尾孔志監督『ソウル・フラワー・トレイン』ドイツにてプレミア上映!

当学科非常勤講師である西尾孔志先生の監督最新作『ソウル・フラワー・トレイン』が
ドイツ・フランクフルトの映画祭《ニッポン・コネクション》にてプレミア上映されました。
チケット完売の満席の上、上映後も拍手が起こるという大盛況でドイツの観客に迎えられました。

 

ドイツ写真

 

 

映画『ソウル・フラワー・トレイン』は 8月31日(土)より東京・新宿K’sシネマを皮切りに全国公開の予定です。

(関西での上映情報は決まり次第お知らせします)

 

『ソウル・フラワー・トレイン』

監督:西尾孔志

原作:ロビン西

主題歌:少年ナイフ「Osaka Rock Cirty」

 

出演:平田満  真凛  咲世子

大和田健介 駿河太郎 大谷澪 楠見薫 和田めぐみ 入矢麻衣 楠見薫 和田めぐみ 入矢麻衣

浅野彰一 中村真利亜 清水かおり 山根千佳 細川博司 安藤匡史 信國輝彦 小沢和之

 

脚本:上原三由樹 西尾孔志 プロデューサー:前田和紀 巴山将来

撮影:高木風太 照明:中川のどか 美術:塩川節子 録音:松野泉

編集:上原拓治 助監督:馬杉雅喜 制作:伊賀裕一 メイク:奥村裕子

 

公式ホームページはこちら

 

SFT表

 

 

  • LINEで送る

2013年6月12日  授業風景

ゼミ授業 着物の着付け実習

今週の2回生「映画ゼミIA(井上・小川ゼミ)」は着物の着付けを行いました。
映画学科にある着物をすべて出してきて、時代劇を撮影するための第一歩です。
特別講師の藤間綾香さんに、一人で着物が着られるように指導して頂きました。

 

imageimage のコピー【映画】着付け実習3
ほとんどの学生が着物は初めてで悪戦苦闘していましたが、何とか着られるようになりました。
ちょっと見栄えは悪いですが、それはこれからの練習次第。

 

【映画】着付け実習4

 

来週からは着物を着てテスト撮影が始まり、台本の改訂が続きます。
夏の本番撮影が楽しみになってきました。

  • LINEで送る

2013年6月5日  ニュース

速報!!『カミハテ商店』受賞!!

昨日カザフスタンからの連絡で「北白川派」作品=山本起也監督『カミハテ商店』が「第11回アルマティ国際映画祭」で「デビュー部門」の長編劇映画最優秀作品賞を獲得しました。

 

0605-3

 

「インターナショナルコンペティション部門」にノミネートされ、現地映画祭に招待されている山本監督からの報告です。

 

0605-1

 

詳細は監督が帰国してから改めて報告させていただきます。

作品内容は『カミハテ商店』オフィシャル・サイトをご覧下さい。

 

0605-2

 

山本監督以下、キャスト、スタッフの皆様おめでとうございました。

 

 

  • LINEで送る

2013年6月3日  授業風景

「映画演技Ⅳ」鈴木卓爾監督授業

今秋『楽隊のうさぎ』公開を控える鈴木卓爾監督の「映画演技Ⅳ」の授業で、

先週末、下鴨の出町三角州へ撮影に行って来ました。

0602-1

 

この授業は学生が自分たちの演技を撮影し、かつ編集をすると言う画期的な内容です。

 

0602-3

 

今回のロケーションでは一度に4台のカメラを廻しました。

 

0602-2

 

編集が大変ですが、どうなることやら愉しみです。

 

  • LINEで送る

2013年6月1日  授業風景

映画ゼミIA 東映京都撮影所見学

2013年5月29日

 

2回生の「映画ゼミIA(井上・小川ゼミ)」は、東映京都撮影所を見学いたしました。

制作部次長の高橋剣さんに案内していただき、第一試写室、技術会館ダビングルームと回り、

35ミリフィルムでの仕上げ作業、上映の歴史の説明を受けました。

 

130529_技術会館

 

時代劇を製作するゼミとしては、最も興味あるカツラと衣装。

続いて、俳優会館内にあるメーク室、結髪室、衣装倉庫と回りました。

 

130529_結髪室

 

130529_結髪体験

 

俳優コースの二人が、それぞれ網のカツラ、七分のカツラを、結髪担当者の福本るみさんに付けてもらいました。

 

 

130529_小道具倉庫1

130529_164323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、小道具倉庫のきちんと整理された山のような宝物たちを見て、

武家屋敷のセット、町家のセット、現代劇のセット、最後はオープンセット(東映太秦映画村)と視察しました。

思わず学生の中から「作りたい!」と叫び声も出ました。

 

130529_映画ゼミIA

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。