こども芸術学科

インタビュー

  • LINEで送る

2019年5月22日  インタビュー

【新任教員紹介】 樋口健介先生

今年から新しくこども芸術学科の一員になられた樋口健介先生をご紹介します。

先生のご専門は「絵画」「幼児の造形表現」「造形ワークショップ」で、教育実習関連の授業を担当されています。

 

樋口先生とカモシカの剥製(東北のとある集落の公民館にあったそう)

顔写真(樋口)

樋口先生からのメッセージ

初めて、クレヨンで線を引いたときのことを覚えていますか?

初めて、ハサミで紙を切ったときのことを覚えていますか?

 

きっと、ものすごく楽しくて嬉しかったのではないかと思います。

大人になると当たり前で感じにくくなってしまった喜びをこどもたちは素直に表現します。その喜びを共有するためには、まずは自分がものづくりに真剣に取り組むことが大切です。

ものづくりに真剣に取り組むこと、そして、こどもたちと向き合うことを通じて、“こども芸術”の意味をみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

/////////オープンキャンパス情報////////////////////////////////////////

6月9日(日)7月7日(日)1日体験入学開催!

1日芸大生を体験して、AO入試対策にもつながります!

詳しくはコチラ

 

今後のオープンキャンパス予定を是非ご確認ください!

2019年度オープンキャンパス開催日程

 

こども芸術学科公式ツイッターこちら

関連記事

<2122232425>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。