こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2013年12月9日  イベント

冬のクリスマスお楽しみ会

気持ちいい晴れ間が広がった先週の土曜日、今年もこども芸術大学のフロアで、地域の子ども達に恒例「冬のクリスマスお楽しみ会」が行われました。

http://www.piccoli.jp/event/xmas13/

だしものは、じゃーん、
劇:「おたのしみステージ」 (こども芸術学科学生有志)
歌:「うたぶがこども芸大にやってきた!」(<うたぶ>のみなさんとこども芸術大学お母さん有志)
工作会ワークショップ:「かみであそぼう」(ピッコリースタッフ)

と、こんな感じで盛りだくさんです。

こども芸術学科では、毎年有志学生が集って、地域の子ども達に出し物をしています。今年はキリストの誕生をテーマにした「おたのしみステージ」と、本学児童図書館ピッコリースタッフの大橋さんが進行をつとめる工作会のサポートを行いました。

劇の前、カメラを見つけるとすぐポーズ、強者達です。

劇の前なのに、カメラを見つけるとすぐポーズ、さすがこ学の強者達です。

こども芸術大学の子ども達とお母さん、そして、地域の親子がたくさん集まってくれて満員御礼です。 ワイワイがやがや、子ども達も何が始まるかとちょっと興奮気味のなか、スタート。

 

IMG_0463

 

こ芸のお母さん二人によるピアノとフルートの合奏で幕が開きました。こ芸には多芸多彩なお母さんがいらっしゃいます。演奏もステキでした。

 

IMG_0465

そして、お次はこ学学生による劇。こども芸術学科の2年次、関根俊介君と赤木彩さんの司会です。二人の掛け合いもなかなかのものです。手遊びで子ども達の興味をうまく「おたのしみステージ」に引きつける関根君と赤木さん。さすがこども芸術学科の学生です!

手遊びの導入が見事だったので、後で聞くと、乳児保育の大橋喜美子先生からつい先日教わった、直伝の技だそうです。しっかり実践に活かしています!

 

IMG_0469

そして、幕が開きました!

しばし、画像でお楽しみ下さい。

IMG_0470IMG_0475IMG_0492IMG_0499IMG_0500IMG_0501IMG_0505IMG_0510IMG_0511IMG_0533

写真 1

舞台袖のナレーションも大切な役です。

劇が終わってから関根君に今回のことを聞いてみました。
学生達がこのイベントの準備を始めたのは11月下旬になってから。なんと1ヶ月もない中での本番でした。1年次生と2年次生がコアメンバーですが、時間が合わずなかなか集まれなかったとのこと。でも、何とか時間を作ってみんなでクリスマス関係の絵本を持ち寄り内容を相談するところから始めました。

 

出来るだけ予算をかけずに運営するため、衣装は出来るだけ各自で持ち寄りました。ヒツジのかぶり物は1年次生が手づくりしたそうです。小道具では、飼い葉桶や大きな星、東方三博士がマリア様に渡す宝箱を作りました。
劇に初めて挑んだ学生さんもいて、なかなか息が合わなかったけど、練習を重ねて最後は上手くまとまったとのこと。
関根君は、夏休みの地蔵盆のイベントとこのクリスマスお楽しみ会に1年次生のときから参加しています。今回は通算なんと4回目だそうです。もうベテランですね(笑)。

 

劇の後は京都造形芸術大学のサークル〈うたぶ〉の皆さんがステキなコーラスを聴かせてくれました。

IMG_0548IMG_0550

 

そして、途中で会場がざわめくので、何かと思ったらサンタさんも登場!

 

IMG_0575IMG_0577IMG_0584

サンタさんも絶好調(笑)!

こ学の3年次、岡崎実果さんも指揮をこなすなど大活躍でした。

IMG_0622

 

そして、工作会ではピッコリーのスタッフ、大橋さんが画用紙で作るクリスマスツリーを子ども達に向けて説明してくれました。子ども達は、それぞれのアイデアを加えながら頑張って作っていました。こ学の演劇メンバーが、衣装もそのままに子ども達のサポートに当たります。

IMG_0690

IMG_0692IMG_0701IMG_0702IMG_0704IMG_0711IMG_0732IMG_0733IMG_0738IMG_0743IMG_0760IMG_0754

こ学の学生達の、普段の授業中とはまた違った表情。一生懸命工作したり、見て見て!と完成作を持ってくる子ども達に接するなかで、自然と浮かぶ優しい笑顔が、とてもステキに見えた一日でした。

 

学生有志の皆さん、お疲れさまでした!

 

(森本玄:教員/絵画)

関連記事

<299300301302303>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。