映画学科

2019年11月

  • LINEで送る

2019年11月7日  ニュース

土居志央梨さんが俳優コースキャリアの授業にゲスト参加!!

土居志央梨さん(5期生・「FATHER’S CORPORATION」所属)が昨日11月7日(水)に高原校舎に来られ、俳優コースキャリアの授業である「映画演技XI」(水上竜士先生担当)にゲスト参加しました。

 

IMG_5446

 

土居志央梨さんさんは11月10日(日)に本学「春秋座」で上演される『グリークス』の場当たりの為に、本日京都に来られました。

 

IMG_5452

 

この日は俳優コース長である水上竜士先生と共に、学生たちの前でいろいろなお話を聞かせていただきました。

 

IMG_5466

 

大学時代の土居さんと、現在の女優・土居志央梨さんはどう変わったか?」、「杉原邦夫演出『グリークス』出演のお話から、舞台演技と映画演技の考え方の違いについて」、「現在公開中の映画・松尾スズキ監督108海馬五郎の復讐と冒険』の出演や、TV東京『死役所』次週ゲスト出演情報など」、そして「俳優として生きていくとは?」などなど多くのお話を聞くことができました。

 

IMG_5450

 

授業を受けた学生たちは、自分の将来の事も含めて、とても真剣にお話を聞いていました。

 

IMG_5447

 

土居志央梨さん、お忙しい中、学生たちの為に時間を割いていただいてありがとうございました!!

 

土居さんが出演する『グリークス』は今週末11月10日(日)に「春秋座」で上演されますので、ぜひご覧ください!!

 

チケットなどの詳細は『グリークス』HPをご覧ください。

よろしくお願いします。

 

IMG_5463

 

なお「デイリー新潮」に映画学科俳優コースに関する記事、「黒木華に続き京都造形大卒の俳優が~」が記載されました。

 

こちらの「YAHHO! JAPANニュース」で読めますので、ぜひご覧ください!!

 

 

 

  • LINEで送る

2019年11月6日  ニュース

野島健矢さんCM出演「花王 sonae(そなえ) ウィルバリア・ホットエッセンス」配信中!!

野島健矢さん(6期生・「チーズ・フィルム」所属)が出演している、「花王 sonae(そなえ)」の「 ウィルバリア・ホットエッセンス」のウェブCM「受験篇」が現在配信中です!!

sonae.mp4_snapshot_00.09_[2019.11.06_08.18.48]

 

いつも優しく、爽やかな表情の野島健矢さんですが、今回は学ランを着て受験生の役を演じています。

 

 

野島健矢さんが出演する映画、川北ゆめき監督『満月の夜には思い出して』は11月8日(金)に大阪「シアターセブン」で上映されます。

 

また同じく野島健矢さんが出演する映画、横田光亮監督『ヴィニルと鳥』も11月8日(金)に「UPLINK吉祥寺」で公開されます。

 

この2作品もぜひご覧ください!!

 

0110

 

これからも映画学科の在学生、卒業生たちの活躍にご期待ください!!

  • LINEで送る

2019年11月1日  授業風景

卒業生のkento fukayaさんが「プロフェッショナル研究」にゲスト参加!!

卒業生でよしもと芸人のkento fukayaさん(2期生)が、後期から始まった「プロフェッショナル研究」(山本起也先生担当)にゲストとして参加されました!!

 

G0002188

 

授業の冒頭、kento fukayaさんは「吉本興業」のピン芸人と言うことで、学生たちから「お風呂上がりに体を拭くタオルを用意していなかった人のあるある行動」と言う一発芸をリクエストされ見事に応えてくれました。

 

一発芸1

 

その後、基本的には学生たちからの質疑応答と言う形を取り、授業が進められました。

 

「芸人として売れているのか」という厳しい質問もあったが、それに対しても赤裸々に回答していただきました。

他にも、「売れなくても芸人を続けるモチベーションは何か?」などの質問もありました。

 

G0002101

 

kento fukayaさんは山本起也監督の【北白川派】第3弾=『カミハテ商店』に出演し、また同じく山本監督の【北白川派】第7弾=『のさりの島』にも出演されています。

 

そのことに関する質問を受けて、「北白川派ほど過酷な現場はなかった」と回答し、その経験が糧となり、当時より辛いことはそうそうないとおっしゃっていました。

 

G0002239

 

途中、かつての教え子であるkento fukayaさんの活躍を見に水上竜士先生も参加し、昔話を交えながら、kento fukayaさんの学生時代を振り返り、今につながる成長の話をしていただきました。

 

EHtVdEnUcAAYzMW

 

授業が終わってから、春先に天草でいっしょに『のさりの島』のロケ現場を過ごした在学生のスタッフ、キャストも集まり記念写真を撮りました。

 

kento fukayaさんのこれからの活躍を願っています。ありがとうございました!!

 

 

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。