空間演出デザイン学科

2020年12月

  • LINEで送る

2020年12月25日  日常風景

年内最終授業です

 

 

こんにちは、空間演出デザイン学科です!

 

 

早くも令和2年が終えようとしています。

本日はそんな年内最後の授業日でした。

 

まだまだ新型コロナウイルスが収まらず、油断できない日々ではありますが、

年末年始、学生の皆さんは地元へ帰省する人もいるでしょう。

 

皆さんには今の情勢に適した行動で、年末年始を過ごしてもらいたいですね。

 

 

 

 

 

さて、最終授業日でしたが、それぞれの学年では制作に追われる学生ばかり。

 

年明け早々に合評などの作品プレゼンを控えている授業も、、、

 

制作の邪魔にならない程度に撮影してみました。

 

 

 

 

 

_DSC0005

_DSC0006

_DSC0012

_DSC0004

_DSC0015

_DSC0024

_DSC0027

_DSC0033

_DSC0034

 

 

 

 

こんな感じでいつも制作や授業を受けています〜〜〜

 

 

 

年明けにも4回生の卒制や学年コースそれぞれの合評など、授業風景や作品紹介を予定しています。

 

また来年もどうぞお楽しみに★

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年12月17日  日常風景

瓜生山にも初雪 〜興心館より〜

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

 

今日は瓜生山にも初雪が積もりました。

 

真っ白な景色は、午前中のうちに溶けてしまいましたが、学科のある興心館(こうしんかん)からの景色をお届け★

 

 

 

 

 

_DSC0004_DSC0003

 

 

研究室からは望天館や、向こうの山まで見えるんですが、うっすらと雪化粧で綺麗でした。

 

ピリッとひりつく冷たい空気もこの季節ならではのものですね。

 

 

 

 

 

ちなみに望天館の屋上では、この撮影後にこども芸術大学のこども達が雪合戦していました。

キャーキャーとはしゃぐ声も聞こえてくるので、とっても和みますよ〜

 

 

_DSC0005 _DSC0006

 

 

 

初雪便りでした☆

 

 

 

 

 

 

 

さて、現在 研究室では密かに在学生へのインタビューを計画しております!

 

 

少しでも空間演出デザイン学科の魅力が伝われば嬉しいので、

また報告できるようにしますね!

 

 

ぜひお楽しみに!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年12月16日  イベント

はじめての芸大体験、ご参加ありがとうございました◯

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

ググッと寒さが増し、今日は大学のある瓜生山に少し雪が降りました!(ほんのチラッとですが笑)

 

 

 

さて、先日の13日は『 はじめての1day芸大体験 』が行われました!

その様子を写真にてご紹介です★

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

新型コロナウイルスに備え、感染防止対策を万全にしての開講でしたが、

保護者の方も含め、多くの高校生さんたちに参加いただきました。

 

寒い日でしたが、本当にご参加ありがとうございます!

 

 

 

 

今回の授業内容は、

 

空間デザインコースが『 コミュニケーションベンチ 』

 

ファッションデザインコースが『 フリーズのジュエリー 』でした。

 

内容は昨年と変更がないのですが、今回も短時間でおもしろい作品を完成してくれました◯

(昨年の様子、、、 check!)

 

 

 

 

 

 

 

高校生のお顔は写せないので、少し遠目にはなりますが授業風景になります。

 

▼空間デザインコース

_DSC0111 _DSC0113

まずはコースガイダンスから!

 

1年生の時に参加してくれていた人もいましたが、はじめましての人ももちろんいるので先生より丁寧に案内がされます。

今回は先輩からの作品紹介ムービーが更新されましたよ!

 

 

 

 

また、今回は学生スタッフも参加していたため、高校生に優しくアドバイスしてくれていましたっ

 

_DSC0118 _DSC0123

90分間の時間で制作なので、黙々と制作を進める皆さん、、

 

 

_DSC0121 _DSC0129

 

 

 

授業最後には、近くの席の人たちで作品について説明、簡単にコメントを返します◯

 

作ったものを発表するのも大事ですし、他者からのコメントを受けることで新たな気付きもあったりします!

