映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年5月27日  授業風景

メイクアップ技術で、花嫁ゾンビになる。

映画・ドラマのメイクを学ぶ授業「映画技術Ⅵ」が始まっています。

この授業は昨年度までなかったもので、学生からの要望の声が高く、今年度より実現しました。

講師のこやまあやこ先生の指導のもと、制作コース・俳優コースの学生らが一緒になってメイク技術を学んでいます。

 

 

IMG_0558

 

5月19日、本日のテーマは、「花嫁」。

俳優は、衣装を着てメイクを施される事によって、役の人物へアクセスするスイッチが入ります。

メイクは役者にとって、撮影前の重要なプロセスであることをみんなで学びます。

 

IMG_0604

 

 

しかし、今回の授業は花嫁メイクにとどまらず、更に、、、。

 

IMG_0619

 

みんな、花嫁のゾンビのメイクになりました。

メイクは、異界へと観客を連れて行く、フィクションのリアルを手に入れる手段でもあるのです。

 

IMG_0646

 

 

 

 

 

関連記事

<575576577578579>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。