アートプロデュース学科

2017年6月

  • LINEで送る

2017年6月12日  イベント

【オープンキャンパス】一日体験入学を行いました!!

みなさん、こんにちは。

6月11日(日)、京都造形芸術大学では第一回「1日体験入学オープンキャンパス」が開催されました。

この日、たくさんの高校生にご参加いただきました。どうもありがとうございました!

 

アートプロデュース学科では、「マンガでわかるアートの魅力」というワークショップ型の授業を開催。

他の参加者と1ページの漫画の読みあいを通して、「アート」って何?という疑問についてみんなで考えました。

IMG_1888

配布されたとある8コマのマンガ。この1ページのマンガを物語の内容、コマ・セリフの順番、登場人物の気持ちや関係性、状況などを意識して、描写の細部に渡るまでじっくりとまずはひとりで約20分かけて読み込みます。それぞれ考えたことや気づいたことを、マンガの余白にどんどん書き込んでいきます。新しく吹き出しを付け加えて、登場人物の感情を表現する高校生も!

個人で読み込んだ後は、各グループ同士で意見交換。自分が読んだ時と他の人とでどうマンガを読んだのか感想を述べ合いました。すると、登場人物の感情の捉え方の違いや、コマの読み順の違いなどそれぞれ物語の見え方や感じ方が他の人とは全く異なっていることに気がつきます。

IMG_2048

その後、それぞれで共有した複数の意見をまとめた上で、さらに議論しながらグループで新しく一つのストーリーにまとめていきました。

そして最後に全体で、この物語をどのように読んだのか意見を発表しあいました。

IMG_1897

参加した高校生たちからは、以下のような感想をいただきました。

 

8コマの作品でもたくさんの意味がつまっていることに気づけたし、面白かった。読み方も気づいた点もそれぞれ違ってディスカッションをするのが楽しかったです。

他の人の意見を多く聞けたことが良かったです。普段友達同士でここまで深く話し合うことがないので新鮮でした。

みんなが親しみやすい”まんが”というもので、みんなと色々な角度から斬り込められるのが良かったです!

初対面の人達と本当に自由に楽しく話すことができて、新しいものの見方をすることができた!深く様々なことを考えてみたいと思った。

周りのみんなと意見を出し合うことで、新しいものが生まれると思った。今まで考えていなかった何気ないことも何か意味があったのかもと考えさせられた。

 

などなど。たくさんの素敵なご感想、ありがとうございました!

この授業を通して、さまざまな解釈を増やしていくことで、作品の魅力や世界が広がっていく面白さ、物事をいろんな視点からみることの楽しさを体験できたのではないでしょうか。

今回はマンガをもとにした授業でしたが、アートプロデュース学科では絵画や演劇、写真、映像などのさまざまな作品を用いて、作品を「みる」力を養っていきます。次回もこうした「みる」という行為を通して、「アートで学ぶ」授業をお届けしますので、第二回1日体験入学OCにもぜひご参加いただけたらと思います!

アートプロデュース学科一同、みなさんと会えるのを楽しみにしています!

 

IMG_1855

 

体験授業のほか、OC時は学科別で個別の相談ブースも設けていますので、もっと詳しく話を聞きたい!アートプロデュース学科が気になる…という高校生は、次回ぜひ相談ブースも訪れてみてください。先生方がお待ちしています〜!

IMG_2102

【次回予告】

そして次回の1日体験入学OCは7月9日(日)!!

「見せ方ひとつで傑作に?」を開催します!この授業では、作品の可能性を引き出す「見せ方で魅せる」術を学びます。作品の作り手・鑑賞者の受け手のどちらも大切な、「伝えること」と「伝わること」の違いを理解します。

 

参加申し込みはまだまだ受け付け中です!ぜひぜひお気軽にご参加下さい〜

詳細はこちらから☞ OPEN CAMPUS 2017 1日体験入学開催!

 

 

asp

  • LINEで送る

2017年6月8日  授業風景

【授業紹介】プロフェッショナル研究(プロに学ぶ)〜作品を最高のかたちでみせる〜

  • 前回お届けした、「プロフェッショナル研究(プロに学ぶ)」の授業紹介第2弾になります!

