クロステックデザインコース

2020年10月

  • LINEで送る

2020年10月27日  授業風景

Arcade Projectの柏原誉さんと前田有佳利さんがゲスト講師としていらっしゃいました!

皆さんこんにちは!

クロステックデザインコース研究室です!

 

今回はソーシャルデザイン論の授業をご紹介いたします!

先日Arcade Projectの柏原誉さんと前田有佳利さんがゲスト講師としていらっしゃいました!

 

 

 

DSC_0680

左から:石川先生 柏原誉さん 前田有佳利さん

 

 

 

Arcade Projectは、自分たちが子供の頃に商店街から教わったカルチャーを伝えてゆこうと、商店街を野外マーケットにアップデートする試みを行っています。

 

 

参考資料もなく赤字スタートではじまったプロジェクトも、試行錯誤を続けた末、現在の限定された日程で行う野外イベントに落ち着いた、と柏原さん。

野外イベントで使われる建屋も1日で建てて撤収出来る構造になっており、仮想商店街を多くの場所でハプニング的に実施されているそうです。

 

DSC_0667

 

出店者も普段以上のパフォーマンスを出せる環境で盛り上がりを見せるArcade Project

 

 

DSC_0652

他方で、当初の目的は「商店街」でしたが、実施してゆくうちに定着したイメージは「おしゃれなマーケット」でした。前田さんはこのことを通じて、言葉での発進の大切さや難しさを教えてくださいました。

DSC_0674

試行錯誤を繰り返しつつ確実に前に進んでいっているArcade Projectでは、イベント後に建屋をそのまま残して欲しいと頼まれることもあるそうです。また、逆に建屋を撤収することで、今まで気がつかなかった可能性にその土地の人が気づくこともあるとのこと。

 

和歌山県では自分の県にマイナスイメージを持っている人が多かったといいます。

しかし、このArcade Projectを通した県外からの反響によって、大阪や奈良にはない新たな風に気づき、自分の住む地域を再認識する人もいたとのこと。

 

DSC_0648

 

こんな楽しいプロジェクトが各地で広がり、様々な県でオリジナリティー溢れるイベントや表現が行われるようになったら、きっと日本も文化的に豊かになることでしょう!

 

次回もクロステックの面白い授業をブログでお伝えします!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

「はじめまして。ひさしぶり。」

大瓜生山祭2020 ONLINE

日程: 10月31日(土)→11月8日(日)

 

京都芸術大学クロステックデザインコース公式ページに授業内容の詳細を掲載中!

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

twitter   Instagram

 

  • LINEで送る

2020年10月15日  授業風景

時空を飛び越えて作る「トラベル絵画」

こんにちは。

クロステックデザインコース研究室です!

本日は中山和也先生と白石晃一先生がオムニバス形式で行っている授業「クロステックデザイン発展Ⅱ」をご紹介いたいます。

 

withコロナの時代に突入して、人との距離のあり方を認識し直す必要性を感じますね。そんな中現代アーティストである中山先生が「トラベル絵画」を制作する課題を出しました。

 

「トラベル絵画」とは、離れたところにいる他人と半紙(B2ぐらい)の画用紙に絵画制作するというもの。中山先生はこの課題を通して、自分ではどうしようもできない現場でも人の手や頭を使って自己表現をして欲しいと考えているそうです。

今回は自分で手を入れられることが少ないため、ディレクション力が試されるだけではなく、withコロナとの新しい表現へのアプローチを考える機会にもなりますね。

 

課題設定の条件として、学生は指示を出すだけで、自分で描くことは禁止されています。言葉だけで相手に指示を出し、協力して一つの絵画を書き上げます。

 

ところで、半紙ってどのぐらいの大きさかわかりますか?

