映画学科

2017年4月

  • LINEで送る

2017年4月18日  ニュース

渡邊真帆さん、22日放送のフジテレビドラマに出演!

4月に映画学科から旅立ったばかりの俳優コース卒業生・渡邊真帆さん(7期生・zacco所属)が、ドラマ土曜プレミアム「ドラマ・ミステリーズ〜カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊〜」に、高校生クラスメイト役で出演しました。放送は4月22日(土)21時から!

 

 

c5079093fd74a4e0b0a92f12e35ed2631渡邊真帆さん

 

 

「ドラマミステリーズ〜カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊〜」は、「日本全国のカリスマ書店員たちがとっておきの短篇として胸に秘めていた」珠玉の短編ミステリー小説が原作の、三編のオムニバスドラマです。渡邊真帆さんが出演したのは、そのうちの一編『恋煩い』(土屋太鳳さん主演・北山猛邦さん原作)で、主人公の高校時代のクラスメイトの役のようです。

監督は、オムニバスの三編とも映画監督としても多数の名作を作り続ける、犬童一心監督。

渡邊さんがどのような役でどのくらい登場するのか?非常に楽しみです。

main

土曜プレミアム「ドラマ・ミステリーズ〜カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊〜」

土屋太鳳さん主演『恋煩い』(フジテレビ系)

4月22日(土)21:00〜23:10オンエア  公式サイトはこちらです。 → http://www.fujitv.co.jp/mysteries/

KUAD映画学科HPニュースでは、映画学科卒業生の活躍を随時ニュースとして紹介していきます。

今後も、映画学科から旅立った皆さんの活躍にご注目ください!

  • LINEで送る

2017年4月16日  ニュース

前期授業がはじまりました!

12日から映画学科の授業がスタートしました。4月から映画学科に入られた新一回生をはじめとする皆さんは、基礎IX(キソキュウと読みます。)の一回目の授業からスタートしました。

IMG_3320

午前中は、水上先生による修学素養ガイダンスが行われ、映画学科で学ぶ上での取り組み方について、講義が行われました。

IMG_3498

午後からは、脚本家の安倍照雄先生による脚本の授業でした。映画の最初の源となる「脚本」とは何か?基本的な脚本の捉え方と書き方を知り、実際にひとりひとりが原稿用紙に、脚本を書いてみました。

IMG_3579

IMG_3777

やがて俳優コース生の手によって、実際に脚本を読み演じてみる試みが行われました。30分の時間の中で、中庭で自分たちの書いた脚本を読み演じてみる練習が行われ・・・。

IMG_3808

IMG_3900

書かれた台詞とト書きを発表していきます。書かれた言葉が声となり形を作っていく過程を、短時間に全員で体験しました。

基礎IXでは、これから7月までの時間をかけて、映画製作の基礎を実際にひとりひとりが準備と撮影実習を経て、体験していきます。

IMG_3891

IMG_3867

  • LINEで送る

2017年4月12日  ニュース

土村芳さん出演中、新ドラマ『恋がヘタでも生きてます』

NHK「べっぴんさん」出演の記憶も新しい、土村芳さん(俳優コース卒業生・3期生・ヒラタオフィス所属)が、4月6日スタートしたドラマ『恋がヘタでも生きてます』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演しています!放送は、毎週木曜日の深夜23時59分からです。

 

main02

koiheta

 

土村さんが演じるのは、スマホゲームプログラム会社の受付嬢で、ゲームプロデューサー・茅ヶ崎美沙(高梨臨さん)と同居する、親友・榎田千尋役です。

今週木曜日(4月13日)はその第2回目の放送になります。

詳しくは公式サイトをご覧ください。→ http://www.ytv.co.jp/koiheta/

 

土村さんをはじめ、映画学科を旅立っていた俳優コース卒業生のこれからも随時、映画学科ニュースでご紹介していきますので、ご期待ください!

  • LINEで送る

2017年4月9日  ニュース

映画学科へ入学おめでとうございます。

去る4月2日、とてもよい天候に恵まれた春の日、京都造形芸術大学の2017年度入学式が行われました。

映画学科の11期生となる新しい皆さんをこの日、お迎えできたことをとても嬉しく思います。

入学されました皆さん、おめでとうございます。

これからの4年間、映画という創作の道を歩きながら、好きなこと楽しいことそして未知であるものを、見据え、発見し、伸ばし、迷い、掴んでいく、そんな高原校舎での日々を、共に過ごすこととなります。

 

IMG_2513

IMG_2523

IMG_2514

IMG_2516

 

入学式の後に、映画学科でのオリエンテーションが行われました。

 

IMG_2569

IMG_2568

 

今年度からは、山本起也先生が学科長として就任されました。

(上写真)左から、嵩村裕司先生、北小路隆志先生、山本起也先生、副学科長の福岡芳穂先生、濱田俊輔先生、水上竜士先生、鈴木歓先生です。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

(上写真)そして新たに専任教員として、鈴木一博先生が就任されました。一博先生は、映画撮影全般を教えてくださいます。(そして、この映画学科ニュースを書いていますのが、昨年度から専任教員を勤めさせていただいています、鈴木卓爾です。今年度から鈴木という先生が三人になりました。)

 

IMG_2575

 

この一週間で、入学式、オリエンテーション、各種のガイダンス、履修相談会などが行われました。どんな授業を選び時間割を組んだらよいか?など、皆さんにとって、大変慌ただしい一週間だったと思います。そして、明日4月10日からは、いよいよ創造学習の授業が、水曜日からは映画学科の授業が始まります。映画学科では、入学された皆さんの4年間が、深く楽しく好奇心の尽きぬ歩みとなるよう、教員・上回生・研究室職員・ラボ職員・管理人の全員で、全力で応援していきたいと思います。皆さんにとって、自由に創造力と想像力とを大きく膨らますことのできる4年間になりますように!

 

このKUADプロダクション・映画学科HPニュースでは、学生の皆さんの授業の様子や活動を常にアップ更新していきたいと思います。

 

Exif_JPEG_PICTURE

IMG_2608

 

 

 

  • LINEで送る

2017年4月8日  ニュース

『いいにおいのする映画』テレビ西日本で今夜放送

4月1日に新作『はらはらなのか。』の全国公開が始まった、酒井麻衣監督(製作コース卒業生・4期生)の前作『いいにおいのする映画』が、4月8日(土)深夜25時45分より、TNCテレビ西日本で放送されます。

テレビ西日本「ドリームスペシャル・『いいにおいのする映画』」 → http://www.tnc.co.jp/program/detail/170408dreamsp/20170408

 

福岡をはじめ、九州近県の皆様、どうぞご覧ください。

 

iinioi

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。