アートプロデュース学科

日常風景

  • LINEで送る

2013年8月28日  日常風景

美術館調査 ~アンケート集計中

 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ今ASP学科研究室には、「美術館調査」の授業で夏休み前に美術館やアートセンターなどに送ったアンケートが続々と返信されてきています。アンケートへのご協力、深く感謝申し上げます。いただいた回答は、後期の授業中にとりまとめ、『わたしたちがみた当世美術館事情』の第8巻として2014年2月頃に発行の予定です。

 

1 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご協力いただいたたくさんの美術館文化施設、アートプロジェクト、文化政策について、アンケートやインターネットを駆使して徹底的に調べていきます。そこから得られたデータを分析し、読み解いていくと、日本におけるアートの現状が浮かび上がってきます。

 

 今年で8年目となる「美術館調査」。

アートプロデュース学科の学生たちにとって、美術館は学びの場であり、活動の場であり、そして将来の仕事場となるかもしれない大切な場所です。その美術館の活動と現状をよりよく知り、問題点や存在意義について考える機会となることを目指して、今年も有意義なものになるよう学生達はがんばっています。

 

1

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◎研究室運営のホームページはこちら

 

関連記事

<381382383384385>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。