映画学科

2017年1月

  • LINEで送る

2017年1月17日  ニュース

アクション公演『ワイト-惨めな人間-』21日と22日!

2回生の殺陣公演に引き続き、21日と22日、3回生(8期生)が中心となってお送りするアクション公演が、京都造形芸術大学の瓜生山キャンパス内にて行われます。

 170110_0005

 

A4_表1 のコピー

 

アクション公演『ワイト-惨めな人間-』

時:2017年1月21日(土)・22日(日)両日17時開演

処:京都造形芸術大学瓜生山キャンパス・直心館J41にて!

(※映画学科のある高原校舎ではなく、瓜生山キャンパスです。)

瓜生山キャンパス案内図はこちらです。

 

A4_裏1 のコピー

 

170110_0006

 

『ワイト-惨めな人間-』は、映画演技VIIでアクションの演技を学んだ3回生の有志を中心に、アクション演技の発表の場を作りたいとの3回生・北村勇気さん(企画・脚本・演出・舞台監督・主演の5役)の発案で、公演準備がスタートしました。

現在、本番まで一週間を切り、連日の稽古は最後の大詰めを向えて、シャープな身のこなしや、共演者との間合いの精度と呼吸を研磨する時間が続いています。 

 

写真右が、北村勇気さん。

 

C1xssdNUAAAILNH

170110_0004

 

映画演技VII講師の東山龍平さんも、稽古の様子を観に来られ、アクション指導をしていただきました。

C2DFpSsUkAERmgB

 

今回、振り付け師・ダンスパフォーマーとして活躍中の渡辺彩香さんにも稽古場へお出でいただき、振り付けのアイディアやフォーメーションをご指導いただきました。

C2DGpmCVQAAjU04

 

この公演には、昨年4月に入学した1回生(10期生)の希望者も参加しています。

現在ダンス場面やアクション場面を猛特訓中です。

俳優コース10期生としては、今回が演技をお客さんに見せる初舞台となります。

 

170110_0007

 

 『ワイト-惨めな人間-』は、入場無料のカンパ制です。

2017年1月21日(土).22日(日)両日17時開演 京都造形芸術大学J41にて!

ご予約はこちら→2016eigaengi7@gmail.com

どうぞ、俳優コース有志アクション公演『ワイト-惨めな人間-』にご期待下さい。

 

170110_0002

  • LINEで送る

2017年1月17日  ニュース

竹内祐一くん参加作品!『あったまら銭湯』『Amazonオリジナル ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』

製作コース3回生の竹内祐一くんが参加した、『あったまら銭湯』『Amazonオリジナル ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』の情報を公開します!

 

【1】映画「あったまら銭湯」京都上映
日時:2017年1月20日(金)~22日(日)
※上映時間は日により異なります。詳しくはホームページ(後述)を参照ください
 会場:Lumen gallery(ルーメン・ギャラリー)
 住所:京都市下京区下鱗形町543有隣文化会館 2F
<出演>
笹野高史 松原智恵子 ささの堅太 中尾萌那
コザック前田 山本聡 桑原康伸 田嶋悟士 春田純一
主題歌:ガガガSP「時代はまわる」
監督:大継康高
助監督:竹内祐一
製作:海の映画館をつくろうプロジェクト実行委員会
制作:株式会社海空
昨年春に、全編淡路島でのロケを行い、竹内くんがチーフ助監督をつとめました。
他にも美術チーフに同じく三回の大野賀世さん、撮影/制作に三回生の学生たちが多く参加しました。
昨年淡路島のみ上映を行い、3000人を超える方に見て頂きました。
今回がはじめての島外上映になります。
【2】Amazonオリジナル ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA
配信日:毎週月曜日に配信中(現在4話まで公開中)
話数:12話
製作:円谷プロダクション
<出演>
石黒英雄 青柳尊哉 福田沙紀 前川泰之 榎木孝明 和泉元彌
つるの剛士 杉浦太陽  文音 渋谷飛鳥 古原靖久 宮﨑香蓮 湯江健幸
監督:小中和哉 おかひでき
シリーズ構成:小林弘利 林壮太郎 小中和哉
公式サイト:http://m-78.jp/orb/saga/
TVシリーズ「ウルトラマンオーブ」の前日譚。amazonプライムビデオ配信限定の作品になります。
この作品では制作進行見習いとして、特撮/ドラマパート共に関わりました。
あったまらポスター
ultraman orb the origin saga
  • LINEで送る

2017年1月12日  ニュース

映画演技V殺陣公演『白昼の宿』15日開演!入場無料!

来る1月15日、京都造形芸術大学高原校舎Aスタジオにて、学生による殺陣公演があります!

ただいま本番に向けて絶賛稽古中の様子をレポートします。

 

『白昼の宿』

1月15日14:30開場15時開演

京都造形芸術大学高原校舎Aスタジオにて

 

i_sxjbz-

j1if_2jH

zmgRyp2k

 

『白昼の宿』は、映画演技Vで殺陣を学んできた2回生をはじめとした学生達が行う、殺陣劇です。

日本の殺陣師としては屈指の存在と言われる、俳優の峰蘭太郎先生指導の元で学んできた、迫真の殺陣芝居の合評の場となる本公演。

本番まであと三日、みんな毎日殺陣の練習に励んでいます!

 

殺陣指導にあたる、峰蘭太郎先生です。

ToQqEinQ

 

入場は無料です。

学外の方も是非お越し下さい!

