映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年12月26日  ニュース

村瀬大智監督作品が「京都みなみ会館」で特集上映!!

先日映画学科卒業生たちの作品上映企画「PLAYBACK2020」の、「出町座」で1月15日(金)から上映される「若手作家特集」をお伝えしましたが、今回は1月22日(金)から上映される「京都みなみ会館」での「村瀬大智特集」の情報です!!

 

キャプチャ

 

村瀬大智監督『忘れてくけど』(2017年度短編ゼミ作品・「第72 回カンヌ国際映画祭のショートフィルムコーナー」 出品)

 

忘れてくけど

 

村瀬大智監督『彷徨う煙のように』(2018年度自主制作)

 

01

 

村瀬大智監督『赤い惑星』(2018年度中編ゼミ作品・2020年劇場公開)

 

640

 

村瀬大智監督出演作、唯野浩平監督『ムチノセカイ』(2017年度自主制作・2020年劇場公開)

 

640

 

村瀬大智監督『ROLL』(2019年度卒業制作・「第21 回TAMA NEW WAVE コンペティション入選」・「なら国際映画祭2020 NARA-wave 」観客賞・「ヤング・パースペクティヴ2020」出品)

 

ROLL

 

1月22日には俳優の井浦新さんと映画学科の鈴木卓爾先生、村瀬大智監督のトークショーも予定されていますのでぜひお越しください!!

 

井浦新さん

 

<4445464748>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。