こども芸術大学

ニュース

  • LINEで送る

2013年11月26日  ニュース

秋の色で遊ぼう!

今日は、お天気もいいし、紅葉もきれい!

せっかくなので、もっともっと秋の色を楽しもう!

とのことで、Andy Goldworthyのアートスタイルを使って、葉っぱで秋の色を楽しみました!

拾っていったら、ふくろの中がグラデーションになったよ!

木の枝や葉の茎をつかって、葉っぱを繋げたり、紅葉の落ち葉でベッドをつくったり!

別の箇所の人たちの遊びから、ひとつに繋がっていった、面白い展開も見えました!

    

 はっぱで、帽子作った!

 葉の色でグラデーション!

  

 今日のお茶会は、そんなみんなの秋の色遊びを床の間へ。

 

そのときだけ、そしてその一瞬、その季節、で楽しみ体験していくことで、初めて「一年」を生活して育っていく積み重ねになるのだと、実感しました。これからも、この少しずつ違う葉の色のように、一つ一つの色の違いや楽しみに敏感になって、みんなで一緒に味わっていきたいと思いました。

(大貫)

関連記事

<194195196197198>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。