 

 

 

 

 

 

▼ファッションデザインコース

 

_DSC0114

 

こちらもコースガイダンスから始まり、先生の小話なんかも挟まれつつ制作に入っていきます!

 

_DSC0127 _DSC0126

 

 

 

制作素材は厚手のトレーシングペーパー。

 

ジュエリーにするため、カッターで切り落とさない程度の折りをつけるなど、

少し技術のいる作業もありつつも、

 

身の回りにある柄や模様をトレースしながら、バングルやブローチなど制作!

 

 

 

 

こちらも学生スタッフより丁寧なレクチャーがもらえます◯

 

_DSC0117_DSC0130

 

 

 

 

 

 

 

次のオープンキャンパスは2月13日・14日

 

卒業展も見学できるお得な日程となっていますので、ぜひご参加ください!

 

 

 

 

コロナウイルスがまだまだ終息せず、予約制にはなりますのでお早めのご予約をオススメします!

 

thumbnail_b01

 

予約サイトなどの情報は専用サイトにて更新されていきます!

 

参加希望の人は、情報を逃すことのないようお気をつけください〜〜〜

 

 

オープンキャンパス専用サイト

 

 

 

 

また未来の空デ生に会えること楽しみに、お待ちしております!!!

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年12月13日  ニュース

本日スタート★ 「空間演出デザイン学科のデザインレッスン」

 

 

こんにちは!空デ研究室です!

 

 

なんと、今日から『 空間演出デザイン学科のデザインレッスン 』をブログで開催していきたいと思います!

 

デザインレッスン

 

月に一度程度の頻度で更新していきますので、いつものブログと合わせて楽しみにしてもらえると嬉しいです!

 

 

 

 

 

第1回目は「 わがまちブーケ 」

 

IMG_2922.heic

 

「わがまち」というのは、自分の住んでいる町のことを指しています。

 

 

これは表がわがまちの写真になっていて、裏にメッセージを描けるようにしています。

 

 

まとめてブーケのようにしてプレゼントもよし、メッセージカードになっているので寄せ書きにも使えます。

もちろん1本ずつ違う人にプレゼントすることも可能です。

 

 

わがまちを観察して知り、そこで発見をし、メッセージカードに変身させます。

 

楽しみながら撮ったものが喜びに変わる、そんな作品になるんじゃないかなと思います。

 

わがまちの写真は個人間で使用するものなので画像検索などで拾ってきても構いませんが、

せっかくなので自分で撮った写真を使って作ったらもっと楽しい作品になるのではないでしょうか

 

また、そのうちの1枚は自分で描いたわがまちイラストも入れてみましょう!!

 

 

 

では見本を作成してみましたので紹介です★

 

大学が京都にあるので「京都のわが町ブーケ」を作りました。

制作手順を書いておくので、みなさんもぜひ作ってみてくださいね!

 

来年の4月〜5月にオープンキャンパスがあるので、作った作品をその時に見せてもらえたらとても嬉しいです!!

 

●材料●

 

・わがまちの写真 9枚
・わがまちのイラスト 1枚
・土台にする紙(画用紙程度の厚さがある方が好ましい) 適量
・メッセージを書く部分の紙 適量
・包装紙や紙袋 1枚
・竹串(ストローなど、細い棒状の物ならなんでも可) 10本
・マスキングテープ(好きな色・柄でOK)
・木工用ボンド(接着できるものであればなんでも可。竹串を挟む部分は木工用ボンド推奨)
・ハサミ
・リボン(紐など) 適量

 

 

 

【 制作手順 】

 

① わがまちの写真をかたち通りに切る。

IMG_2884.heic

IMG_2886.heic

② 土台の紙2枚に①の写真をのせて、写真よりも少し大きめに切る。(この時ずれるようだったら、軽くマスキングテープで止めるとやりやすいと思います。)

IMG_2901.JPGIMG_2902.JPG

 

 

③ メッセージを書く部分を写真の形に合わせて切る。(かたち通りきっちりでなくても全然大丈夫です!!)