5月31日(水)は、美術館や博物館の展示企画、会場設営を行う株式会社ゴードーの和田雅弘さんをお招きして、作品の展示方法を伝授していただきました。

 

「作品を最高のかたちでみせる」

IMG_1353

はじめに、展覧会が出来るまでに必要なことついて講義を行いました。

和田さんがこれまで携わってきた企画展示の紹介とともに、空間の演出方法や実際の展示作業の流れ、受注に至るプランニングなどを事例をもとにお話ししていただきました。

身近で行われる展覧会のお話も多く、普段展示空間からは伺えないアート界のお話に学生たちからは驚きの声が聞こえました。

 

 IMG_1382

講義のあとは、各自持ち寄った作品を用いて、各グループで小さな展覧会を企画するワークショップを行いました。

まずは、どういうテーマで作品を展示するのかコンセプト決めからスタートです。展示作品を吟味しながら話し合いを行う学生たち。次に展示のコンセプトが鑑賞者に伝わるように、作品の「みせ方」を考えていきます。

 

IMG_1431

 IMG_1427

IMG_1439IMG_1440_2

前回の「アートハンドリング」で身に着けた知識を活かして、展示作業に取り掛かります。

展示台を印象的にみせるための飾りつけや、照明のセッティングまで行いました。

 

IMG_1452

 IMG_1450 IMG_1460

「流通」をテーマにした『流れ』、「生と性」を表現した『INOUT』など、各グループ独特な作品展を完成させ、展示の特徴、工夫した点、感想をなどを話し合いました!講師の福元先生とゲストの和田さんからは、「自分が感じる作品の魅力を発信するだけでなく、作り手であるアーティストや、鑑賞する人たちの視点に立ったうえで自分なりの空間作りを行うことが大切」というお言葉をいただきました。

和田さん、ありがとうございました!

 

IMG_1482

  • LINEで送る

2017年6月5日  授業風景

【授業紹介】プロフェッショナル研究(プロに学ぶ)〜アートハンドリング実践〜

アートプロデュース学科では「展覧会ができるまで」を、各方面のプロに教わるプロフェッショナル研究(通称:プロに学ぶ)という授業をおこなっています。

 

アートの現場は、たくさんのプロフェッショナルたちでつくられています。

たとえば、ひとつの展覧会でも、企画をするキュレイター(学芸員)、作品を運ぶ美術専門運送、ポスターやカタログをつくるグラフィック・デザイナーや会場をつくる空間デザイナー、雑誌や新聞で紹介するライターや批評家など、数えきれないほどのプロフェッショナルたちが関わっています。彼らは、アートと「みる人」をつなげる達人です。

 

この授業では、キュレイター、アート・コンサルタント、会場設営の達人、照明家、広報の専門家など「ひとつの展覧会ができるまで」にかかわる各分野のプロフェッショナルを順番に招いて、それぞれの仕事を実践的に学びます。

 

 

  • ●「アートハンドリング実践」

5月31日(水)は、美術品の梱包・輸送・展示のプロである、ヤマトロジスティクス株式会社京都美術品センターの方をお招きして、作品の取り扱いに関しての授業を行いました。

IMG_1053

IMG_1060

前半は、作品を扱う際の身だしなみの注意点や必要な道具のレクチャーにはじまり、作品の開封や梱包の仕方、壁に展示する方法をご指導いただきました。

作品を運ぶのに重要な梱包の道具にも様々な種類があります。用途を知り、適切に扱うことで作品の品質を守り安全に運ぶことができるのです。

 

後半は各グループに分かれて、実際に作品展示に挑戦!

ヤマトの方のアドバイスをいただきながら、作業に取り組みます。

IMG_1185

IMG_1120

IMG_1148

レーザー水平器を使用して、ヤマトのスッタフの方に展示の状態をチェックしていただいたところ…、合格をもらえたようで喜んでいます!

絵画作品の後は掛け軸にも挑戦し、額に入った作品との取り扱いの違いも教えていただきました。

絵が傷つかないように、ゆっくり丁寧に掛け軸を下ろしておきます。

IMG_1247

プロジェクトや学外の授業で、作品に触れる機会が多いアートプロデュース学科の学生たち。

今回の授業は、今後の活動にも活かせる貴重な体験になったのではないでしょうか。

 

今回学んだことを基礎にして、

次回は展示した作品を「最高の形で見せるための実践」についての授業レポートをお届けします!

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。