大学院

ニュース

  • LINEで送る

2019年6月7日  ニュース

修了生の展覧会情報

こんにちは、大学院準備室です。

修了生の展覧会情報をお知らせします。

 

丸の内が若き才能に包まれる、次世代アート展

アートアワードトーキョー 丸の内 2019

ART AWARD TOKYO MARUNOUCHI

アートアワードトーキョー丸の内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日程 : 6月5日(水)~ 6月20日(木) 会期中無休
開催時間 : 11:00 〜 21:00
展示会場 : 行幸地下ギャラリー 丸の内・有楽町・大手町エリア
入  場 : 無料
主  催 : アートアワードトーキョー 丸の内 2019実行委員会
特別協賛 : 三菱地所
後  援 : 在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、三菱一号館美術館
アートアワードトーキョーHPはこちら→http://www.artawardtokyo.jp/2019/

 

 

【出展者】

 

新宅加奈子 Kanako SHINTAKU(2018年度修了生)

 

○個展「Embodiment」

 日時:2019年6月25日(火)~30日(日)12:00~18:00

282dm_R

 

 

 

 

 

 

 

パフォーマンス

 日時:6月25日(火)~29日(土)14:00~18:00

 

 場所:KUNST ARZT

    〒605-0033 京都市東山区三条神宮道北東角2F

 

KUNST ARZT では、昨年に引き続き、新宅加奈子の個展を開催します。
新宅加奈子は、自身の裸に絵の具を纏うアーティストです。
高校生の頃から継続しているという「今ここにいる」という実感を得る為のこの行為は、彼女にとっては、表現以前に儀式のようでもあります。
本展では、アーティストの身体を経由した絵の具を固形化した作品、皮膚上で
硬化していく絵の具の様などを捉えた映像作品、そして昨年同様パフォーマンスも予定しています。
ご注目ください。
(KUNSTARZT 岡本光博)

※展覧会ステートメント、作品画像は、ギャラリーHPより抜粋して記載しています。

 

ーーーーーーーーーー

 

丹羽優太 Yuta NIWA(2018年度修了生)

 

ーーーーーーーーーー

 

山本捷平 Shohei YAMAMOTO(2018年度修了生) 

 

ーーーーーーーーーー

 

中澤ふくみ Fukumi NAKAZAWA(2018年度卒業生)

○個展「嬉々として奇形していく」

日時:5月29日(水)~6月11日(火)10:00~20:00

場所:GALLERY E

   〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号

nakazawa-800x542

 

 

 

 

 

 

 

 

※作品画像は、ギャラリーHPより抜粋して記載しています。

 

ーーーーーーーーーー

 

米村優人 Yuto YONEMURA(2018年度卒業生)

 

ーーーーーーーーーー

関連記事

<910111213>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。