基礎美術コース

1年生 いけばな 世界で一つだけの花籃(はなかご)を作る

基礎美術コースは日本人の表現者の「基礎」は日本の伝統文化にある、という考えのもと日本文化を幅広く学んでいくコースです。
1年生は「いけばな」の授業が続いています。
今週からは田辺竹雲斎先生をお迎えして、自分の花を生けるための花器作りの授業が始まっています。

4月28日は「世界で一つだけの花籃(はなかご)を作る」と題しまして、細くした竹を使用して花を生けるための「花籃(はなかご)」を作りました。
1年生は竹工芸を作ること自体が初めての経験。
それなのに田辺先生から「みんなクオリティが高い、そして個性的」というコメントが出てくるくらい面白い作品がたくさん出来上がりました。
また、この授業は残念ながら日本に入国できていない韓国のキムくんもオンラインで出席しています。
カメラ越しながらキムくんも積極的に参加して良い作品を作っていました。
この「花籃」にどんな花をみんな生けるのでしょうか。
今後の授業もとても楽しみです。

123>