大学院

ニュース

  • LINEで送る

2019年6月7日  ニュース

榎本了壱先生 展覧会のお知らせ

本学大学院客員教授 榎本了壱先生の展覧会のお知らせです。

 

榎本了壱「線セーション」展―私が出会った表現者たちII

RYOICHI-ENOMOTO-EXHIBITION

SEN(LINE)SATION

RYOICHI-ENOMOTO-EXHIBITION

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期  間:2019年06月29日(土) ~ 09月29日(日)

開館時間:9時~17時(入館は30分前まで)

会  場:萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館 3階オープンギャラリー

     〒371-0022 群馬県前橋市千代田町三丁目12-10

休 館 日 :水曜日

観 覧 料 :無料

協  力:ATAMATOTE international Design By Ryoichi Enomoto + Mariko Sakaguchi

 

 萩原朔美館長が出会った表現者たちを取り上げるシリーズの第二弾として、クリエイティブ・ディレクター、プロデューサーである榎本了壱氏を紹介します。榎本氏は寺山修司を通して萩原館長と出会い、ともに雑誌『ビックリハウス』を創り上げてきました。今回は近年の大作である、澁澤龍彦の著作『高丘親王航海記』をもとに製作された《高丘親王航海記》シリーズから最新作までを展示紹介いたします。

 

※展示内容は、萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館HP:https://www.maebashibungakukan.jp/kikaku/3085.htmlより引用しました。

 

 

関連記事

<23456>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。