舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年8月26日  授業風景

【夏期】集中授業第2弾

昨日・今日と急に涼しくなって、みなさん体調はくずしていませんか?

 

夏期集中授業第二弾が

先週8/19〜8/24の6日間行われました。

堂岡俊弘先生による音響の授業です。

 

週の前半は

音響とは?の講義から始まり、

音響機材の仕組みや使い方を学んでいきました。

ホワイトボードに[Layer][PATCH][PAGE]などとかかれています。 難しそう。。

ホワイトボードに[Layer][PATCH][PAGE]などとかかれています。
難しそう。。

音響卓(ミキサー)を使えるようになってきたかな?

音響卓(ミキサー)を使えるようになってきたかな?

週の後半では脚本を読んで録音し、オーディオドラマを作る授業をしました。

マイクを立てて、入れ替わり立ち代わり台詞を録音しています。 さすが、舞台の学生。のりのりです。

マイクを立てて、入れ替わり立ち代わり台詞を録音しています。
さすが、舞台の学生。のりのりです。

パソコンの画面です。 直接録音してます。

パソコンの画面です。
直接録音してます。

 

夏期集中授業は第九弾まで続きます。

つづきます。

 

 

 

関連記事

<337338339340341>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。