映画学科

映画学科春のオープンキャンパス ラッパー・DIAがワークショップに現る!

2024年4月28日、映画学科のオープンキャンパスに、ラッパー・DIAが登場し「オーキャンによく来たな」ラップを披露。

OCに訪れてくれた高校生たちをラップでもてなすにとどまらず、オーキャンの「ラップ体験ワークショップ」を総指揮。

製作コース志望の学生は、録音・撮影・照明、スイッチング(カットのチェンジ)を体験、俳優コース志望の学生は、リズムに乗って自身の思い(リリック)をラップで表現する楽しさを体験した。

 

ラッパー・DIAとは、映画監督・立花遼としての顔も併せ持つ、多彩な学生。

彼が監督した映画「鳥籠」は、2023PFFアワードにおいて審査員特別賞を受賞するほか、今後公開される作品にも注目されている。

2024年4月のオープンキャンパス・「ラップ体験ワークショップ」は、彼の登場によって過去にない大盛況となった。

 

 

<45678>