こども芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年5月28日  ニュース

【新任教員紹介】北後佐知子先生

今年から新しくこども芸術学科の一員になられた北後佐知子先生をご紹介します。

北後先生は、保育領域の授業「保育所実習指導」や「家庭支援論」などをご担当いただいています。

北後先生

北後先生からのメッセージ

 これまで私は保育思想や児童養護施設での子どもとの生活を中心に、とりわけ乳幼児という存在について考えてきました。こども芸術学科では、学生のみなさんの、何かを創出しようとするエネルギーや葛藤、喜びにたくさん出会うことができます。そこに乳幼児(こども)理解の核心へ通じるものを感じます。

 こども芸術学科の日々を通して記憶をたどってみると、幼いころ私は油粘土で星をモチーフにしたものをつくるのが好きでした。一人黙々とつくっていましたが、ある時、隣に立った子が「星の国だ」と言いました。私も同じことを思いながらつくっていたので、とても驚き、飛び上がるほど嬉しかったです。表現する(ものをつくる)ことと、人とつながることの喜びを感じた大切な思い出のひとつです。

 みなさんと一緒に、問いを深められること、保育・幼児教育の世界をひろげられることを何より楽しみにしています。

 

■■■オープンキャンパス情報■■■■■■■■■■■■■■■■■■

6月9日(日)7月7日(日)1日体験入学開催!

1日芸大生を体験して、AO入試対策にもつながります!

もっと、こども芸術学科について知ってみませんか?

詳しくはコチラ

 

今後のオープンキャンパス予定を是非ご確認ください!

2019年度オープンキャンパス開催日程

 

こども芸術学科公式ツイッターこちら

関連記事

<7891011>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。