このぐらいです。

 

 

DSC_0565-2

結構大きいですよね。

 

学生はどのようにして他者に協力もらうか試行錯誤していきます。

ホワイトボードでアイディアを出す学生や、渡された画用紙を小さく切り刻む学生まで様々。

DSC_0546-2

 

DSC_0561-2

DSC_0583

 

さて合評の日を迎え、各々が「トラベル絵画」を自分なりに理解して画用紙に落とし込んでいきます。

旅で必要な靴を使って画用紙いっぱいにカラフルな模様を作り出した学生や、「TRAVEL」という言葉の起源を調べてしっかりプレゼンをする学生まで様々。

 

DSC_0606

DSC_0613

画用紙を切り刻んで紙すきをし、葉書を作ってトラベルグッズへと変化させた学生もいました。

 

iOS の画像 (4)

お母さまの描いた絵葉書。なんだかほっこりしますね。

 

DSC_0587

<謎を解こうとする中山先生>

 

中には謎に満ちたタイトルと作品だけを発表する学生もいました。

意味や意図がわからない中、なんとかヒントをもらおうと、発表者以外の学生や先生が質問を投げかけまくり、まるでクイズ大会のようになった場面も。

作品を通して鑑賞者が思考の旅に出ているようなパフォーマティブな発表もありました。

 

 

 

DSC_0621

浅田優月さん(京都府立嵯峨野高等学校出身)は知り合いの財布に入っているレシートをもらい、時系列に並べて「トラベル絵画」を作りました。

 

DSC_0623

コロナ前の2019年6月14日のレシートから始まり、新しいものは合評が始まる数十分前の物までありました。購入場所も京都から東京、千葉など様々。羅列された数々のレシートを眺めていると、時空を超えてタイムトラベルをしているような気持ちになってきます。

 

 

次は嶋田匠君(私立近江兄弟社高等学校出身)の作品「妹達のトラベル」。

この写真をみて、なんだこれ?と思われた方もいらっしゃると思いますが、これももちろん作品の一部なのです。

 

DSC_0575

嶋田君には2人の妹さんがいるそうです。この課題が出た時に、妹さんに「トラベル絵画」を描いて欲しいと説明なしに頼んだそうです。

その無理難題にまず取り掛かったのが一番下の妹さん。鉛筆の下絵まではなんとか描くことは出来ましたが、夜も遅くなり色を塗る前に寝てしまったそうです。そこで下絵のままではいけないと立ちがったのが真ん中の妹さん。下絵をヒントにgoogleで検索しながら着色。その際には、下絵の間違いを見つけては丁寧に修正をしていたそうです。夜中の12時を回っても作業は終わらず、ついにお母さんも参戦。ようやく完成した絵を朝に渡された嶋田君は、そのまま発表を迎えました。

発表時、嶋田君はこれが妹達が描きあげた「トラベル絵画」であるということ以外、何が描かれているかは詳しくは知りませんでした。

妹達とお母さんが描いた世界中の名所と一緒に、まるで旅行にいったように写真をとる嶋田君。

一番下の妹さんはこの絵画の完成した姿をみていないとのことで、嶋田君はこの絵を大事に持ち帰りました。この絵画もトラベルを終えて家路につくのですね。

 

今回の授業では、アートの観点からアイディアを考えて制作しました。

「絵画」と言われると油絵や水彩などを想像することが多いのではないでしょうか? 現代アーティストの中山先生はそうした枠を超えたことに常に挑戦し、面白い物を作りたい、見てみたいと考えています。

これはスタートアップや企画のアイディア出しにも共通していることで、クロステックデザインコースの先生方は「枠」に囚われていては新しいことや面白いことは始まらないと考えています!

 

次回もまたクロステックデザインコースの授業を紹介できればと思います!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

高校生・受験生限定!

秋のmini

オープンキャンパス!

 

これから具体的に進路を考えはじめる高校生・受験生必見!

まずは気軽に大学を見学して、京都芸術大学のワクワクする学びを体感しよう!

*今年度受験を予定している高校3年生・受験生・留学生の方は、【11月1日開催のキャンパス見学ツアー】への参加もご検討ください。

*体験授業型選抜Ⅰ期において出願手続きをされた方は、12/6に実施される「0年生プログラム」に参加をしてください。

 

日程:10/24(土) 10/25(日)

時間:10:00〜/13:00〜

*2部制 *事前予約制

予約はこちらから!

