舞台芸術学科

2020年10月

  • LINEで送る

2020年10月1日  ニュース

『パンドラの鐘』 (二回生舞台デザイン演習Ⅰ実習)

 

 

こんにちは、舞台研究室の技官です。

 

今日は二回生の授業(科目名:舞台デザイン演習Ⅰ)のうち、9/10・11に行われたstudio21での実習の様子をお伝えします。

 

 

舞台デザイン演習Ⅰでは、

授業を通して『パンドラの鐘』という台本を題材にデザインワークを学んでいき、

履修者から音響、照明、映像、、、と各セクションに分かれ実習に臨みました。

二回生前期のデザイン授業の集大成といえる二日間です。

 

 

 

 

 

DSC_5369 DSC_5417

 

 

 

和紙をくしゃくしゃにしてからパネルに貼り付けることによって白い壁にテクスチャーをもたせています。技アリ!

精密な作りが求められる八百屋舞台や吊り物の仕掛けにも挑戦しています。

 

 

出来上がった舞台はこんな感じ、

 

 

IMG_6342

 

 

 

 

今回はお客さまを呼んで公演を行うわけではありませんが、

実際の公演を想定してシーン発表の時間を設け、二日間で仕込み~本番~バラシの一連の流れを行います。

二回生をメインにとって初めて自分たち主体で本番をむかえる授業となり、

今後実際にお客様をいれて行う授業発表公演にむけての一歩を経験しました。

 

IMG_6331 IMG_6313

IMG_6317

 

前回のブログで紹介した映像の夏期集中授業で学んだんことも活かして、文字の投影もしています。

 

 

DSC_5456

 

 

対面で劇場が使えるようになってまだ日が浅いです。

前期には立ち会うことが出来なかった学生が集まり仕込みをしている様子をまた見れて、嬉しく思います。

 

 

間に合っても間に合わなくても、失敗しても成功しても、ともかく”本番”を行い形にすること。

が舞台芸術学科で学んでいく中で非常に重要なことになります。

この実習から得た反省や発見が、これからの公演や卒業までの学びのプロセスで自分たちの力になると思いますので、

これからも頑張っていきしょう!二日間の実習大変おつかれさまでした。

 

 

 

 

おまけ

 

この記事を書き終えて一息ついた時に視界に入ってきた猫。

数ヶ月前に貴重な昼休みを費やし、自作のつめとぎを献上したのですが一度も研いでるところは見たことがありません。

 

 

IMG_8536

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。