こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2019年6月6日  イベント

【特別講義】木工エンターテイメント ナルカリ先生 その1

2019年度、こども芸術学科では「玩具・おもちゃ」をテーマに、様々な方面で活躍される方をお呼びし、年間5回の特別講義を行う予定です。

先日、その第1回目の特別講義が行われ、ゲストとして、ナルカリ先生にお越しいただきました。

 

[ゲスト]

ナルカリ(ナルカリクラフト代表)

[プロフィール]

1968年大阪府生まれ。大阪芸術大学で美術学科木版画を専攻、デザイン会社に勤務などを経て、妻の実家の木曽に移り住む。そこで木工に出会い、長野県立技術専門学校の木工科に入学し、家具作りを学ぶ。1997年にナルカリクラフトを設立。

テレビ東京「TVチャンピオン~木のおもちゃ王選手権」の出演がきっかけで、電動糸ノコのトップブランド、株式会社ユタカから様々な協力を得ることとなり、独自のクラフトエンターテイメント分野(糸鋸寄席や糸鋸寿司など)へと、その活動が広がる。現在は、自作の木のおもちゃを使用したアニメーション制作も行っている。

 

IMG_9388 1

まず最初に「糸鋸寿司(いとのこずし)」のパフォーマンスが始まりました!

「糸鋸寿司(いとのこずし)」とは、客さんから注文を聞き(好きな動物など)、糸鋸を使てその場でカットを行うというものです。愛・地球博に出展した際、最初はお寿司屋さんの格好をせず、糸鋸を使ってお客さんからオーダーされたものをカットしていたそうです。しかし、ナルカリ先生自身、もっと面白くできないか、と考えた結果「オーダーをもらってその場で作り、お客さんに出す」という流れがお寿司屋さんに似ている!とひらめき、「糸鋸寿司(いとのこずし)」のかたちに行き着いたそうです。

 

即興で、2名の学生に動物を切り抜いてくださいました!は、速くてカメラで追えません・・・!IMG_9385

お次はライブパフォーマンス!

IMG_9393 1

糸鋸の台を斜めにし、その上に乗って、木をカット!しかも片手でのカットです!

IMG_9402 1

乗りにノって、トランスフォーム!

IMG_9429 1

IMG_9424 1

あっという間に学生のリクエストに応えて、苗字を切り抜いてくださいました!

IMG_9489 1

木曽の地で木工と出会い、家具作り、おもちゃ作りをはじめ、糸鋸寿司やアニメーション制作など幅広い表現を行っているナルカリ先生。たくさんのおもちゃをお持ちいただき、実際に触らせていただくことができました。詳細は「その2」でご紹介しますのでお楽しみに!

 

■■■いよいよ今週末!オープンキャンパス情報■■■■■■■■■■■■■■■■■■

6月9日(日)こどもの目線の世界を、イラスト制作で体験してみませんか?

1日芸大生を体験ができて、AO入試対策にもつながります!

もっと、こども芸術学科について知ってみませんか?

詳しくはコチラ

 

7月7日(日)にも1日体験入学開催!

今後のオープンキャンパス予定を是非ご確認ください!

2019年度オープンキャンパス開催日程

 

こども芸術学科公式ツイッターこちら

関連記事

<1415161718>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。