文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年4月23日  ニュース

この春、新しい先生が加わりました!

この春、文芸表現学科に新しく、中村純(なかむら・じゅん)先生が着任されました!
 
中村先生は、慶應義塾大学の学生の頃から文芸誌の編集に携わり、卒業後は女性雑誌・文芸・学術・一般書籍・教科書・教材など、幅広い分野の編集、執筆をされてこられました。東京から京都へ来られたことをきっかけに独立され、これまでに詩集・エッセイ集・インタビュー集の著書を出版されています。
 
bungei19 nakamuraT
 
中村先生よりメッセージ
「言葉や表現を通じて、自己や他者、社会や文明に働きかけること、尊厳をかたちづくる試みが私にとっての文芸です。
今年度は、「創作ワークショップ」という授業でエッセイや小説を担当したり、1・2年生での必修科目「百讀」で古今東西の名著を読み合います。ゼミでは、「書を読んで、街へ出よう」を呼び声に、取材、執筆、編集、詩、文芸キャリアデザインをテーマにしています。ともに、言葉と文芸の旅に出ませんか」
 
 
 
中村先生が加わった、新たな文芸表現学科にご期待ください◎
 
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−
 
今週末に迫った春のオープンキャンパスでは、中村先生をはじめ、文学研究家の河田先生、作家の辻井先生、編集者の村松先生、作家の山田先生とじっくり話しをして、文芸表現学科でなにが学べるのか、卒業後はどんな仕事に就くのか、入試や学生生活の疑問・質問・相談などなんでも聞くことができます。
 
また、ワークショップ「コピーライター体験 -自分のコトバで缶バッジをつくろう」では、学生スタッフもみなさんをお待ちしています。
 
小説や雑誌のみならず、脚本・ライター・詩など、言葉に興味のある皆さん、
ぜひ、ご来場の際は文芸表現学科ブースにもお立ち寄りください。
 
お待ちしております〜。
 
 
2019ocsp
 
『2019年度 京都造形芸術大学 春のオープンキャンパス』
日時:2019.04.27(土)-28(日) 10:00-16:00
受付:09:40から
文芸ワークショップ:「コピーライター体験 -自分のコトバで缶バッジをつくろう」
 
 
 
「今回は参加が難しい…」という方は、今後のオープンキャンパスでお待ちしております◎
2019年度OCスケジュール:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

関連記事

<2223242526>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。