映画学科

イベント

  • LINEで送る

2016年5月26日  イベント

「特集上映 佐藤真の不在を見つめて」北小路先生トークショーあり!@立誠シネマ

5/28(土)より開催される「特集上映 佐藤真の不在を見つめて」(於:立誠シネマ)にて、
北小路隆志先生のトークが行われます。

 

佐藤真チラシ表

佐藤真チラシ裏

 

 

*「特集上映 佐藤真の不在を見つめて」について
90〜00年代、《日常》と《不在》にこだわり、潜む闇をじっくりとあぶり出したドキュメンタリー映画作家、佐藤真。
公害問題と日常、「障害」とは、アートとは何か、グローバリゼーションに抗うこと、そして映像のもつ根源的な力とは——。
不穏な時代のうねりを前に「世の中を批判的に見る目を持て」と、佐藤は映像と文章で、私たちの眠った感覚を刺激しました。
佐藤が世を去って9年。書籍『日常と不在を見つめて—ドキュメンタリー映画作家・佐藤真の哲学』(里山社)の刊行を記念して、東京・神戸に続き、佐藤が教鞭を執った京都でも特集上映を開催します。

 

【上映期間】
2016年5月28日(土)〜6月3日(金)
1日2プログラム上映(スケジュールの詳細はこちら:http://risseicinema.com/movies/16039)

 

【上映作品】 佐藤真監督作品6作+関連作品3作

『阿賀に生きる』(監督:佐藤真/1992年/阿賀に生きる製作委員会)★16mm上映
『まひるのほし』(監督:佐藤真1998年/「まひるのほし」製作委員会)
『SELF AND OTHERS』(監督:佐藤真/2000年/ユーロスペース)★16mm上映
『花子』(監督:佐藤真/2001年/シグロ)
『阿賀の記憶』(監督:佐藤真/2004年/カサマフィルム)★16mm上映
『エドワード・サイード OUT OF PLACE』(監督:佐藤真/2005年/シグロ)

『おてんとうさまがほしい』(撮影・照明:渡辺生/構成・編集:佐藤真/1994年/おてんとうさまがほしい制作委員会)
『星の文人 野尻抱影』(演出:佐藤真/撮影:柳田義和/2002年/紀伊國屋書店学問と情熱シリーズ)
『テレビに挑戦した男 牛山純一』(企画:佐藤真/監督:畠山容平/2011年/NPO法人映画美学校 牛山純一研究委員会)

 

【トーク開催】
上映期間中、書籍を編集された里山社代表の清田麻衣子さんをはじめ佐藤真監督と関わりの深い多彩なゲストを迎えてトークを開催します。
書籍・上映・トークの3つを併せてお楽しみください。

 

▪︎5/28(土)14:30〜
  旗野秀人さん(『阿賀に生きる』製作発起人)
  清田麻衣子さん(里山社代表)トーク

▪︎5/29(日)14:10〜
  村川拓也さん(演出家、映像作家)
  今野裕一郎さん(映画監督、演出家)
  清田麻衣子さん(里山社代表)トーク

▪︎6/3(金)14:10〜
  北小路隆志さん(映画批評家、京都造形芸術大学映画学科准教授)
  八角聡仁さん(批評家、近畿大学文芸学部教授)トーク

 

佐藤真監督と同僚として接し、批評家として作品を観続けてきたきた北小路さん、八角さん。
一連の佐藤真監督作品についての総論、亡くなって9年が経過した中での思い等を最終日にお話しいただきます。ぜひ足をお運びください。

 

「特集上映 佐藤真の不在を見つめて」
http://risseicinema.com/movies/16039
トークの詳細はこちら:http://risseicinema.com/archives/16836

関連記事

<576577578579580>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。