映画学科

13期生たちの卒業式

去る317日、「2022年度京都芸術大学学位授与式・卒業式」が行われ、映画学科13期生たちが卒業していきました!!

 

 

直心館講堂での他学科との卒業式が行われた後に、映画学科13期生たちは映像ホールに集まり、卒業証書授与式が行われました。

 

 

一人一人に先生たちから卒業証書を授与され、学科主席表彰と卒業制作各賞の授与が行われました。その後、各先生からお祝いの言葉が述べられました。

 

 

ふりかえれば、13期生は、2000年生れの学生を中心にミレニアム世代ということで、独自に「ミレニアムフィルム」、「ミレニアムシネマ」という学内自主上映イベントを開催したり、13期からの発信を活発に行ってきました。2020年に2年次を迎え、コロナ禍にあって映画製作に制限が加わる中でも、集まりとしても、個々の魅力的な学生たちとしても、先輩・後輩の学生にも刺激的な13期生達でした。映画学科で培った事をどうぞ未来に役立てて、世の中をサバイブしていってください。皆さんの今後の時間の中で、皆さんの願う糧に恵まれる事を心から祈っています!

 

 

映画学科13期生たちをこれまで見守ってくださった皆様に感謝いたします。

社会に旅立っていく13期生のこれからの活躍にご期待ください。

 

 

13期生の皆さん、ご卒業おめでとうございました。またどこかでお会いしましょう!

 

 

<128129130131132>