大学院

2019年6月

  • LINEで送る

2019年6月28日  ニュース

SPURT 2019 開催のお知らせ

SPIRT2019 POSTCARD KAI-01SPIRT2019 POSTCARD KAI-02

 

SPURT(スパート)2019

−京都造形芸術大学大学院 芸術研究科芸術表現専攻 修士2回生 作品展

会期 : 2019年7月5日(金)〜7月18日(木)

     10:00〜18:00 会期中無休

会場 : ギャルリ・オーブ(京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階)

    〒606-8271  京都市左京区北白川瓜生山2-116 

    Tel:075-791-9122    Fax:075-791-9127   

    アクセス: http://www.kyoto-art.ac.jp/info/

出展作家: 大学院 芸術研究科 芸術表現専攻2年次生 68名

※DMデザイン:兪 一昶 ユ・イッチョウ(M2/デザイン領域)

 

・・・

 

「SPURT(スパート) 2019−京都造形芸術大学大学院 芸術研究科 芸術専攻 修士2回生作品展」

 

 芸術専攻(修士)SPURT展は、芸術文化(芸術文化研究)、美術工芸(彫刻・立体造形・陶芸・日本画・油画)、デザイン(イラストレーション・アニメーション・絵本・キャラクターデザイン・グラフィックデザイン・空間演出デザイン・情報デザイン)、建築(建築・インテリアデザイン・ランドスケープデザイン)、グローバルゼミといった多様な専門領域・分野で学ぶ大学院修士2年次生68名が、半年後の修士学位申請に向け「ラストスパート」を目前にして、それぞれのテーマに基づく作品を発表しています。出展者が互いに触発し合いながら、各自の表現をより深める好機となることを期待し開催へと至りました。

 

 修士2年次生にとって、7月の夏の暑さも増すこの時期は、大学院で探求してきたここまでの研究成果をあらためて見つめ直し、半年後の集大成に向けて、より高次の視点を獲得すべく自らを謙虚に問い、思想と技の双方を徹底的に高めてゆく時期でもあります。この時期に実施される本展は、まさにその切磋琢磨が行われる場であり、修士研究の最終方針を定めるためのSPURTをかける場であると言えるでしょう。

 

 本展の会場構成は、来場者により鑑賞しやすく、より楽しむことができるよう、各領域代表のメンバーが意見を交えスタディを重ね創意工夫がなされていますので、こちらもお楽しみください。

 

 本展をご高覧いただき、学生達にご助言など賜ることができましたら幸甚です。

 

2019年7

京都造形芸術大学大学院 芸術研究科 芸術専攻(修士)専攻長

河合健

  • LINEで送る

2019年6月21日  ニュース

在学院生・卒業生の展覧会情報

こんにちは。

大学院準備室です。

 

京都造形芸術大学大学院博士課程3回生の黄冠釣 ファン・カンチュンさん、存馝園 ゾン・ピロンさんによるコラボレーション展のお知らせです。

現在、京都造形芸術大学ギャルリ・オーブにて開催中です。

卒業生の片山達貴さん、竹浦曽爾さん、長谷川大祐さん、藤本流位さん、米村優人さんも出展されています。

公募により選ばれた本学在学生、卒業生の展覧会をぜひご覧ください!

 

・・・

 

2019年度前期「ギャルリ・オーブ在学生・卒業生公募展」

期間:2019年06月19日(水)〜 2019年06月28日(金)

時間:10:00 〜 18:00

場所:京都造形芸術大学人間館1階 ギャルリ・オーブ

   〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116

   https://www.kyoto-art.ac.jp/info/about/access/

2019_Galerie_Aube公募展チラシ12019_Galerie_Aube公募展チラシ2

  • LINEで送る

2019年6月7日  ニュース

榎本了壱先生 展覧会のお知らせ

本学大学院客員教授 榎本了壱先生の展覧会のお知らせです。

 

榎本了壱「線セーション」展―私が出会った表現者たちII

RYOICHI-ENOMOTO-EXHIBITION

SEN(LINE)SATION

RYOICHI-ENOMOTO-EXHIBITION

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期  間:2019年06月29日(土) ~ 09月29日(日)

開館時間:9時~17時(入館は30分前まで)

会  場:萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館 3階オープンギャラリー

     〒371-0022 群馬県前橋市千代田町三丁目12-10

休 館 日 :水曜日

観 覧 料 :無料

協  力:ATAMATOTE international Design By Ryoichi Enomoto + Mariko Sakaguchi

 