ご予約はメールにて承っております。 お名前、フリガナ、枚数、電話番号を明記の上2016eigaengi5@gmail.comまで!!! お待ちしております!!

殺陣公演『白昼の宿』twitterアカウントはこちらです。

 

uUp5fZz4

4q3SwhXG

  • LINEで送る

2017年1月10日  ニュース

2016年度卒制合評が行なわれました

2017年の最初の行事「卒制合評」が8、9日の2日間に渡って高原校舎のAスタジオで開かれました。

 

IMG_6142 のコピー

 

2016年度の卒業制作作品は以下の通りです。

 

【執筆系】

 雨森みすず『ささくれ』

 長谷川舜『TAROを探す』

 宮田英真『立待月』

 吉川鮎太/岸天智『LIBIDO』

 松本英里子『わかば』

 中谷天斗『追憶ノ在処』

 垣内美咲『ペリリューと少年と』(以上シナリオ)

 宋其正『小津作品のミニマリズムとリアリズムについて』(評論)

 長谷川紫『『裏窓』の「実用的」な衣裳』(評論)

 

IMG_5807 のコピー

 

【映画制作】

 宝来組『ランジェループ』

 金山組『アンシャン=レジスタンス』

 松尾組『アップダウンドリーマー』

 米倉組『たおやかに死んでいる』

 

【上映運動】

 HOLE 『映画学科7期生の認知に向けて』

 

IMG_6289 のコピー

 

今回はゲストに中村義洋監督(『アヒルと鴨のコインロッカー』、『殿、利息でござる!』など)、配給会社『ムヴィオラ』代表の武井みゆきさん、撮影監督の鈴木一博さん(『海を感じる時』、『秋の理由』など)をお迎えしました。

 

IMG_6202 のコピー

 

この日も2,3回生ゼミ合評と同じく他回生のためにBスタジオに中継され質疑応答もなされました。

 

IMG_5931 のコピー

 

先生方、ゲストの方々、同じ4回生の仲間たち、下回生たちから様々な意見、感想、及び批判等が出されました。

 

4回生たちはこれをもってさらなるブラッシュアップを図り、来月末からの卒展に各自挑んで行きます。

 

IMG_6405 のコピー

 

2月25日(土)から3月5日(日)までの「2016年度京都造形芸術大学卒業展」では、映画学科は例年開催していた高原校舎を離れ本学キャンパスの「望天館」で行います。

 

上映スケジュール等詳細が決定次第お知らせして行きますので、どうぞご期待下さい!!

 

「HOLE」twitter→

「京造卒展」twitter→

「京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展」facebook→

 

 

 

  • LINEで送る

2017年1月8日  ニュース

本日!伊藤祥監督『愛のマーチ』京都・立誠シネマ上映!

音楽アーチストと新進気鋭の若手監督とのコラボが話題の映画祭、『MOOSIC LAB2016』

1月7日より、京都・立誠シネマプロジェクトでの上映が始まりました。

そして、本日(8日)卒業生の伊藤祥さん(俳優コース・五期生・リガメント所属が卒業と同時に監督した、『愛のマーチ』が上映されます。

『愛のマーチ』の撮影は2016年の春休みに京都造形芸術大学周辺を中心に行われ、映画学科の卒業生・在校生のみなさんがスタッフキャストとして参加しました。

 

スクリーンショット 2017-01-08 0.16.43

041

 

『愛のマーチ』

出演:伊藤 祥、上川周作、土居志央梨、宇野祥平、前田晃男、水上竜士、ぽみたん、はるたむ、えりもっこり、みゆぴょん

監督・脚本・編集:伊藤祥|音楽:笹口騒音オーケストラ|撮影:米倉伸|照明:上久保南海、藤井光咲|録音:斎藤大貴、篠原茉莉

<<ストーリー>>
『異性編』サイレント映画。
600 年生きるバンパイア。長い間一人孤独に暮らしている。 ある日バンパイアの前に現れたのは、ピチャヌマという写真たてに閉じ込めら れた怪物。 ピチャヌマとの出会いから、バンパイアの孤独な日々が終わり、二人の生活が 始まる。そして二人の間に愛が生まれたのだが・・・『友情編』実写&アニメーション映画。 ニートの男、守。電話をしながら道を歩いていると、目の前に鹿が現れる。 そして鹿の肛門から口が出てきて守の下半身を食べてしまう。 気がつくと守と鹿の体がくっついていた・・・そして・・・『自己編』ドキュメンタリー映画。 ドローンで遊んでいた、ガングロギャル四人。目を覚ますと何故か 無人島に漂流していた。そして独りでに動くドローン。4人のサバイバル生活が始まる。

(MOOSIC LAB公式サイトより転載)

 

02

 

そして、『愛のマーチ』は、伊藤祥さんと笹口騒音オーケストラとのコラボで生まれた映画。

メランコリックさとファンキーが入り混じる、伊藤祥さんと笹口騒音ハーモニカさんとの世界が爆発します!

是非、元立誠小学校跡地の立誠シネマプロジェクトにおいでください。

上映は、19時20分から!

 

index_main-img160422

 

立誠シネマプロジェクトでの『MOOSIC LAB2016』の上映期間は1月7日(土)から13日(金)です。

 

伊藤祥監督の卒業制作である前作、『いろんなにおいのワカモノだ』の予告編もご覧下さい!

 

itosho-050

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。