 

 

京都芸術大学クロステックデザインコース公式ページに授業内容の詳細を掲載中!

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

 

twitter   Instagram

 

  • LINEで送る

2020年10月1日  インタビュー

クロステックデザイントーク#05

クロステックデザイントークは教員やゲストと共にクロステックデザインコースの授業内容やイベントについて、ビジネス、デザイン、テクノロジー、アートのトピックスを織り交ぜながら、縦横無尽に話し合うトークセッション。

 

第1弾は2020年4月から共に、クロステックデザインコースに教員として着任した家入一真(客員教授)と石川琢也(専任講師)が2時間にわたる対談を実施。今回の対談の最終回では、スタートアップ・NPO、これからのリーダー像、課題先進国としての日本とどう向き合うかなど、より活発なトークが繰り広げられました!

 

 

DSC_0461

 

 

スタートアップNPO

 

石川:先ほども少し話が出てきましたけど東京都知事選がまさにいま行われている中で、例えばリバ邸だったり、ある種そのパブリックやガバメントが本当はセーフティネットとして、やってたほうがいいんじゃないか、と思うことがあるのですが、家入さんの中でパブリックなものと、例えばスタートアップNPOというものはどういった見方をしているのでしょうか。

 

リバ邸

家入一真が立ち上げたシェアハウス。

「現代の駆け込み寺」をコンセプトに掲げて各地に展開しているシェアハウス。様々な価値観をもった若者が行き交うシェアハウスとして開放して、若者の「挑戦」や「夢」を応援している。

 

家入:なるほど。リバ邸をやってく中で、こういったまさに石川さんがおっしゃったようにセーフティネットみたいな居場所は本来は民間じゃなくて、その政治がやるべきなんじゃ気なんじゃないかって思っていて、じゃあ政治側からアクションを取るにはどうしたらいいのだろうって考えて都知事選にでたっていう経緯があったんです。

 

石川:うんうん。

 

家入

その中で僕の中では民間でやっていくってことと、まあ国家や政治として、その居場所を作るセーフティネット作っていくみたいなものの両極みたいなイメージはすごくあったんですね。結果的に都知事選出て見えてきた世界みたいなものもやっぱりあるんですけど、それはやはり政治だけではもちろんなかなか物事って大きく変えることは難しく、スピードが遅いし、やっぱり再分配の仕組みは税金をベースにやるのでやっぱ税金を使ってセーフティネットを作るっていうのはなんでしょうね、そんな単純な話じゃないんですけど。納税者のお金をどう使うかってやっぱりなかなか意思決定は難しい、時間が掛かってしまう。

 

石川:そうですね。

 

例えば、最初のリバ邸なんて僕持ち出しでやってましたし、いまは会社として回るようになっていてそれで少しずつこうリバ邸の場所は増えてるんですけど。要は活動を広げていくっていうことにおける意思決定とか調達の幅広さってものは民間だからこそできるものがあるんですよね。どっちかだけが素晴らしいって訳でもなく、両方だからすごく大事でその間のグラデーションみたいなモノをどう作っていくかすごい大事だなあという風に思っているんですよ。

 

石川:なるほど。

 

家入:僕の友人のアサダワタルさんが、住み開き(https://karigurashi.net/ours/asadawataru-1/)っていう活動をやられている方がいまして。アサダさんが言われたことで、今でも凄く印象に残っている事があって。彼は、週末だけ開放するみたいなことやるんですよね、普段は自分の家だからもちろんプライベートなんですけど。土日だけは開放して誰でも来ていいよみたいな。

 

石川:うんうん。

 

家入:ちょっとした世間話をして、お茶して帰るみたいなことを住み開きって言ってて。これによって何が起きているかっていうと、完全にプライベートな家という空間が完全にパブリックにもならないんですけど、グラデーションのようにパブリックになるんですね。「この感覚がすごく面白いんだ」みたいなことをおっしゃっていて、あ、なんかすごいヒントあるなって思ったんですよ。やっぱりパブリックとかプライベートとかオープンとクローズとかそういう二極で分けてしまうからそこに断絶が生まれてしまうんだけど、一見プライベートだよねって思い込みがちな空間を何かの入り口をこうなだらかにしてあげるだけで、新しいパブリックが生まれるんですね。なんかそういう感覚を持ってたいなとはすごく思いますね。

