マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年5月15日  授業風景

夏目ひらら先生の特別授業!

今日の志賀先生のマンガ概論Ⅰの授業で、
夏目ひらら先生をお迎えして特別授業が行われました!

 

chayamanga_blog_644_0
夏目ひらら先生は、 別冊マーガレット系列の雑誌で少女漫画を描かれている先生です。
今月のザ マーガレットの巻頭カラーを描かれています。

授業では夏目先生のほか、
別冊マーガレットの編集長さんと夏目先生の担当の方も交えて
デビューするまでの道のりをお話をして頂きました。

夏目先生の初投稿は高校1年生で、
それからどんどんマンガを描いて投稿し、
大学4年間では、15本~20本投稿したそうです。

担当さんがついてからデビューするまで
何度もファックスでやりとりをして、指摘されたところを直したり
絵柄の研究をしたそうです。

デビューするまで投稿回数も多く、長くかかったけど
最後まであきらめないで、必死に食いついて粘ってデビューした!!
とおっしゃっていました。

お話を聞いていて、
努力家で、そして本当にマンガが大好きなんだ、
という気持ちがとても伝わってきました。

夏目先生の投稿時代の作品を見せて頂きながら
持ち込み、投稿についてのお話も聞けて
これから持ち込み、投稿するぞ!と考えている学生たちには
とても勉強になったのではないかと思います。

それから、編集長さんのこの言葉がすごく心に残りました。

『新しいことに挑戦すると、なかなかうまくできなくて
今までできたことができなくなっているような錯覚にまで陥るけど、決してそんなことはなく、
新しいことに挑戦するのは、やったことがないことなのだから
難しくてうまくできないのはあたりまえ。

つらいときは、成長している。
つらくないときは、成長していない。

人はつらい経験をすることで成長する。』

特別授業の後、編集長さんにネームを見てもらう学生がいたり、
ネーム用紙を研究室に取りに来る学生が増えたり、
みんなやる気がますます出てきたようです!

マンガ家への道のりは、大変だけど
みんなあきらめずに進んでいってほしいです。

関連記事

<401402403404405>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。