こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年8月6日  授業風景

【授業紹介】こども達とワークショップ!

毎日暑い日が続き、セミの鳴き声が元気に響いていますね。

さて、今回も、前期に行われた授業を紹介していきたいと思います。

 

2回生の授業「素材造形Ⅰ」をご紹介します。

授業の後半は、ワークショップ班、雑誌制作班の6つの班に分かれ、それぞれの班ごとに、制作や準備が進んでいきました。その中で、京都造形芸術大学内にある、こども芸術大学の子ども達と行った、ワークショップをご紹介します。

 

蝶ネクタイをつけた学生たちが、子どもに問いかけます。「みんなは、どんな楽器を見たことがあるかな。知っている楽器を教えてほしいな。できたら、絵に描いてほしいな。」

すると、子ども達がどんどん楽器の絵を描きに来てくれました。

IMG_2535

たくさん楽器が出そろったところで、学生が、色が変わる不思議な楽器を紹介します。

どうして色が変わるのか、紙芝居で説明します。

IMG_2552

そして実演。グラスを、チン、チンとたたきながら揺らすと、オレンジ色だった液体が、透明に変化していきます。子ども達は興味津々!実はこれ、うがい薬を使った「酸化・還元」の化学反応なんです。

IMG_2568

次はいよいよお待ちかね。みんなにも、グラスを叩いてもらいましょう。うがい薬と絵の具を混ぜた水に、ビタミンCが入った飲み物を、ゆっくり垂らせば準備完了。

IMG_2587

すこしづつ色が変わってきたかな・・・?

IMG_2607

 

 

IMG_2650

今度は、お姉さんがグラスを叩くのを真似て、続いて叩いてみよう。楽しくまねっこできたかな?

IMG_2633

科学と音楽と色彩・・・様々な要素が混ざったワークショップとなりました。色が変わる不思議や、水の量によって、グラスの音が違うことに「なんで~?」と反応してくれた子ども達。

学生は、自分たちが作った流れで進むように、こども達への声掛けに四苦八苦していました。この夏2回生は、保育所や幼稚園などにインターンシップに行きます。その際は、是非このワークショップでの学びを生かしてください!

 

●●●学園祭×オープンキャンパス のお知らせ●●●●●●●

9月14日(土)9月15日(日)に学園祭と、オープンキャンパスが同時開催されます。

詳しくはこちら

学生作品展では、こども芸術学科3回生の作品が展示されます!テーマは「育・いく」です。

9月15日にはホームカミングデーも開催!ぜひお越しください。

こども芸術学科学生作品展

 

 

関連記事

<1819202122>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。