 

石川:いまの話聞いて思い出したことで、僕、大学院のときに、大学院が古民家を運営してたんですよ、美濃市という街の中に借りていて。その古民家はもともと学生が作品を発表する場所だったんですけど、僕はできれば町の人たちの道具としてその古民家はどうやって使えるかを考えていて、石窯を作ったんですよ。3ヶ月ぐらいぼくは住んでいて、週末だけ町の人達に石窯で作れる料理を作ってきてください、って告知して。結構皆さん作ってきてくださるんですよね。石窯で作れるような料理を。

 

家入:うんうんうんうん

 

石川:滞在中は、割とそれで生活できてたんですよね、皆さん作ってきてくれて食べるっていう(笑)

 

家入:へー

 

石川:そもそも3Dプリンターとかレーザーカッターの導入するみたいな話もあったんですけど、何かを作りたいってモチベーションを高めることが先だ!ってのがあって、それで石窯をつくったという。

 

家入:うんうんうん

 

石川:料理はすごく奥行きがあるので、料理以外でも次何しようかってことをどうデザインできるか、というのをたくらんで行っていました。先程の話をきいて、あの石窯の空間はパブリックな空間だったかもしれないなって思いました。

 

家入:面白いですね

 

コロナ禍について、経営とリーダーシップについて

 

石川:最後に少し方向変わるんですけど、例えば今回コロナ禍の中で、台湾などが特にテクノロジーの部分でスムーズな動きがあって、一方はそのデジタル監視みたいな怖い目にはあるにしろ、僕は現状のデジタルな使い方、導入の仕方にちょっと羨ましさを感じました。

 

家入:うんうんうんうん

 

石川:ああいう動きを見てデザインの理解度が違うなと、すごく感心してしまって。少し、投げやりな質問ではあるんですけども、台湾の動きとかどうでした?

 

家入:隣の芝生は青いじゃないけどその周りを見渡したときに、例えばシンガポールはどうだったかとか、台湾はどうだったかとか、韓国はどうだったかとか、意思決定の大胆さとそのスピードの速さみたいなものは、ある種スタートアップの動きを見てるような感覚も凄かったんですよね。特に台湾とかはね。正直そういう国に住みたいなって思いましたし、スタートアップっぽさありましたよね。あのスピード感カッコいいですよね。

 

石川:ああいう人をまずこう大臣に抜擢するっていうところがすごいですよね

 

家入:素晴らしいですよ、本当すごい。ね、比較してこうやっていうのもね、あまりこうそういう風な言い方したくないけどもフフフ(笑)っていう感じですよね

 

石川:あんまりいきすぎると人気が集まりすぎる傾向は怖かったりするんですけど、風通しの良さや透明性も感じて、日本でこれできるのは、少なくとも10年以上は必要だな、って思ったりしました。

 

課題先進国:日本にどう向き合うか

 

家入:そうですね、やっぱ経営などやってると、よく考えることは多いですけど、リーダーシップとかは何かとか、マネジメントとは何かとかやっぱり考えますね。求められるリーダー像って時代とともに変わっていくし、新しいリーダーだったり新しい理論がどんどん出てくるんですけど、やはりいま日本にはどういったリーダーが必要なのかみたいなことを考えると、もっとこういったリーダーが必要なんかじゃないか考えることはよく多いです。

SDGsみたいな文脈でもよく使われますけど、やはり課題先進国って呼ばれる国ですよね。日本は豊さを実現したけど高齢化少子化が進んでいく中で、将来の経済みたいなものも長期で考えるとどうしてもやはり苦笑せざるを得ない中で、一方で戦後の高度成長期に作られたシステムのまま改革が起きてないので歪みが今めちゃめちゃ起きてる。少子高齢化が進み、経済が小さくなることに対して、いままでの基準で考えるから悲観的にならざるをえなくなるだけであって。そういったこれからの日本、課題っていうものがたくさんあるってことはある意味、宝物もたくさんあるってことだと思うんですよね。解決すべき課題があるってことは。

