映画学科

2019年11月

  • LINEで送る

2019年11月29日  ニュース

矢部凜監督『リビングファミリー』がネット配信されています!!

矢部凜監督(4回生)の自主制作作品『リビングファミリー』「U-NEXT」より配信されています!!

 

wW98ZNMx

 

この作品は現4回生の自主制作集団「tea mountain」が企画制作したもので、去年の「MOOSICLAB2018」の短編部門にノミネートされていました。

 

主演と音楽をミュージシャンのジョニー大蔵大臣(「水中、それは苦しい」)が担当し、俳優コースの大塚菜々穂さん(4回生)も出演しています。

 

 

この機会にぜひご覧ください!!

 

視聴はコチラから。

 

また矢部凜監督は今年の卒制で『私の同居人』の監督もしていますので、こちらもご期待ください!!

  • LINEで送る

2019年11月27日  ニュース

自主映画製作集団「白人ふぃるむ」の新作ウェブ公開!!

中林空さん(2回生)が主催する自主映画製作集団「白人ふぃるむ」の新作、『ある女と二人の男の話』がウェブ公開されました!!

 

白人ふぃるむ.mp4_snapshot_00.05_[2019.11.27_08.15.39]

 

自主映画製作集団「白人ふぃるむ」は実験映画を志向する中林空さんを中心に映画学科内外の有志たちが集まり、これまで数本の短編映画を制作して来ました。

 

05

 

さて今作はどんなテーマで作られているのでしょうか。

 

楽しみにご覧ください!!

 

 

  • LINEで送る

2019年11月25日  ニュース

辻凪子さん出演『大観覧車』が「K’s cinema」で公開!!

辻凪子さん(8期生・「Dプロモーション」所属)が出演する、ベク・ジェホ&イ・フイソプ監督『大観覧車』が12月14日(土)から新宿「K’s cinema」で公開されます!!

 

desktop-2

 

日韓合同製作映画である本作の上映は、12月14日(土)から20日(金)までの各日12時からです。

 

詳細はコチラをご覧ください。

 

5

 

大阪の街並みを舞台に繰り広げられる物語に、辻凪子さんはどんな役回りで登場するのかとても楽しみです。

 

機会のある方はぜひご覧ください。

 

tsuji2_mv

 

映画、テレビ、舞台にと、様々な分野で活躍する辻凪子さんの次のニュースにご期待ください!!

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年11月21日  ニュース

大西礼芳さん出演『私たちは何も知らない』11月24日より上演!!

大西礼芳さん(3期生・「トライストーン」所属)が出演する「二兎社」の舞台『私たちは何も知らない』が、今週末11月24日(日)より埼玉県から全国上演がスタートします!!

 

16

 

永井愛作・演出の本作は、明治から大正時代にかけて刊行された、平塚らいてう、伊藤野枝を中心とした女性だけの雑誌「青踏」の編集部を舞台とした作品です。

 

10

 

公演は11月24日(日)より埼玉県「富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ」からスタートし、東京、兵庫、長野など全国で来年の2月下旬まで続きます。

 

「東京芸術劇場 シアターウエスト」での公演は11月29日(金)から12月22日(日)までです。

 

関西では、来年1月4日(土)の「兵庫県立芸術文化センター」、1月18日(土)の「滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール」で上演されますので機会のある方はぜひご覧ください!!

 

その他詳細はコチラをご覧ください。

 

20190928-nitosha_full

 

本公演の紹介記事が「ぴあ」に掲載されていますので、興味のある方はお読みください。

 

【北白川派】第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』での小倉嘉子役とはまた違った、大西礼芳さんの芝居をぜひ見に来てください!!

  • LINEで送る

2019年11月19日  ニュース

『嵐電』在学生・卒業生多数が「第11回TAMA映画賞授賞式」に登壇!!

先日紹介した通り、去る11月17日(日)に開催された「第11回TAMA映画賞授賞式」に多くの「映画学科」在学生、卒業生たちが登壇しました!!

 

タマ授賞式_191118_0141

 

『嵐電』の助監督を務めた卒業生の植木咲楽さんが会場で写真を撮ってくれましたので紹介します。

 

タマ授賞式_191118_0036

 

この日登壇したのは、鈴木卓爾監督、井浦新さん金井浩人さん、窪瀬環さん、石田健太さん村井崇記さん町田愛さん川島千さん大谷彪祐さん、福本純里さん、藤井愛稀さん、若井志門さん、岡島由依さん、あがた森魚さんのみなさんです。

 

タマ授賞式_191118_0066

 

出演した作品が大きな賞を受賞し、彼ら、彼女らがこんなにも大きな舞台に立ち、様々な映画人たちの声を聞けたことは貴重な財産になったことと思います。

 

タマ授賞式_191118_0097

 

これからこの経験を糧に、それぞれがさらなる未来に繋げていくことを確信しています。

 

そして「映画学科」の後輩たちが、先輩たちに続くことを願っています。

 

タマ授賞式_191118_0123

 

みなさん、本当におめでとうございました!!

 

タマ授賞式_191118_0001

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。