IMG_2903.JPG

④ ②で切った土台の紙に写真と③で切った紙をそれぞれ貼る。

 IMG_2891.heic

IMG_2896.heic

 

⑤ 竹串のに気をつけながら、マスキングテープをまく。(竹串のお尻側から巻きましょう。)

IMG_2904.JPG IMG_2905.JPG IMG_2906.JPG

IMG_2895.heic

 

⑥ ④の紙に竹串を挟んで貼り合わせる。竹串を挟んだところが浮いてこないように手で押さえて、くっついたら乾かしておく。

IMG_2925.JPG

全部で10本。こんな感じになります。
IMG_2919.heic

⑦ 全部まとめて高さを調整したりして、ブーケ状にしてリボンなどで結んで固定する。

IMG_2922.heic

 

⑧ 最後におうちにある紙袋(包装紙などなんでもいいです。)で⑦のブーケを包む。
IMG_2923.heic

できあがり♪

 

上手に作れましたか??

 

 

素材となる風景を探すため、普段歩いている町をキョロキョロ見ていくと新しい発見があったりします。

それをこんな風に可愛く仕上げていくのは作業しててとても楽しいですよ。

 

 

 

 

 

みなさんも楽しみながら作ってもらえると嬉しいです。

 

 

オープンキャンパスで作品を見せてもらえるのを楽しみに待っていますね〜〜!!

  • LINEで送る

2020年12月8日  授業風景

卒制最終審査が行われました

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

以前の更新からあっという間に1ヶ月が過ぎようとしていました、、

これからは週1更新を目標に、授業のことや、ちょっとしたことまで更新できるように頑張ります。

 

コロナ禍でも元気な学生たちの日常を発信していきますね!

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

さて、今回は卒制の【 最終判定審査 】について写真でのレポートです。

 

 

“最終”ということなので、今回の審査発表で “ 卒業判定 ” がなされます。

みんな前日ギリギリまで準備に追われいている様子でしたが、当日も緊張感が感じられました。

 

 

写真と共に紹介です。

 

 

 

 

7日を空間デザインコース、8日をファッションデザインコースと分かれて実施。

 

今回は学科審査となりますので、両コースの先生全員が審査員です。

 

 

_DSC0047

_DSC0052

_DSC0054 _DSC0056 _DSC0058 _DSC0063 _DSC0066

審査といえ、時には和やかなムードも◯

 

_DSC0073 _DSC0077

ベランダつきの学科教室があります!

天気もよくて一安心。

 

_DSC0079 _DSC0084 _DSC0087

 

 

ファッションデザインコース!

 

 

_DSC0091 _DSC0098

ファッション作品の構造を実際に見せながら説明します。

 

_DSC0099 _DSC0102 _DSC0104

コンセプトなどを説明したボードも使いながら発表。

 

はじめて見る人が作者なしでも理解できるようにまとめることが重要ですね。

 

_DSC0107

 

 

今年の卒展会期は2月6日(土)から。

そう考えるとなかなか時間もなくなってきました。

 

 

明日には今回の審査を受けての判定結果の発表がありますが、

それからもブラッシュアップを重ね、展示に向けて制作していきます。

 

 

作品を詳しく説明したい気持ちもありますが、卒展本番を期待していてください!

 

あとはコロナの感染拡大が今以上に酷くならないことを祈ります、、

 

 

 

 

 

 

 

 

卒展まで約2ヶ月。

 

卒業まではあと3ヶ月です。

4回生の制作風景が見れるのもあとわずか。

 

少し寂しい感じもしますが、みんなには最後まで頑張ってもらいたいですね。

 

 

 

 

 

▼審査1、2週間前の4回生たち

_DSC0002 _DSC0004 _DSC0005 _DSC0006

 

 

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。