こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年8月9日  授業風景

【授業紹介】未来の自分の顔をつくろう!

前回に引き続き、前期に行われた2回生の授業「素材造形Ⅰ」をご紹介します。

前回は、音と色の要素取り入れた班のワークショップをご紹介しました。

今回は、切り絵とスタンプが―キーワードのワークショップをご紹介します。そして、協力してくれたのは・・・こども芸術大学のこども達!

 

今回のワークショップ班の学生は、何やら首からカラフルな「顔」をぶら下げています。子ども達は「顔」を見て「どうしたん?」「それ何?」と、興味津々。

IMG_267111

「今日はみんなに、将来自分がなりたい顔を作ってもらいまーす」「顔~?」

というわけで、まずは好きな顔の輪郭を選んでいきます。うぅ~ん。悩ましいですね。

IMG_26791

顔が決まったら、好きな色の台紙に貼って、お次は目・鼻・口をハンコでポン!

消しゴムハンコで作られたパーツがたくさん!スタンプの色も選べて、こだわりの顔作りが始まりました。

IMG_27081

顔ができたら、髪型を選ぶため、別の机に移動します。まるでお店屋さんを回ているみたいです。

IMG_2770

今度は、眼鏡やリボン、ひげなどをつけていきます。

好きな飾りがないときは、注文すれば作ってくれます!「このメガネ、似合うかな?」

IMG_2781

「赤いリボンお願いします」「かしこまりました~」ちょきちょき。

IMG_2821

首から下げるひもを選んで・・・未来の自分の顔が完成!!それぞれがこだわった部分が伝わってきます。

IMG_28961

最後に、お顔を作るセットを子どもたちにプレゼント!

「今日これなかったお友達にも教えてあげてね」という言葉を添えて。

子ども達からは、元気いっぱいのお礼の言葉をいただきました!

IMG_29371

顔のパーツや髪形、飾りなどを、たくさん用意し、色を限定せずにカラフルな色も混ぜるなど、子どもが、作るときに楽しくなるような小さな仕掛けが、随所に見られました。子ども達も楽しんでくれたようで、迎えに来てくれた保護者の方に、自分が作った顔を一生懸命見せていたのが印象的でした。自分たちが考えたワークショップを、すぐに実践できる場があるのは、とてもありがたいことです。こども芸術大学のみなさん、本当にありがとうございました!

 

 

学園祭×オープンキャンパス のお知らせ●●●●●●

9月14日(土)9月15日(日)に学園祭と、オープンキャンパスが同時開催されます。

詳しくはこちら

学生作品展では、こども芸術学科3回生の作品が展示されます!テーマは「育・いく」です。

9月15日にはホームカミングデーも開催!ぜひお越しください。

こども芸術学科学生作品展

 

 

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。