 

石川:ほんと、そうですね

 

家入:だからそこに対して、自分たち僕たちはもうこういう風に向き合っていくよって

ことを行動で示せるリーダーがすごく求められているんだと思うし、この日本で起きている問題ってきっと日本だけじゃなくて、やっぱ世界で先進国において問題になっていく問題でもあるんですよね。だから日本におけるモデルを作ることができればきっと海外にも輸出していけるし、海外のそのロールモデルになり得るなることができるいいチャンスなんだと思う。僕の友人とかで地方創生とかずっとやってきた仲間が、台湾とか韓国に招聘されて講演会に行ったりとか勉強会でなんか講師やってくれって言われて行ったりしてるんですね。これはもうやっぱりやっぱり圧倒的に日本と同じことや地方における課題とか、人口減少における課題とかって他の国でも起きてきてる中で、日本がやっぱ先端をいってるから日本から学びたいっていうのがすごくあるんですよね。だからこの課題をちゃんと向き合っていくことができれば、まだまだっていうかロールモデルには全然なれる国なんだと思うし、まあやることたくさんあるなっていう。

 

石川:そうですよね。僕がYCAMに居たときに毎年イヤーブックを1冊発行してて、その中で好きな人と対談していいよって言われて最初オバマって言ったら、オバマはダメだよって言われて(笑)

 

家入:フッフフ(笑)

 

石川:その後に当時、夕張市長だった鈴木直道さんにお願いしました

 

家入:うんうんうんうん僕も何度かお会いしたことあります

 

石川:なぜ夕張の話を聞きたかったというと、インタビューした2017年の10年前に夕張は財政破綻していて、財政破綻した自治体はどうなるかという想像力は全く僕にも無かったし、人々にもないなと思い、10年たってどうだったのか、それを見て話をしてみたいと思い依頼しました。

 

家入:うんうんうんうん

 

石川:現状どうなってたかを調べていくと、小中高18校あったのが3校になったりとか、公園が無くなったりとか、色々とやっぱり減らされていって、財政破綻したら僕が当時いたYCAMはすぐに潰されたと思うんですよ。

 

家入:うんうんうん

 

石川:僕はそのときに、文化っていうものをどうやって残していくかという実感が湧いたといいますが、なんとかして守らんといかんみたいな逆に決意を込めた感じでした。地方創生ってあんま僕の中でピンと来なかったんですけど、残した方がいいものがある、というより逆にいうと一回無くなっちゃったらもう本当に文化とかは一気になくなってしまうので、どうやってそれを継続させていくのか、そのためにいま自分ができることは何かっていうのは、すごく考えさせられた機会だったんです。

家入:うんうん

 

石川:先ほど色々出ていますけど、課題全部を上向きにするみたいなことも含めてその辺はまた改めてお話ししたいですね。時間がないんで(笑)

 

家入:したい(笑)これもねあの飲みながら話したい(笑)

 

石川:ちょっとこれは多分今日収まらないのでまたその辺の話はぜひ。本日は長い間本当にありがとうございました!

 

家入:いえいえこちらこそありがとうございました!

 

 

 

 

こちらで家入×石川による対談は終了となります!

 

いかがでしたか?また次回、新たな組み合わせでのクロステックデザイントークをぜひお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

秋のminiオープンキャンパス!

 

これから具体的に進路を考えはじめる高校1・2年生限定!
まずは気軽に大学を見学して、京都芸術大学のワクワクする学びを体感しよう!
*イベントの詳細は10月初旬に公開します
*高校3年生・受験生・今年度受験を予定している留学生の方は、11月開催予定の限定イベントへご参加ください。

  • 日程:10/24(土) 10/25(日)

時間:10:00〜/13:00〜

*2部制 *事前予約制

予約はこちらから!

 

 

京都芸術大学クロステックデザインコース公式ページに授業内容の詳細を掲載中!

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

 

twitter   Instagram

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。