情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2020年1月21日  イベント

【展覧会】情Dプロジェクト デジタル・映像メディア展

こんにちは情報デザイン研究室です。
現在開催中の学内展示についてご案内します。

 

|情報デザイン学科プロジェクト デジタル・映像メディア展|
会期:2020年1月10日金曜 – 23日木曜
会場:京都造形芸術大学 人間館1Fラウンジスペース

展示内容:3つのプロジェクトの成果
・A.Iクリエーション・ラボ
・鳥獣人物戯画デジタル新表現開発プロジェクト
・山城地域魅力PR動画 久御山町篇 制作プロジェクト

 

主催:情報デザイン学科

 

 

情報デザイン学科は、企業や自治体が抱える課題を、アート・デザインの力で解決する

「社会実装」を重視し、数多くのプロジェクトによって社会貢献をおこなっています。

この展覧会では、2019年度に学科で実施した20本以上の中から、

〈デジタル〉〈映像メディア〉に軸を置いた3つのプロジェクトの成果を紹介します。

「鳥獣人物戯画・デジタル新表現開発プロジェクト」は、国宝「鳥獣人物戯画乙巻」を題材に、

絵巻物という古来の情報伝達メディアを最新のメディア手法で再現するコンテンツ開発、

「山城地域魅力PR動画 久御山町篇 制作プロジェクト」は地域創生課題に対し、

住民の日常生活を学生視点によって文化、産業という町の魅力を発信する取り組みで、

この2つのプロジェクトについては映像コンテンツを展示しています。

 

 

「AIクリエーション・ラボ」は、AI=人工知能を使った画像生成を通じ、

これからデザインがいかにAIと共存していくのかを考察し提示する取り組みで、

会場では、人工知能が来場者の協力を得て「わびさび」を理解しようとする試みとして、

AIに「わびさび」を学習させるコーナー、AIが学習して出力した「わびさび」画像、

学習中に生成した画像を展示しています。
ぜひ体験、体感してください!

 

IMG_5840

「AIクリエーション・ラボ」の展示  

『AI×わびさび』

IMG_5843-1

 

「山城地域魅力PR動画 久御山町篇 制作プロジェクト」

映像作品『音(ね)のなる方へ~久御山町の音を聴く~』

スクリーンショット 2020-01-20 18.04.38 

 

「鳥獣人物戯画・デジタル新表現開発プロジェクト」

映像作品『Anima 鳥獣人物戯画乙巻 ムービースケッチ』

スクリーンショット 2020-01-20 18.04.20

|プロジェクトメンバー|
「A.Iクリエーション・ラボ」
岡崎竜久・北村穂乃花・谷琴音・中里彩・根之木颯亮

 

「鳥獣人物戯画・デジタル新表現開発プロジェクト」
猪飼菜奈・沖野可鈴・黒川尚美・柴田真衣・菅沼穂乃花・洲戸洸仁・関屋絢音・水川莉沙・吉田有希

 

「山城地域魅力PR動画 久御山町篇 制作プロジェクト」
鬼川いおり・内野結子・澁谷敦志・谷琴音・森颯詩・王璇

 

2月8日(土)に「京都やましろムービーフェス」にて、「山城地域魅力PR動画 久御山町篇 制作プロジェクト」で制作された作品『音(ね)のなる方へ~久御山町の音を聴く~』が上映されます。そちらへもどうぞ足をお運びください。
京都やましろムービーフェス
http://www.pref.kyoto.jp/kyotoyamashiro/prmovie.html

 

情報デザイン研究室スタッフ:クスモト

関連記事

<910111213>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。