 萩原朔美館長が出会った表現者たちを取り上げるシリーズの第二弾として、クリエイティブ・ディレクター、プロデューサーである榎本了壱氏を紹介します。榎本氏は寺山修司を通して萩原館長と出会い、ともに雑誌『ビックリハウス』を創り上げてきました。今回は近年の大作である、澁澤龍彦の著作『高丘親王航海記』をもとに製作された《高丘親王航海記》シリーズから最新作までを展示紹介いたします。

 

※展示内容は、萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館HP:https://www.maebashibungakukan.jp/kikaku/3085.htmlより引用しました。

 

 

  • LINEで送る

2019年6月7日  ニュース

修了生の展覧会情報

こんにちは、大学院準備室です。

修了生の展覧会情報をお知らせします。

 

丸の内が若き才能に包まれる、次世代アート展

アートアワードトーキョー 丸の内 2019

ART AWARD TOKYO MARUNOUCHI

アートアワードトーキョー丸の内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日程 : 6月5日(水)~ 6月20日(木) 会期中無休
開催時間 : 11:00 〜 21:00
展示会場 : 行幸地下ギャラリー 丸の内・有楽町・大手町エリア
入  場 : 無料
主  催 : アートアワードトーキョー 丸の内 2019実行委員会
特別協賛 : 三菱地所
後  援 : 在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、三菱一号館美術館
アートアワードトーキョーHPはこちら→http://www.artawardtokyo.jp/2019/

 

 

【出展者】

 

新宅加奈子 Kanako SHINTAKU(2018年度修了生)

 

○個展「Embodiment」

 日時:2019年6月25日(火)~30日(日)12:00~18:00

282dm_R

 

 

 

 

 

 

 

パフォーマンス

 日時:6月25日(火)~29日(土)14:00~18:00

 

 場所:KUNST ARZT

    〒605-0033 京都市東山区三条神宮道北東角2F

 

KUNST ARZT では、昨年に引き続き、新宅加奈子の個展を開催します。
新宅加奈子は、自身の裸に絵の具を纏うアーティストです。
高校生の頃から継続しているという「今ここにいる」という実感を得る為のこの行為は、彼女にとっては、表現以前に儀式のようでもあります。
本展では、アーティストの身体を経由した絵の具を固形化した作品、皮膚上で
硬化していく絵の具の様などを捉えた映像作品、そして昨年同様パフォーマンスも予定しています。
ご注目ください。
(KUNSTARZT 岡本光博)

※展覧会ステートメント、作品画像は、ギャラリーHPより抜粋して記載しています。

 

ーーーーーーーーーー

 

丹羽優太 Yuta NIWA(2018年度修了生)

 

ーーーーーーーーーー

 

山本捷平 Shohei YAMAMOTO(2018年度修了生) 

 

ーーーーーーーーーー

 

中澤ふくみ Fukumi NAKAZAWA(2018年度卒業生)

○個展「嬉々として奇形していく」

日時:5月29日(水)~6月11日(火)10:00~20:00

場所:GALLERY E

   〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号

nakazawa-800x542

 

 

 

 

 

 

 

 

※作品画像は、ギャラリーHPより抜粋して記載しています。

 

ーーーーーーーーーー

 

米村優人 Yuto YONEMURA(2018年度卒業生)

 

ーーーーーーーーーー

  • LINEで送る

2019年6月7日  ニュース

在学院生の展覧会情報

 在学院生の内納耀平(建築領域修士課程2年)と椿野成身(ペインティング領域修士課程2年)ふたりによる展覧会のお知らせです。

ぜひ、ご高覧下さいませ。

 

・・・

 

内納耀平 Yohei UCHINO

椿野成身 Narumi TSUBAKINO

せんのかげ(PDF)

 

日時:2019/7/05(Fri) – 7/18(Thu)   10:00 ~ 19:00

場所:京都造形芸術大学未来館 F201

   〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116

 

せんのかげ 完成版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せんのかげ 完成版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本展覧会は建築と絵画を横断する第二弾の展覧会である。

言葉のない手紙のような形で作品をやり取りし制作した前回の展覧会(Re: pictogram)から、今回は絵画を制作する場所で同時進行的に空間も作るという試みである。

 

 タイトルは  せんのかげ  Shadow of Line

 

 せん それは平面に描かれた糸のように細長いすじのことで、建築においては図面、絵画においてはドローイング手法の一つである。

かげ は立体空間でしか生まれないものであり、人間はこのかげの存在を認知して奥行き感を感じる。

せんのかげ というものは二次元のせんから三次元空間にしか存在し得ないかげが生まれるという不思議な言葉である。

しかし私たちが探し求めている建築と絵画の境界はこのような現象の出来事のような気がしている。

 

 即興的、同時的に生まれていった空間の中で、時間の流れによって変化するかげを感じながらこの展覧会を味わっていただければと思う。

 

(京都造形芸術大学2019年度研究・制作・発表助成制度対象)

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。