情報デザイン学科

2013年11月

  • LINEで送る

2013年11月5日  ニュース

面白いビジュアルを考える!領域総合演習で合評がおこなわれました!

 

この授業での課題は、自由な発想からB1サイズのビジュアルへ形にすることです。

ただし、そのビジュアルは

「インパクトがあり、面白く、今までに見た事がないもの!」という事が条件でした。

まったく縛りのない上に、クオリティーを求められる課題です。

 

私達はまず、アイディア出しから作業を始めました。

最初は60案出すことからスタートです。この60案から自信のある3案をラフで制作。

そしてその3案から、1案に絞り本制作に入ります。

 

合評01

合評では、それぞれのセンスが出た作品が並びました!

クライアントやターゲットなど、通常のデザインとは違う規定のないものであるため、

皆の持っている世界観が試された課題だったと思います。

 

合評04

 

合評06

 

合評02

 

最後に先生から、

「仕事としてデザインをしていても、自分の世界観を知っておく事は大事だ。」

と話していただきました。

今の学生は、自由に制作して良いのに、自分で規定を作って縛っている傾向があるので

この授業のような、作品作りは良い経験であり、

授業以外でも継続してやって行けたらなと思いました!

 

合評03

コミュニケーションデザインコース

3年生 吉田

1 2

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。