染織テキスタイルコース

1年生〈染めクラス〉着色抜染の雪花絞りを染める 1/2

染織テキスタイルコース1年生の授業の様子を紹介します。

 

雪花絞りとは「板締め絞り」という生地を板で挟んで染色する技法のひとつです。

今日の授業は生地を先に染めた上から雪花絞りをする、着色抜染の方法で雪花絞りを染めていきます。

 

絞り染めの授業の最後には浴衣の生地を染めます。

 

そのために現在はてぬぐい生地で試行錯誤をしています。

 

たくさん染める!手を動かす!試行錯誤!がこの授業のポイントです。

 

今週は、生地を先染めします。

グループに分かれて真っ白な布を4色で地染めしました。

 

この鍋には赤色の染料が入っています。
ムラになってしまわないように混ぜながら染めます。

 

 

白い生地が目が覚めるような真っ赤に!

 

 

生地が染まったら、じゃぶじゃぶ、しっかり洗います。

洗い終わったら、干して完了!しっかり広げて乾かします!

 

 

今日はここまで。
次の授業では、どんな柄になっているでしょうか。楽しみですね♪

<12345>