映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年9月26日  授業風景

後期授業開始。「映画演技II」柄本明先生 授業開講

いよいよ本日から後期授業スタートです。

 

2・3回生俳優コース対象授業「映画演技II」は、俳優の柄本明先生や田口トモロヲ先生にご担当頂いている授業です。

本日は柄本明先生にご来校いただき、授業を行なって頂きました。

 

【映画】柄本先生授業1 【映画】柄本先生授業2

 

 

まず始めに、学生を5〜6人のチームに分け、チーム内で話しあって1つ芝居をつくらせます。

テーマはなし。設定はすべて学生たち自らで考えてつくります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、他チームの前で芝居を披露。

先生の合図があるまで学生たちは芝居を続けていきます。

 

学生たちには「テレビやドラマなどから得た模範的な演技ではなく、自分の演技を開発すること」を意識させ、芝居中も常に「考える」ことを指導されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【映画】柄本先生授業3

 

 

先生の言葉を理解しようと思うあまり、難しい顔つきになっている学生もいましたが、

授業が進むにつれて、だんだんと「考える」顔つきに変わっていっていました。

 

この授業で感じたことを、学生たちがどのように受け止め成長していくのか。楽しみです。

【映画】柄本先生授業4

 

 

関連記事

<766767768769770>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。