こども芸術大学

ニュース

  • LINEで送る

2013年10月21日  ニュース

創作の時間「森の細胞をみつけよう!」第一回目

今日は、美術工芸学科教授の高木光司先生に来ていただき、創作の時間「森の細胞をみつけよう」をしました!ひとつの素材を広い空間で、皆で遊び、感じ、工夫し、楽しむ!

それが、今回の創作の時間です!

まずは、新聞を使って、ちぎる楽しみを。

長くちぎれるかな?

みんなでちぎった新聞を、左右につるしました。

自然と作り出される、不思議な空間です。全身、”全心”をつかって新聞の世界を堪能。

最後は、走って体当たりして、新聞の線を壊しました!

お次は・・・

メインの素材、ビニール袋です!

一ヶ月くらい前から、お母さん達に頼んで、持ってきてもらって溜めておいた大量のビニール袋を使って、めいいっぱい遊びます!

おかあさんと協力してちぎったり。

自分の体で工夫して形をつくったり。

引き伸ばして、素材の伸びを体験したり。

そして、またみんなで、楽しい空間をつくってゆきました。本当に、自然と、無心になって楽しみました!

きもちい~!

お風呂みたーい!

そして、みんなでつるした後は、下から寝転んで鑑賞タイム~。

もっと、この鑑賞タイムをじっくり楽しめたらとも、思いました。時間がたつのは本当に早いです。

そして、この空間がどうなったかと言うと・・・。

ぐっしゃーーーー!!

泡風呂だー!!

形の無いもの、形のあるもの、それ以上に、皆の心の中の、楽しんだ気持ちのかたちが、空間一杯に溢れていました。

また、来週・・・・!!

関連記事

<198199200201202>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。