こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2013年12月13日  イベント

エイブル・アート近畿2013 ひと・アート・まち京都

 

 

 エイブル・アート近畿2013 ひと・アート・まち(12月7日~15日)のイベントのひとつ、

「ココカラート・京都」がゼスト御池で行われました。

(12月14日もまだあります!!)

京都のアート活動も展開されている障がい者施設のみなさまといっしょに、

こども芸術学科Aゼミの学生がワークショップに参加しています。

 

こども芸術学科では、幼児教育、保育から障がいのある方々の支援まで、学びと実践を

重ねています。

 

 

 

IMG_0667

 

Exif_JPEG_PICTURE

 こ学Aゼミのワークショップ。

 

IMG_0643

 こちらは、クラウン・ブルさん

 実は・・・こども芸術学科の学生 末次さん!

 

 

IMG_0639

 ピースマン参上! ボサボサとの対決!

 

 

IMG_0648

 発達障がいなど、さまざまな理由により散髪に抵抗

のある子どもたちへの理解と信頼関係をつけたうえで散髪を行う

ことの大切さ訴える赤松さん(ピースオブヘアー)。 

 

 

IMG_0661

 NPO法人わくわくさん+めくるめく紙芝居実行委員会のみなさんの

ワンダーランド!

 

 

IMG_0671

 ゼストの空間が変わる!!

 

IMG_0666

 各団体のアートワークショップ。

 

IMG_0664

 となりの通りでは、非常勤講師の鈴木 潤先生(左)が!!

 

(浦田雅夫:教員/子ども家庭福祉・学校臨床)

関連記事

<307308309310311>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。