こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年7月7日  授業風景

授業公開オープンキャンパス|1年次絵画基礎

今日の京都は曇り空ながらも、少し晴れ間もみられます。

授業公開オープンキャンパスが始まりました。

 

さて、先日水曜の絵画基礎、朝から雨だったのですが、祈りが通じたのか授業時間には何とか天気も持ちこたえてくれました。

 

1年次生、こんな感じで描いています。今日はさらに油絵の具を重ねていきます。

 

IMG_5552 IMG_5553 IMG_5556 IMG_5558

 

そして、今日の公開授業オープンキャンパス、こども芸術学科の授業は学食のある至誠館の教室と、至誠館屋上から松林館を抜けた地心館で行っています。

 

このように、今日の授業を見ていただければ、こども芸術学科はしっかり油絵も体験しますし、他にも子どもの歌の発表会や保育の講義、雑誌のデザインなど、多様な学びが垣間見られます。「こども」「教育」を「芸術する心」で感じ、考え、表現やコミュニケーションについて考えてゆきます。

 

地心館、大階段のある人間館NA棟からはちょっと離れていますが、瓜生山の小径をピクニックする気分でお越し下さい。緑がたくさんあって、心地よい校舎です。

 

それから、午後から晴れていたらこの絵画基礎の授業は瓜生山キャンパスのあちこちで1年生が油絵を制作していますよ!

 

高校生の皆さん、ぜひ、普段の授業風景を見にお越し下さい!

 

(森本玄:教員/絵画)

関連記事

<325326327328329>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。