こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2020年2月11日  イベント

【卒業展】特別講演会 NPO法人アーキペラゴ代表理事 三井文博さん

本日は、NPO法人アーキペラゴの代表理事、三井文博さんにお越しいただき、こども芸術学科の学生に対して、特別講演会を行っていただきました。

IMG_9976

IMG_9917

NPO法人アーキペラゴの活動の一部として、芸術士(絵画・彫刻・パフォーマンス・デザイン・工芸など、様々な分野で表現活動する作家)を、保育所やこども園、幼稚園へ派遣し、毎週1回、子どもたちと表現活動を行う、という活動があります。卒業生のミズカさんも、芸術士として活動しています。

IMG_9884

まずは、ほかで見ることができない現代アート作家の作品や、美術館などが話題になっている直島、若い家族の移住をきっかけに、様々な人が集い、ゆっくりと豊かになっている男木島など、アーチやコミュニティの力で盛り上がっている瀬戸内のことについてお話しいただきました。

IMG_9901

そして、芸術士の取り組みが始まった経緯について、レッジョエミリアのアトリエスタの取り組みや、レッジョエミリアの幼稚園の様子、ボローニアにあるレミだセンターの活動を交え、こどもたちの感性や創造力を広げ、のばしていくヒントをお話しいただきました。

 

お話しいただいた中で、特に印象的だったのは、芸術士は、子どもたちに寄り添い、表現活動に「結果」を求めず、子どもの個性を尊重し、自らが考えて伝える力をサポートする存在である。というお話でした。

IMG_9911

IMG_9951

こども芸術学科が目指すところと、かなりリンクしたお話がたくさんあり、学生たちも真剣に聞き入っていました。

 

三井さん、本日は本当にありがとうございました!

 

こども芸術学科公式インスタはコチラ

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

 

●●あんふぁんずーの活動はこちら●●●

「あんふぁんずー」とは

芸術と保育、教育の両方の学びを活かして、こどもの感性を育んでいこうと、こども芸術学科2・3回生10名で、児童文化財やレクリエーションを通して活動を行っている学科内サークルです。

Instagram https://instagram.com/anfan_zoo

Twitter https://twitter.com/anfan_zoo

 

公演依頼、お問い合わせはこちらへ anfan.zoo1045@gmail.com

 

1280x720_topgb_03132

関連記事

<1617181920>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。