マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年7月16日  授業風景

タカハシ ヒロユキミツメ先生特別講義!

7月11日の「キャリアデザインⅠ」の授業にイラストレーターとして活躍中の

タカハシ ヒロユキミツメ先生がゲストに来てくださいました!

IMG_5456

ミツメ先生はイラストレーター以外にもデザイナーやアートディレクター、アナログでのライブペイント、

服のデザインなど多岐に渡り活動されています。誰もやったことがないことをするをモットーにお仕事に取り組まれているそうです。

誰もやったことがないものに携わるのは、勇気が必要なことだと思います。

しかしそれがプロとして生きていく覚悟ということなのかもしれません。

 

絵はマウスを用いてillustratorで描いているそうです!マンガ学科の学生たちの多くはマンガ制作ツールのクリップスタジオとペンタブレットを使っているので驚きの声が上がりました。

授業後半は実際にillustratorでドローイングを見せて頂きましたが、圧巻でした!

すさまじいスピードで完成されていくイラストに、皆息をのんで見ていました。

IMG_5464

なぜミツメ先生がillustratorを使っているかというと、

「以前はPhotoshopを使っていたけれど画像を拡大したときに荒くなって見えるのが気に入らなかった。

その点illustratorはどれだけ拡大しても荒くならないし線がキレイ!」とのこと。

ミツメ先生のイラストは印刷に出ないような細部まで描き込みがされていました。

 

DSC00465

プロとして仕事をしていくこと、自分にしかできないことで勝負していくこと、実際に世界で活動している方から聞くお話は学生の心に響いたと思います。

とても良い刺激を受けたと思うので、自分の作品に活かしていってください!

 

タカハシ ヒロユキミツメ先生、ありがとうございました!

 

関連記事

<5758596061>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。