情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年12月13日  イベント

【映画上映のお知らせ】カワイオカムラ『ムード・ホール』

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

 

情報デザイン学科の川合匠先生岡村寛生先生との映像制作ユニットカワイオカムラによる新作『ムード・ホール Mood Hall』。

先日スイスで開催されたアニマトウ国際アニメーション映画祭 2019ジュネーヴ近現代美術館(MAMCO)賞を受賞されたことはこのブログでも紹介しました。

 

このたび2020年春のロードショー公開に先駆け、一夜限りの先行上映が決定しました!

 

 

【ムード・ホール mood Hall 先行上映】

日時:1227日(金)午後19時25分ー午後21時00分

場所:出町座

料金:1,500円

 

併映:『コロンボス』(カワイオカムラ監督、原摩利彦音楽)第65回ロカルノ映画祭公式出品、アルスエレクトロニカ2014コンピューターアニメーション/FILM/VFX部門公式出品、第53回クラクフ映画祭国際短編映画部門最優秀アニメーション作品賞受賞作品

 

【アフタートーク】
スペシャルゲストによる2対2トークが本編上映後に開催されます!
登壇:北小路隆志さん(映画評論家/京都造形芸術大学教授)、石橋義正さん(映像作家/京都市立芸術大学教授)、カワイオカムラ監督

 

広報制作としてポスター、フライヤーのデザインは仲村健太郎さん(情報デザイン学科2013年卒)、
予告編制作は水野開斗さん(情報デザイン学科2016年卒)が担当されています。

 

mood-hall_demachiza_01_ok_ol_omote mood-hall_demachiza_01_ok_ol_ura

 

 

 

【予告映像】

 

 

 

川合先生、岡村先生が普段どんな作品を作られていて、どのようなコンセプトで活動されているかを知る絶好のチャンスです!

ぜひともチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

スタッフ ウコン

 

関連記事

<1415161718>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。