こども芸術学科

2019年8月

  • LINEで送る

2019年8月23日  授業風景

【授業紹介】発表!パネルシアター

8月も下旬に入り、夏の暑さも少しだけ和らいできましたね。

今回は「保育内容Ⅳ(ことば)」の授業内で行われた「ペープサート」の発表の様子をご紹介します。

 

●●パネルシアターとは●●●●●●

パネル布(毛ばだちの良い布)を貼ったボードを舞台に、Pペーパーという不織布で作った絵人形を貼ったり外したり、裏返したり、舞台のあちらこちらへ動かしながら演じる、児童文化です。(カラーパネルシアター アイ企画より)

 

手遊び歌や、短いお話に合わせて、舞台の上の人や動物を動かします。

IMG_2417

IMG_2337

IMG_2375

IMG_2326

20190717_111348

20190717_110340

IMG_2400

20190717_105829

発表を見ていると、自分達で考えた、全くオリジナルのものや、聞いたことのある懐かしい歌もありました。

また「お弁当」の歌の発表をしたグループは、おかずを変えて(サンドイッチやウィンナーなど)アレンジしていたのが面白かったです。長く親しまれてきた手遊び歌の中には、世代の違いによって、今の子どもにうまく伝わらないものもあります。時には、「お弁当の歌」を発表した学生のように、今風にアレンジすると、子どもにも面白さが伝わりやすくていいなと思いました。

 

●●●学園祭×オープンキャンパス のお知らせ●●●●●●●

9月14日(土)9月15日(日)に学園祭と、オープンキャンパスが同時開催されます。

詳しくはこちら

学生作品展では、こども芸術学科3回生の作品が展示されます!テーマは「育・いく」です。

9月15日にはホームカミングデーも開催!ぜひお越しください。

こども芸術学科学生作品展

 

 

  • LINEで送る

2019年8月9日  授業風景

【授業紹介】未来の自分の顔をつくろう!

前回に引き続き、前期に行われた2回生の授業「素材造形Ⅰ」をご紹介します。

前回は、音と色の要素取り入れた班のワークショップをご紹介しました。

今回は、切り絵とスタンプが―キーワードのワークショップをご紹介します。そして、協力してくれたのは・・・こども芸術大学のこども達!

 

今回のワークショップ班の学生は、何やら首からカラフルな「顔」をぶら下げています。子ども達は「顔」を見て「どうしたん?」「それ何?」と、興味津々。

IMG_267111

「今日はみんなに、将来自分がなりたい顔を作ってもらいまーす」「顔~?」

というわけで、まずは好きな顔の輪郭を選んでいきます。うぅ~ん。悩ましいですね。

IMG_26791

顔が決まったら、好きな色の台紙に貼って、お次は目・鼻・口をハンコでポン!

消しゴムハンコで作られたパーツがたくさん!スタンプの色も選べて、こだわりの顔作りが始まりました。

IMG_27081

顔ができたら、髪型を選ぶため、別の机に移動します。まるでお店屋さんを回ているみたいです。

IMG_2770

今度は、眼鏡やリボン、ひげなどをつけていきます。

好きな飾りがないときは、注文すれば作ってくれます!「このメガネ、似合うかな?」

IMG_2781

「赤いリボンお願いします」「かしこまりました~」ちょきちょき。

IMG_2821

首から下げるひもを選んで・・・未来の自分の顔が完成!!それぞれがこだわった部分が伝わってきます。

IMG_28961

最後に、お顔を作るセットを子どもたちにプレゼント!

「今日これなかったお友達にも教えてあげてね」という言葉を添えて。

子ども達からは、元気いっぱいのお礼の言葉をいただきました!

IMG_29371

顔のパーツや髪形、飾りなどを、たくさん用意し、色を限定せずにカラフルな色も混ぜるなど、子どもが、作るときに楽しくなるような小さな仕掛けが、随所に見られました。子ども達も楽しんでくれたようで、迎えに来てくれた保護者の方に、自分が作った顔を一生懸命見せていたのが印象的でした。自分たちが考えたワークショップを、すぐに実践できる場があるのは、とてもありがたいことです。こども芸術大学のみなさん、本当にありがとうございました!

 

 

学園祭×オープンキャンパス のお知らせ●●●●●●

9月14日(土)9月15日(日)に学園祭と、オープンキャンパスが同時開催されます。

詳しくはこちら

学生作品展では、こども芸術学科3回生の作品が展示されます!テーマは「育・いく」です。

9月15日にはホームカミングデーも開催!ぜひお越しください。

こども芸術学科学生作品展

 

 

  • LINEで送る

2019年8月6日  授業風景

【授業紹介】こども達とワークショップ!

毎日暑い日が続き、セミの鳴き声が元気に響いていますね。

さて、今回も、前期に行われた授業を紹介していきたいと思います。

 

2回生の授業「素材造形Ⅰ」をご紹介します。

授業の後半は、ワークショップ班、雑誌制作班の6つの班に分かれ、それぞれの班ごとに、制作や準備が進んでいきました。その中で、京都造形芸術大学内にある、こども芸術大学の子ども達と行った、ワークショップをご紹介します。

 

蝶ネクタイをつけた学生たちが、子どもに問いかけます。「みんなは、どんな楽器を見たことがあるかな。知っている楽器を教えてほしいな。できたら、絵に描いてほしいな。」

すると、子ども達がどんどん楽器の絵を描きに来てくれました。

IMG_2535

たくさん楽器が出そろったところで、学生が、色が変わる不思議な楽器を紹介します。

どうして色が変わるのか、紙芝居で説明します。

IMG_2552

そして実演。グラスを、チン、チンとたたきながら揺らすと、オレンジ色だった液体が、透明に変化していきます。子ども達は興味津々!実はこれ、うがい薬を使った「酸化・還元」の化学反応なんです。

IMG_2568

次はいよいよお待ちかね。みんなにも、グラスを叩いてもらいましょう。うがい薬と絵の具を混ぜた水に、ビタミンCが入った飲み物を、ゆっくり垂らせば準備完了。

IMG_2587

すこしづつ色が変わってきたかな・・・?

IMG_2607

 

 

IMG_2650

今度は、お姉さんがグラスを叩くのを真似て、続いて叩いてみよう。楽しくまねっこできたかな?

IMG_2633

科学と音楽と色彩・・・様々な要素が混ざったワークショップとなりました。色が変わる不思議や、水の量によって、グラスの音が違うことに「なんで~?」と反応してくれた子ども達。

学生は、自分たちが作った流れで進むように、こども達への声掛けに四苦八苦していました。この夏2回生は、保育所や幼稚園などにインターンシップに行きます。その際は、是非このワークショップでの学びを生かしてください!

 

●●●学園祭×オープンキャンパス のお知らせ●●●●●●●

9月14日(土)9月15日(日)に学園祭と、オープンキャンパスが同時開催されます。

詳しくはこちら

学生作品展では、こども芸術学科3回生の作品が展示されます!テーマは「育・いく」です。

9月15日にはホームカミングデーも開催!ぜひお越しください。

こども芸術学科学生作品展

 

 

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。