映画学科

2016年12月

  • LINEで送る

2016年12月9日  授業風景

1回生「映画演技ⅦD」ボイトレ授業風景

今期より1回生向け「映画演技ⅦD」のボイス・トレーニングの授業は広田由佳先生が担当されていますが、「稽古場B」で行なわれている先週の授業におじゃまさせていただきました。

 

IMG_3025 のコピー

 

先ずは腹筋、背筋、体幹などのフィジカル・トレーニングを行い、その後で発声をして行きます。

 

IMG_3096 のコピー

 

この日1回生たちは男女ペアになり、ディズニー映画『アラジン』の挿入歌「ホール・ニュー・ワールド」を練習しました。

 

IMG_3151 のコピー

 

みんな身振り手振りを添えて感情たっぷりに歌い上げていました。

 

IMG_3161 のコピー

 

金曜日の午後はいつも「稽古場B」から元気な歌声が聞こえて来ます。

 

IMG_3059 のコピー

 

来年1月には「ボイトレ合評公演」を予定していますので、高原校舎Aスタジオまでぜひ見に来て下さい!!

  • LINEで送る

2016年12月9日  ニュース

クリスタルパレス国際映画祭参加報告!

ドラマ出演や舞台など多方面で活躍中の映画学科俳優コース3年生の辻凪子さんより、先月ロンドンで開催されました、クリスタルパレス国際映画祭の様子を送っていただきました。

image3

辻さんの監督作品「ゆれてますけど。」は12月19日にコメディー部門にて上映されました、この日は映画祭最終日で、授賞式なども控えていた為、会場には300人を超える観客が来場していたそうです。

「残念ながら賞は逃しましたが、300人の笑いと盛大な拍手をいただけました!」とのこと。

image4 image5

プレゼンターをしていたイギリスで有名なコメディアンのマーク・スティールさんです!

image2

image6 image1 image7

映画祭に参加されている各国の映画関係者たちからも、沢山声をかけていただけたそうです。

 

以上、辻さんのクリスタルパレス国際映画祭参加のご報告でした!

 

 

 

  • LINEで送る

2016年12月8日  ニュース

上川周作さん出演『サンバイザー兄弟』大阪公演は本日より!

俳優コース卒業生の上川周作さん(5期生・大人計画所属)が出演する、宮藤官九郎さん作・演出、大パルコ人③ステキロックオペラ『サンバイザー兄弟』が、東京サンシャイン劇場での公演に引き続き、本日12月8日より12月18日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演されます。

仙台公演は、仙台サンプラザホールにて12月21日から23日まで、上演となります。

 

sanba1_01

sanba2_01

 

プロデュース・製作 (株)PARCO 大人計画

作・演出 宮藤官九郎

音楽 上原子友康(怒髪天)

出演 瑛太、増子直純(怒髪天)、三宅弘城
   皆川猿時、清野菜名、少路勇介、よーかいくん
   篠原悠伸、上川周作、宮藤官九郎、りょう

 

大人計画公式サイト『サンバイザー兄弟』ページはこちらです。

PARCOSTAGE『サンバイザー兄弟』ページはこちらです。

 

0121

 

「北白川派」製作、福岡芳穂監督作品『正しく生きる』に出演し、「森優樹」役を演じた上川周作(5期生)さん。

上川さんは去年卒業してから、「大人計画」に所属し、活動の場をテレビ・舞台・CM等に広げています。

「ジャパネット」企業CM「Good for you」の「つながる」篇に出演し、

今年4月には、東京「本多劇場」での「大人計画」の舞台『あぶない刑事によろしく』に出演しました。

 

次回の出演者情報もお楽しみに!

 

  • LINEで送る

2016年12月5日  ニュース

辻凪子さんが、朝ドラ『べっぴんさん』にプチ出演

3回生・俳優コースの辻凪子さんが、NHKの朝ドラ『べっぴんさん』に少しだけ出演します。

今週(第10週)木曜日放送の回、大急百貨店の子連れのお客さんの役で、一瞬かもしれないとのことです。

 

スクリーンショット 2016-12-05 11.31.16

 

辻凪子さんです。

収録現場で、『べっぴんさん』出演中の、村田君枝役・土村芳さん(俳優コース卒業3期生・ヒラタオフィス所属)にもお会いしたようです。

 

7up

 

最近はロンドンのクリスタルパレス映画祭に、短編ゼミ監督作品『ゆれてますけど。』をひっさげ参加したりと、活躍中の辻凪子さんですが、俳優として参加する舞台も、只今稽古中のようです。

間 寛平さんが主宰となり、旗揚げ公演が行われる、『劇団間座・恋の虫』。

こちらは、12月24日・12月25日、大阪HEPHALLにて上演されます。

詳しくはこちらの公式サイトへ。

 

55df1fa9704c62e94dd7611dbce04368

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年12月2日  ニュース

阪元裕吾監督作品『べー。』が学生残酷映画祭にてグランプリ受賞!!

大学生、専門学校生による、流血や人体破損等の残酷描写がある映画を募集し、上映するという自主制作スプラッター専門映画祭「学生残酷映画祭」において、映画学科制作コース3年生の阪元裕吾君の脚本・監督作品「べー。」がグランプリを受賞しました。

IMG_8737

11月20日(日)に行われました上映会において、残酷映画でありながら感動的な恋愛映画でもある点などが審査員の方々から高い評価を得、満場一致でのグランプリ受賞となりました!

阪元監督は同期のメンバーを中心としたスタッフ・キャストと、この映画祭に向け準備をし、撮影に臨んだとのこと。

それゆえに、グランプリ受賞の喜びも一入だったことと思います。

IMG_8738

ちなみに、本映画祭でのグランプリ選出は、3年ぶりだそうです。

IMG_8730

上映会・受賞の様子は公式Twitter、Facebookでご覧いただけます。

公式Twtterアカウント:https://twitter.com/gakusei_zankoku

公式facebookページ:http://www.facebook.com/gakusei.zankoku

 

さまざまな発信の場を求め活動する、若い監督たちにご期待下さい!

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。