こども芸術学科

卒業生紹介リレー

卒業生リレー第4回!今回紹介するのは11期生の石田貴大くんです。

現在は保育士で働く傍ら積極的に制作も続けています。

 

「近況について教えてください(お仕事のことや現在活動していること、頑張っていることなど)」

保育園で0歳児の担任をしています。 元気のある時や休日は、大学時代から趣味で描き始めたイラストを少しずつ続けています。

「こども芸術学科で学んでよかったことや卒業してから感じることはありますか。」

同じ学科のクラスメイトの作品を見たり、話をしていく中で、その時の自分にはなかった新しい価値観や技術、感性を学ぶことができ、それを自分の作品に活かすことができました。 また、保育士として働く中で、授業で習った子どもの特性やシチュエーションに出会うことが多く、授業で得る知識や情報の大切さを実感しています(だからこそ一つ一つの科目をもっと真面目に受ければよかったと、働いてる今思い反省しています、、)

 

「後輩たちにメッセージをお願いします。」

個人制作をしている人は、体力的時間のある大学生のうちにめちゃくちゃ作りまくった方がいいと思います。大学生の今だからこそ出てくるアイデアや気づきとかがあると思うので。それは社会人になったり歳をとっていくなかでもう出てこない、4年間の学生時代でしか作れない作品、その時だけの感性なんだと思います。 あと、楽しい思い出たくさん作ってください。

 

石田くん、ありがとうございました。業界でも少ない男性保育士として頑張ってくれています。次回の卒業生紹介もお楽しみに!

 

~~~お知らせ~~~

こども芸術クラブ開催決定!

11/18(土)高校生を対としたこども芸術クラブ、こども芸術学科×保育園「瓜生山の秋を感じって、こどもの心で遊んでみよう!」を開催します。詳細や申し込みはこちらです!

 

高校1・2年生対象はじめてのOpencampus開催、詳しくはこちら

 

卒業生の皆さん、10/28(土)ホームカミングデー「こがくのどうそうかい」を行います。久しぶりの対面での実施です。

詳細はこちら!

<1112131415>