映画学科

2016年5月

  • LINEで送る

2016年5月18日  ニュース

吉川鮎太監督作品『Drill&Messy』の上映情報

4回生製作コースの吉川鮎太さんが去年ゼミで監督した作品『Drill&Messy』が、「MOOSIC LAB 2016」 開催記念特集で東京と名古屋で上映されます。

 

02

 

【MOOSIC LAB 2017 DIRECTORS?】
新宿K’sシネマにて
5/22(日)21:00〜『Drill & Messy』(破れタイツ出演)+『101回目のベッド・イン』
上映後(吉川鮎太、サーモン鮭山) 舞台挨拶
 

【SPOTTED758】
名古屋シネマスコーレにて
6/4(土)より特殊特集上映企画
6/8(水)『Drill & Messy』(破れタイツ出演)+『101回目のベッド・イン』

 

【あらすじ】
女の体に様々な物を塗り付け汚す事に快楽と美を感じている男、雪緒はある日、彫刻室で一心不乱に、石膏像を破壊している女・真衣に出会う…。
 【出演】 佐々木詩音・吐山ゆん(破れタイツ)
劇団子供鉅人・西本マキ(破れタイツ)他
 

『Drill&Messy』予告編
※年齢制限あります。

 

03

 

機会がありましたらぜひご覧下さい。

 

また吉川鮎太さんは今期卒業制作の監督もしていて現在準備中です。

こちらも期待していてください。

  • LINEで送る

2016年5月17日  ニュース

俳優コース卒業生・土村芳さん、10月からのNHK朝ドラに出演決定。

京都造形芸術大学 映画学科 俳優コースを、2013年3月に卒業した土村芳(つちむら・かほ)さんが、今年10月にスタートするNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」に、ヒロインの女学生時代からの友人という大役で出演することが決まり、本日発表されました。

 

黒木華さんや大西礼芳さん、上川周作さんなど、映画学科から続々と才能が開花している様に気持ちが熱くなります。

みなさまもどうぞ応援くださいますようにお願いいたします。

 

毎日新聞ニュース「連ドラ初レギュラーで大役つかむ」

 

NHK朝ドラ『べっぴんさん』高良健吾、菅野美穂、ももクロ百田ら豪華出演者が発表

 

 

 

main02

 

土村さんインタビュー記事「大学で初出演したあの時の、新鮮な気持ちを忘れない。」

  • LINEで送る

2016年5月12日  授業風景

銅金裕司先生の2回生ゼミ

今期より現代美術の分野で「生命論」を展開する銅金裕司先生が、映画学科の2回生ゼミを担当されています。

 

IMG_9486 のコピー

 

主に「創造学習センター」での授業を受け持っておられる銅金先生を映画学科にお招きしたのは、映画制作の上で既成の概念を打ち破り、新しい発想、多角的な視点を持たなければならないと言う試みです。

 

IMG_8965 のコピー

 

本日のゼミ内ではシナリオを完成に向かわせる前に、個人個人でインスタレーションを作成してはどうかと言う提案をされ、それに関する解説などを熱心になされました。

 

IMG_8961 のコピー

 

この銅金先生が参加するゼミでの試みがどのような形となって作品に表れるのかとても楽しみです。

  • LINEで送る

2016年5月7日  ニュース

叶 絵里奈さんのテレビ出演情報

俳優コース卒業生の、叶 絵里奈さん(6期生・「グレース芸能プロダクション」所属)が、

5月13日よりスタートする、NHKBS時代劇『立花登 青春手控え』に出演します。

 

IMG_1372

 

 

mainimage

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番組情報の詳細はこちら https://t.co/NMt7vdSrGj

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。