こども芸術学科

「こどもと生活」鍋島恵美先生特別授業

暑くなってきましたね!

こんにちは、こ学のこがです。

5月18日、3回生授業「こどもと生活」では、認可保育園こども芸術大学初代園長、鍋島恵美先生をお招きし特別講義が行われました。

 

昨年の講義、瓜生山の自然に囲まれた保育の紹介に引き続き、今回は2020-2021に5歳児が保育者の提案から田植えに挑戦し、そこからうまれた「田んぼ物語」をお話しいただきました。

 

「こどもの生活と言葉」に関心が深い鍋島先生は、子どもの表現のおもしろさ(子ども理解)とそこに寄り添う保育者の姿に注目され、「田んぼ」体験のエピソードを3回生と一緒に読み解かれました。

 

「“田んぼ”は、瓜生山の自然にはない作られたものですが、そこに息づく生き物との遭遇を、子どもと保育者がどう受け止めていったかを見て感じて欲しい」というアプローチで、たくさんの写真や子どもの言葉を紹介されました。

3回生は個々に子ども時代の体験を思いおこしながら、子どもの言語感覚や語彙の豊かさ、気づきの交流(対話)の深さを味わうことができました。

 

鍋島先生、貴重な授業をどうもありがとうございました。

 

認可保育園では、今年も手作りの田んぼで田植えからお米を育てるプロジェクトが始まります。収穫までのプロセスが楽しみですね!

 

~~お知らせ~~

☆こども芸術クラブ開催

次回は6/19(日)お申込みはここから

 

☆体験授業型オープンキャンパス開催

詳しくはこちら

<1314151617>