美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2013年8月28日  イベント

【立体造形】展覧会情報

立体造形コース4年生の村松 英俊くんが

金沢彫刻祭2013 SCULPTURE FESTIVAL IN KANAZAWA 2013に出品します。

 

全国の美術大学から彫刻を志す学生が参加する展覧会。

村松くんは石彫作品を出品します。

どんな出会いがあるのか、今から楽しみですね。

 

近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください!

 

 

img_00397_a

 

 

金沢彫刻祭2013 SCULPTURE FESTIVAL IN KANAZAWA 2013

 

開催日:2013/08/31~2013/09/11

 

<テーマ>
共に楽しむ 金沢現代彫刻展として長い歴史を持っている本展覧会は、この度「金沢彫刻祭」と名称を改めることにしました。
これはただ作品を鑑賞するだけに留まらず、鑑賞者参加型作品やワークショップを開催し、祭りの神輿や阿波踊りのように来場者と共に楽しみを共有するということから決定しました。 金沢美大彫刻専攻の学生が主体となって、金沢の街を舞台に彫刻の祭りをしようという賑やかなイメージです。
私たちは普段、大学で「彫刻」を学んでいます。 彫刻という言葉は拡張され「環境彫刻」や「社会彫刻」といった言葉もあり、彫刻は社会に対して開いていく傾向にあります。
彫刻を専攻する学生は現在どのように社会と意思を共有し、社会と共に成長することができるのか?
本展はその模索でもあります。
市から開かれたさまざまな展示スペースに対して各学生が考え新たな提案として作品をつくり、展示します。
開催期間:平成25年8月31日(土)~9月11日(水)
開催場所:金沢市庁舎(金沢市広坂1丁目1‐1)、アートベース石引(金沢市石引2丁目9-2)、石川四高記念文化交流館(金沢市広坂2丁目2-5)、金沢市民芸術村(金沢市大和町1丁目1)、金沢学生のまち市民交流館(金沢市片町2丁目5-17)、金沢美術工芸大学アートギャラリー(金沢市片町2丁目2-5ラブロ片町3F)
開館時間:10:00~17:00
※石川四高記念文化交流館は~16:30
※金沢市民芸術村は最終日のみ~16:00
※学生交流館は月曜休館
※金沢美術工芸大学アートギャラリーはラブロ片町の営業日に準ずる
入場料:無料
主催:金沢美術工芸大学彫刻専攻
企画運営;金沢彫刻祭実行委員会
後援:石川県、石川県教育委員会、金沢市、金沢市教育委員会
【関連リンク】
金沢彫刻祭2013 Facebook  https://www.facebook.com/tyoukokusai2013

関連記事

<564565566567568>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。