こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2013年10月12日  イベント

秋晴れ!こ芸運動会、しょうぶ展最終日!|

秋晴れのいいお天気です!

今日は大学近くの公園をお借りして、こども芸術大学(こ芸)の運動会です。

子ども達の嬉しそうな声が、立派な木々に囲まれてこだましています。

写真

 

こども芸術学科(こ学)の学生は、前期の授業でこども芸術大学と関わってきました。

今回は授業ではありませんが、こども芸術学科から学生が5名、お手伝いしています。

 

写真-6

 

「みんなでかけっこ」や「親子リレー」など、いろんな催しのバックで流れる音楽は、

お母さんのピアニカや、こども芸大の卒業生で小学校に通う子ども達がリコーダーを吹いてくれます。

生演奏です!この素朴な音がいいのです。

 

写真-5

写真-7

 

子ども達のかけっこの後、こども芸術学科の学生さん達にも集合がかかりました。

学生同士のかけっこ、みんな全力で走っていました(笑)。頼もしいです。

 

写真-4

 

こども芸大の運動会、和気あいあいとしていて、何だかほっとしました。

 

そして、今日はしょうぶ学園展「細胞の記憶 表現のかたち」の最終日です。

本学ギャルリ・オーブにて、17:00までですので、まだご覧になっていない方はぜひお見逃しなく!

 

IMG_6337

 

(森本玄:教員/絵画)

 

 

 

関連記事

<303304305306307>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。