こども芸術大学

ニュース

  • LINEで送る

2013年10月30日  ニュース

お空に絵を描こう

青い空にぽっかり浮かんだ雲。

こんな気持ちの良い日は、外でわくわくすることをしたいですよね。

今日はみんなで能舞台で絵を描きました。

それも、いつもの画用紙とは違い、透明の長~いビニールに描きました。

 

子どもたちは自分の描きたいものをどんどん描いていきます。

機関車や長い線路、ちょうちょにドラえもん。

 

ぐにょぐにょー

くるくるー

線を自由に走らすだけでもおもしろい。

こども芸術学科の学生さんも一緒に絵を描きました。

ビニール越しに、お姉さんの顔にネコちゃんのヒゲを描く男の子。

はじめは立てて描いていたのですが、途中から寝転がって描きました。

絵の向こうに雲や太陽が見え、まるで空に描いているみたいです。

子どもたちはどんなことを想いながら描いていたのでしょうね。

思う存分描いたところで、さあ、みんなで絵を鑑賞してみよう!

ふわっと風に揺れるビニールが空に掲げられ、絵が空や街、山々と一体になった瞬間でした。

 

そしてその後はお弁当を能舞台で食べました。

こんな秋晴れの気持ちの良い日には、お日様をいっぱい浴びて外で過ごすのが楽しいですね。

(村井)

**************************************

☆お知らせ☆

来月に行うセミナーの情報です。

みなさん、是非お越し下さい!

関連記事

<196197198199200>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。